男にモテる男の特徴


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

モテる男性というのは、世界にたくさんいます。

そんなモテる男に関して。

 

今回は男にモテる男とはどういう人なのか?

そこについてご紹介していこうと思います。

この内容を見てあなたはこう思うでしょう。

 

そういう男性なのか、だからあの人はモテるんだな。

きっとこんな事を思うはずです。

あなたが男にモテる男なのかこの1ページで確かめてみてください。

スポンサードリンク

男にモテる男の条件とは?

なぜだか分からないけど男性からモテる。

こんな男性というのは、実際にモテる男として見られがちです。

そんな男にモテる男とはどんな人なのか?

まずは男に好かれやすい男の特徴を以下にあげてみましょう。

 

・男友達が多い人

・友達の中でもリーダー的存在の人

・フレンドリーでよく遊びに誘う側の人

・遊びのたまり場が自分の家の人

・たくさんの遊ぶ場所でのネタを持っている人

・笑顔が可愛いとよく言われる人

・筋肉質で顔がゴツゴツな人

・ノリが良く一緒にいて楽しい

・とても優しいくて紳士的な人

・趣味が多彩でどんなイベントでも行ける人

・友達が悩んでいる時に積極的に連絡でできる人

・どんな話題でもいいので、ちょくちょく連絡を入れる人

・基本的に空気の読める人

・美人や可愛い女友達が多い人

スポンサードリンク

男にモテる男性から、アンケートを取った結果です。

自分が他人とは違う何かを持っているのであれば、教えてください。

このアンケートに対して、上記の結果が出ました。

 

男にモテる男とは、人に好かれる人。

すなわち、年代を問わずとも人から好かれる人と言えるでしょう。

 

また、モテる男とは仕事場でもモテるのです。

そんなモテる男の2つの条件を今からご紹介しましょう。

 

関連記事

→会えない時間の男性心理とは?

→女性の好きアピールとlineでの好意を見破る方法

 

後輩に好かれる男の言動

職場などで、頑張ったね、ありがとう、という言葉をよく使う男性は、後輩から慕われている人が多いようです。

なぜなら人は、自分のことを褒めてくれる人を好きになる傾向があるからです。

特にこの二つの言葉には、評価と感謝の気持ちが込められています。

 

上の立場になると他の欠点ばかりに目がいってしまい、ほめることを忘れてしまいがちです。

後輩のことをいつも気にかけている先輩は、その人のよさを的確に褒めることができるのです。

特に男性は感情を言葉にするのが得意でないので、積極的に言葉にできるようにすれば良い先輩になれるでしょう。

 

また先輩から褒め続けられると、後輩の能力が上がることもあります。

期待にこたえようとする相乗効果から、褒められることで後輩は自分が頑張り、認められたことを確信し、自分は期待されていると思うようになります。

すると今度はその期待にこたえようと行動するようになります。

 

これをピグマリオン効果といいます。

この効果は、期待を込めて後輩に接する男性は相手の能力を向上させる可能性が高いということです。

 

上司に好かれる男の言動

上司に好かれたいからといって、ヨイショやゴマすりお世辞を言うのは、なんだかんだバレるという人も多いのではないでしょうか?

しかし心理学において、これらの言動は、迎合行動の一つと考えられており、社会的なコミュニケーション手段であるといいます。

この迎合行動とは、ある特定の他人からの好意を得るためにとる行動のことで、とり入りとも呼ばれます。

 

仕事を円滑に進め、高い評価を得るためには、上司に好かれるような迎合行動も実力の内といえるでしょう。

これらは支配欲求の強い上司ほど評価の差は大きく現れる可能性があります。

 

上司からの信頼を得る行動とは?

上司に とって魅力的な部下の行動とは一体どのような行動でしょうか?

まず積極的に仕事と向き合う部下はありがたい存在でしょう。

自分の右腕となって働いてくれる部下を上司は頼もしく思うと同時に、可愛がろうという気持ちが起こります。

 

上司の指示に快くしたがっているかも重要です。

本来人は、自分の思い通りに行動したがるものですから、上司から指示されることを心地よいと思わない人もいるでしょう。

指示に従ってはいるものの不快感な顔を出したり、返事の声にやる気がなかったというように、言葉以外の非言語コミニケーションにおいて、険悪感が出てしまっているのを上司は嫌がります。

 

これを避けるには笑顔で受け答えをすることです。

男性は笑顔を作ることが苦手な人も多いようですが、自然な笑顔が出来なければ、作り笑いでも上司が不快な気持ちなることはないでしょう。

 

また、プライドが高く自分の地位に執着する人にとってできる部下は、脅威の存在となることもあります。

時にはアピールをうまく使うことで、上司に優越感を与えプライドを傷付けないようにするのが効果的です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る