職場での嫌いな人との付き合い方


好きな仕事につけた人も、つけなかった人も。

いざ職場に行ってみると、なんだかこの人嫌い。

どこか分からないけど、気にくわない。

この人とは性格が合わない。

など、自分に合わない人と、今後も上手に付き合っていくのはとても大変なことです。

 

今回は、そんな職場の人間関係で頭を悩ませているあなたに。

職場での上手な嫌いな人との付き合い方。

ここに関してご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

どうしよう!?嫌いな人とはどう接していくべき?

職場の人間関係というのはとても大事なことです。

今後も長い時間を共に過ごし、辛い時も楽しい時も、共に過ごす時間が長い仲間なのです。

まず初めに、嫌いな人も上手に関わっていかなければならない理由。

ここに関して少しお話させてもらいましょう。

 

職場で嫌いな人がいるからといって、その人を完全無視したとしましょう。

もちろん、相手側は気づくわけです。

上司に相談したり、なんらかの対策をとってくるでしょう。

この対策が問題になりやすいのです。

 

職場の上司に相談され、あなたが問題児扱いされる。

あなたの方が、部署を移動させられる。

周りから冷たい目で見られるようになったなど。

 

嫌いな人を無視して、自分が痛い目にあった人は山ほどいます。

長くお世話になる職場だからこそ、慎重にならなければいけません。

嫌いだからという理由だけで、変な行動を起こすのは、リスクが高いということを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

職場の嫌いな人とは、こうして上手くやっていけ!

嫌いだからといって、あからさまに無視するのは危険ということは分かりましたね?

では次に、職場で嫌いな人と、どうすれば上手くやっていけるのでしょうか?

実際に、街なか105人のサラリーマンに対して、「職場で嫌いな人には、どんな対応をしますか?」という質問をしてみました。

その結果を参考に考えてみることにしましょう。

 

1位 自分から話しかけることはないが、他の人と変わらない対応をするように心掛けている

2位 自分なりの境界線を作って、それ以上は入り込まないようにしている

3位 あまり会話する機会や、目が合う機会を減らすようにしている

4位 挨拶などはしっかりとするが、困った時にあえて知らんぷりをしている

5位 喫煙所や食堂で近くに来た時は、なるべく早く逃げるようにする

 

上記のような結果となりました。

やはり皆さん、上手にばれないように工夫していますね。

さて、この上位5位のランキングから、あなたはどう対応していくのがベストなのかを結論づけてみましょう。

 

まず第一に、嫌いな人と一緒になる空間を避ける事です。

無視をしなくても、会話する機会を減らすことで、それは自然と無視になりますよね。

 

次に、しっかりと自分の境界線を作っておくこと。

自分もそれ以上は踏み込まない。

相手もそれ以上は踏み込ませないことが大事です。

 

そして最後に大事なことは、挨拶や作り笑いなど。

嫌なやつと思われない程度の対応は必要です。

そういった態度を違う人が見ていた場合を想定してみてください。

エッ、こいつ!こんな嫌な一面があるんだな。

なんて思われてしまうと、変な噂がたちますよ。

 

職場で嫌いな人がいて辛いかもしれません。

しかし、それはあなただけが体験していることではないのです。

周りも皆さん上手に工夫されているでしょ?

だからこそ、あなたも上手に工夫する力をつける必要があるのです。

その力が、のちのち社会を上手に生きていく為の力にも繋がるのですから。

 

また、人間は不思議なものです。

嫌いな人がある日から突然と好きになる事があるのです。

次のページで、そんな嫌いな人を好きになる人間の心理をご紹介していきましょう。

→嫌いな人を好きになる心理

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • 通りすがり
    • 2015年 6月 20日

    こんにちは。
    私は完全に無視しますね。露骨に嫌います。
    相手にも嫌われているのにこちらから関わる理由はありませんから。
    同じ人の事が嫌いな人と話し合った結果、無視するのが最適解だと結論づけました。
    相手に対しては何の関心も払わないというのがミソです。
    敵対も協力もナシでいいのです。
    というか、皆さん、好かれる努力というよりも『嫌われない努力』を全くしていない。
    挨拶や敬語は徹底するのを強弁する割に、悪口を言わない、馴れ馴れしい態度や傲慢な態度を取らない、嫌味や皮肉や傷つく冗談を言わないなどの行動が取れていない。
    同僚や同級生や近所の人は単なる『他人』に過ぎません。
    『仲間』というのは現実には幻想です。少年漫画じゃないんだから少し冷静におなりなさいよ。
    自分の思い通りにしたいお局様や善人ぶりたい正義漢やさみしがり屋の体育会系が、綺麗事ばかり吐かすから揉めるんだよ!
    「単なる他人だろうが!馴れ馴れしくすんじゃねえ!黄色い猿が!」
    とブチ切れてやった事もありました。

    我々は全員ただの他人です。身内は自分と家族と恋人と親友しか存在しません。
    それをお忘れなく。

      • OniBaTo
      • 2016年 5月 18日

      相手にとっても、自分にとっても、相手に嫌いな気持ちを伝える事は大切ですよね。大賛成です。
      ただ、その信号がわからないやつほどしつこく、そしてめんどくさいのです。まさに耳の近くに飛んでいる蚊そのものです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る