職場で気になる女性にアプローチする方法と態度の確認


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

いつもいつも仕事ばっかり・・・

だけど最近実は、気になる女性が職場に出来ました。

 

仕事に出勤する楽しみができた反面…

気になる女性が職場の仲間ということもあり、アプローチ方法が分かりません。

そんな恋にお悩みのあなたに。

 

今回は職場で気になる女性に出来る上手いアプローチ法。

そして女性の態度での脈の確認法。

この2つをご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

ありがとうは頭を下げずに言おう

仕事で忙しい時に手伝ってもらうのって嬉しいですよね。

特にちょっといいなぁなんて思う女性に、手伝ってもらうと男性はとっても嬉しいのです。

こんな時に深々とお礼をして、感謝の意を表したくなったりするでしょう。

 

ですがそれではだめなんです。

女性ってそれだけだとただの礼儀正しい人としかいません。

そこで返って、壁を作っちゃう女性もいてます。

 

もちろんお礼を言わないで、手伝ってもらうのが当然なんて顔をする男性は、次がないのは当たり前。

こういうときは、彼女の目を見つめながらニコッと笑って言いましょう。

ありがとうを。

 

この視線と表情が2人の距離を縮めるのです。

それまで仕事関係としてしか考えていなかった彼女が、もしかしたら脈ありかも、なんて思ったりするのです。

女性って意外と単純な一面もあるんですね。

 

男性がいい表情を見せてくれると、ころっとその気になっちゃう女性もいるのです。

そして何より、男性の笑顔は女心を掴む必殺技のです。

スポンサードリンク

恋のホウレンソウ作戦

職場で常に目がいってしまう気になるあの女性。

そんな女性と仲良くなる方法はないのだろうか?

そんな時はあなたが幹事補佐に勝手に立候補しちゃいましょう。

 

ですが実行すると言っても、僕が手伝うよと名乗り出るのではなくて、黙って補佐になるのです。

もしも、幹事の人が大変そうだったら、あそこビール少ないよね。

僕頼んでおきますね。

 

このように幹事に報告してみてください。

もし、このようなことができるタイミングではない場合は、盛り上がっている席があれば、あそこの席ちょっと盛り上がってますね。

こう話を持ちかけましょう。

 

このように彼女に、報告、連絡、相談をする。

社会人になって習うと思いますが、仕事に必要なホウレンソウをここで活用するんです。

彼女は飲み会などで、幹事が主催した会を楽しく成功した会にしたいと思います。

 

そんな時に惜しまず協力してくれるあなたの存在は、とても心強く感じるでしょう。

きっと彼女は、手伝っているあなたを頼りがいがある男と思いますし、また手伝ってる姿が素敵に見えるでしょう。

そして彼女が手伝ってきた場合があれば笑顔でこういうましょう。

 

一生懸命頑張っているね。

ありがとう。

 

関連記事

→恋愛心理学女性編。脈あり女性のメールと態度

→好きな人が脈ありかを女心の目線でチャック!!行動の意味を知ろう♪

 

職場で気になる女性の態度で脈を確認

噂話というのはたとえ根拠が曖昧でも、何となく信憑性があるように聞こえることが多いものです。

A さんと B ちゃんがつき合っているとか、 C さんは B 君の事がどうやら好きらしい、という恋愛事情は、たいていは第三者からの噂話で広まるものです。

 

そしてそれは、時にとして本人以上の言葉以上に信頼され、事実として独り歩きをしていきます。

そして何より恋愛に関する、噂話は非常に信憑性が高く聞こえるのです。

根も葉もない噂を立てられたり、あれこれ噂されるのは面倒なこともあるでしょうが、片思いの段階ではこれを利用して良い効率を上げることも可能です。

 

例えば、自分の気持ちを、職場で仲のいい人に、噂として伝えてもらうのです。

あの子が君のことを好きみたいだよ、みたいな事をさりげなく伝えてもらうのです。

そこで相手の反応を見ることが出来ます。

 

また自分からは自慢になってしまいそうで言い出せない長所も、噂では信じられるということです。

自分から言うとナルシストなどに見られがちですが、他人から彼はよく気が利くし、とてもやさしい男性だよ。

そう伝えてもらえれば、それは非常に効果的に信憑性を持って相手の心に浸透するでしょう。

その噂を聞いた彼女の態度がもし、変わるようであれば、それはあなたの事を気にしているサインととれるのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る