片思いの成就方法と成就エピソード


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

「片思いを成就させたい!」

恋愛において、男女関係なく片思いをすることはありますよね。

 

その片思いを成就させるにはどうしたらいいのでしょうか。

片思いを成就させたいならその方法を試してみてください。

もしかしたら、上手くいくかもしれませんよ!

 

また、実際にあった片思いが成就した片思いエピソードをご紹介します。

片思いをしている方はチェックしてくださいね!

スポンサードリンク

片思いの成就の方法

あなたが思う、相手の「魅力」って存在すると思います。

その魅力があって片思いが始まることがよくあります。

例えば、笑顔だったり、仕草だったり…。

 

それは、他の誰が見ても、その人の魅力かもしれないし、あなただけが感じる魅力かもしれません。

そんな、あなたが感じる魅力は、相手にしっかり伝えてあげることです。

その時大切なことは、魅力的だと感じる部分をしっかり見ながら、相手に伝える。

 

笑顔が相手の魅力の一つだと思うなら、相手が笑顔で話している時です。

ちょっとした会話が途切れた時や、話が一段落した時、笑顔を見ながら。

「あなたの笑顔って好きかも」と相手の笑顔を見ながら伝えましょう!

 

もし、この言葉を伝えることが恥ずかしいのなら「あなたの笑顔って、結構好きかも」。

と伝えても大丈夫です。

相手の指先が好きだったら手を持って「あなたの手って、キレイで好きだなぁ」と。

 

手を見て相手に伝えるのです。

相手の魅力を見たときその場で伝えることは、相手自身の魅力を一つ増やすことになります。

相手は、その魅力を教えてくれたあなたに好感を持つことでしょう!

スポンサードリンク

自分の魅力を教えてくれる人に、人は好かれるものです。

また、魅力を教えてくれることっていうのは。

あなたが相手もしっかり見ているというメッセージを伝えることができるのです。

 

そうすることで、あなたが相手に好意があるということを本人に気づかせることもできるのです。

好き!はスキを見ていうことです。

その言葉がきっかけで、相手からの態度が変わったりもします。

 

この方法はとても有効的で片思いを成就するにはとっておきの方法だといえます。

片思いを成就させてたい方は是非、使ってみてくださいね!

 

関連記事

→片思いの恋に迷惑にならないlineの頻度は?

→片思いの告白の仕方

 

片思いの成就エピソード

これは実際にあった片思いの男性がその片思いを成就できたエピソードです。

彼がこんなことを言っていました。

 

「本当の片思いができたとき、自分でもわからないくらいの行動ができる。」

名言みたいなこと言ってくれました。

では、その片思いが成就できた話をご覧ください!

 

彼は社会人で今の彼女と出会ったのは、電車の中だそうです。

ある駅に止まって、その電車に入ってきた彼女が自分の前に座ったそうです。

彼は、彼女の可愛さに一目惚れをしたのです。

 

彼女が前に座っている間、彼は全くといって前を見ることができなかったそうです。

その日は彼女に何も話すことできず、目も合わすこともできなかったそうです。

帰ってから、彼女のことが気になって仕方がなかった。

 

彼は、仕事をしている時でも彼女のことを考えていたそうです。

しかし、その日から全く彼女と会うことができませんでした。

そこで彼は、休みの日や仕事で電車を使うとき、彼女と会った時間に合わせて乗っていたそうです。

 

たとえ仕事が遅刻をしてもおかまいないでですよ。

その努力が報われたのか、ある日彼女が電車に乗って来たのです!

 

「これは、運命だ!

ここで勝負しないとダメだ。」

と思った彼は彼女に近づき、話かけました。

 

彼「あの…すいません。

今から仕事ですか?」

 

彼女「はい…。

そうですけど、なにか。」

 

彼「あの…。

いきなりで申し訳ないんですが、連絡先を交換してもらえませんか?

初めて会ったのに失礼だとは思っているんですけど。

 

友達になりたいんです。

意味わからないかもしれないけど…。

もし、教えるのが難しいなら。

 

これ!(白い紙)

僕の電話番号です。

もし、時間があったらでいいので、電話ください、お願いします!」

 

彼女「あ…わかりました。」

とこの日はそれで終わりました。

しかし、その後2ヶ月ほど彼女と会うこともなければ、電話もありませんでした。

 

ある日の夜、知らない電話番号から電話がきました。

彼「もしもし?

すいませんがどなたですか?」

 

謎の人「あの…。

電車の中で、あなたの電話番号をもらった人ですけど。

覚えていますか?」

 

そう。

その電話の相手は彼女だったのです。

彼は嬉しさのあまりに。

 

「本当にあなたですか!?

信じられない。」

と言ってから涙を流したそうです。

 

その電話で彼女とデートの約束をした彼。

その初デートの日に告白をしたそうです。

どんな告白をしたかというと。

 

場所は夜景が見える場所。

そして、彼が言った告白の言葉が…。

 

「好きです!

初めて電車で見たときからずっと好きでした。

〇〇〇さんのことを忘れたことなんてなかったです。

 

次はいつ会えるのかなって。

電車に乗るのがとても楽しみでした。

やっと〇〇〇さん会えたとき、これは運命だと思った。

 

付きえたら絶対僕と付き合ったことを後悔させないし。

絶対に幸せにします。

僕の織姫になってください!!」

 

この日は七夕だったそうです。

その後にこんなことを彼が言ったそうです。

 

「本当の織姫と彦星は1年に一回だけど。

僕は〇〇〇さんが会いたいときには必ず僕から会いに行きます!」

そして、彼女は。

 

笑いながら。

「はい(笑)

お願いします。」

 

と2人は付き合ったそうです。

このエピソードでわかるのは、片思いでの努力してよかったということです。

その後の2人は…。

 

2014年の7月7日に結婚するそうです。

片思いをしている方。

諦めないで、精一杯相手のために行動するといいかもしれないですよ♪

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る