運命の人の見分け方と特徴


あなただけの「運命の人」を見つけよう

「運命の人を探すのは、タネを見つけて自分で育てていくようなもの」です。

みなさんは、この言葉の意味がおわかりになるでしょうか。

いい男がいない?いい出会いがない?

 

もう、そんな声は聞き飽きました。

あなただってきっと「わたし、いつも同じこと言ってる」とお思いでしょう。

女性たちはつい「ある日突然、自分だけの運命の人があらわれる」という漠然とした期待を抱いてしまいがちです。

 

でも、よく考えてください。

もしも「運命の人」が目の前にあらわれたとして、あなたはどうやってその人を見分けるのでしょう?

それだけではありません。

スポンサードリンク

いざ彼が目の前にあらわれたとき、彼はあなたを「運命の人」として選んでくれるのでしょうか?

運命の人を見分けるには、あなたがしっかりとした「運命の人像」をイメージする必要があります。

そして、自分にふさわしいパートナーを思い描くには、まずはあなた自身がどんな女性になりたいのかをはっきりさせる必要があります。

 

自分がどんな人生を送りたいのか、女性としてどう輝いていきたいのか、すべてをはっきりさせましょう。

それをクリアしてこそ、あなたにとっての「運命の人」がわかってくるのです。

しかし、ここでひとつ問題が出てきます。

 

あなたが願うすべての条件を兼ね備えた「理想の人」は、なかなか見つかるものではありません。

誰もが少しだけ物足りなくて、あとすこしなのになぁ。

ロボットではないのですから、最初から完成品としてあらわれる男性なんでほとんどいないでしょう。

 

そう、あなたが見つけるのは「理想の人」ではなく、正確には「理想の人のタネ」なのです。

そして2人で恋心を育て、お互いに成長していきながら、真実の愛を手に入れる。

お互いが「運命の人」となっていくのです。

 

運命の恋は、待っていてもやってきません。

誰かが用意してくれるものでもありません。

あなた自身が、自分の手で育てていくものなのです。

 

きあ、本物の恋を手に入れましょう。

運命の人を見つけ、その人との愛を育てていきましょう!

スポンサードリンク

いい男がいないって本当?

あらゆる恋愛のはじまりには「出会い」があります。

たとえ片思いの恋であっても、やはり、そこには恋心を芽生えさせる「出会い」があるのです。

そこで、質問したいと思います。

 

あなたはいつも「いい男がいない」と思っていませんか?

そして「出会いがない」と嘆いていませんか?

ある日突然、理想の男性があらわれる。

 

初対面でも「この人、好き!」とピンとくる。

出会いという言葉を聞いたとき、女性たちの多くはこのような「運命的」なものを想像してしまいます。

そして自分にそのような機会がないことを嘆き、「いい男がいない」「出会いがない」と言いながら、味気ない毎日を過ごしていくのです。

 

しかし、出会いとは、そんなにわかりやすいものばかりではありません。

たとえば、次の週末にでも電車に乗って、街中にショッピングに出掛けてみてください。

そして電車や街角で、周囲を見回してみてください。

 

あなたの目が節穴でさえなければ、たくさんの素敵な男性が見つかるでしょう。

こんな人とデートしたらきっと楽しいだろうな、こんな人と海岸沿いをドライブしたら素敵だろうな。

そう思わせてくれる男性は、何人だっているはずです。

 

これは、あなたの勤めるオフィスでも同じことがいえるかもしれませんし、ご近所のコンビニエンスストアでもそうでしょう。

ここで考えていただきたいのは、素敵な男性がそれほどたくさんいるにもかかわらず、あなたが「出会いがない」と考えている点です。

いい男がいないのではありません。

 

あなたが、いい男を見つけようとしていないのです。

出会いがないのではなく、あなたが出会おうとしていないのです。

つまり、すべての原因は自分の外にあるのではなく、あなたの心の中にあります。

 

運命の出会いは、ドラマチックな世界の中だけで起こるのではありません。

そして、待っているだけでは訪れません。

小さな出会い、日常の何げない出会いを、あなた自身の手で大きなドラマへと育てていく。

それこそが恋愛の醍醐味であることを知っておきましょう。

 

関連記事

→男の結婚のメリットは税金意外にある?ない?

→恋愛の主導権は女性が有利?振る心理や理由が分かる!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る