重い彼女と別れたい。そんな悩みに上手なメールでの別れ方は?


ごきげんよう~お悩み解消大先生です♪

今の彼女が重すぎて自由が全くない。

こんな恋愛をしている男性はストレスが溜まっていませんか?

そして、ストレスを溜めた結果別れることを決意。

そんな男性に今回は上手に女性を傷つけないで別れる方法。

これを今回は伝授しましょう。

ハンサムな男性の諸君。

きっと彼女を傷つけないで上手に別れることが出来ますよ。

スポンサードリンク

彼女が重すぎてもう無理。

重すぎるということは、愛されていることということは間違いありません。

 

ですが、あなたが別れたいと思うのはもしかすると、重たいのが理由ではないのでは?

まずは別れを告げる前に、恋愛心理学であなたの心理を確かめてみてはいかがでしょうか?

 

バーで注文違いの飲みのもが出てきたら?

あなたは一人でバーにます。

ビールを注文したらカクテルが出てきました。

どうしますか?

 

A.黙って飲む

B.バーテンの顔を見る

C.ビールに変えてもらう

 

ビールはあなたが望む彼女を意味しています。

しかし注文と違うものが来ました。

これは彼女があなたの望みとは違うことをした象徴といえます。

 

A の人は彼女があなたの思い通りにならないときは、黙って耐えていくタイプです。

もう少し自己主張をしてみても良いのではありませんか?

 

Bの人は彼女が変な行動をとったとしたら、じっと見つめるタイプです。

その時の彼女の反応に合わせて、自分の対応も変えていくわけです。

臨機応変な頭の回転の良い人でしょう。

 

C の人は意思の強い人です。

そして彼女がふざけたり冗談を言うのは、あまり好きな方ではありません。

彼女にしてみたらあまりあなたが厳しいと、息が詰まってしまいます。

もっとリラックスして、ふざけるような事があってもいいでしょう。

スポンサードリンク

どうでしたか?

あなたが別れたいと思う理由は、望んでいた彼女とは違うかったから、ではなかったですか?

 

そして次に彼女はこんなタイプの女性では無いでしょうか?

もし、これが当てはまるとすると、別れるのは難しい女性かもしれませんよ!!

→わがままでめんどくさい彼女に疲れた。別れたいけど情が残る時は?

 

眉と目の間が狭い女性は別れるのが難しい!?

最近の女性は眉毛を切り落としてメイクしているだけに、少々わかりにくいですが、この都市伝説があるのをしていますか?

もともと眉毛は人間にしかありません。

 

犬や猫にも2、3本の眉毛はありますが、きれいにそろった眉毛は人間だけなのです。

人間は眉毛とともに進行していくとも言われています。

 

この眉毛が上部につき、目と離れていくにつれて、宗教心が強くなると言われているのです。

反対に眉毛が低い位置につき、目と接近するにつれて、物質を貴ぶようになります。

 

欧米では、あまり目と眉毛が接近していると、金銭的にうるさいと言われているのです。

それだけに、都市伝説的な話ですが、そういう女性は男性と別れるのには少し苦労するのかもしれません。

(あくまで都市伝説ですが..)

→彼女と喧嘩して冷めた.別れたいと思った時はメールや情を捨てて放置で冷静に

 

彼女と上手に別れるための方法

まず始めに言っておきます。

女性と上手に別れる方法とは、女性を傷つけずに別れる方法です。

 

その方法とは、自分の夢のために別れようということです。

学生の方なら、将来夢のために海外に留学する、とでも言うといいでしょう。

 

そんな嘘をついて女性は傷つかないのか?

なんて思ったでしょ?

 

ですが、女性の仕事が忙しいから別れようは、嘘というのは知っていますか?

女性は別れる前に、次の男性といい感じになってから別れるのをご存知ですか?

 

全員の女性がそうというわけではありませんが、間違いないことは仕事が忙しいはほぼ嘘です。

このことから分かること、それはこのようなことです。

 

男性は正直過ぎるのです。

これが分かり、証明される事は日常に潜んでいます。

 

男性は別れた女性の事をよく言うでしょ?

でも女性はよく別れた男性の悪口を言いませんか?

 

これは男性は素直であって、女性が素直でないところが出ています。

今の彼女を傷つけたくないのであれば、嘘をつくのも女性が使う優しさの1つなのです。

→彼女にふられたのに友達でいる男性は依存しがち?克服と新たな恋愛。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る