生活

500円玉の重さとレアな価値があるプレミアの存在とは?

日本硬貨の中で一番大きく、一番高価な500円玉。

貯金するにはうってつけで、毎日あえて1000円を崩して500円玉貯金をする人も少なくありません。

今回はそんな500円玉の重さと、プレミアがつくレアなものについてご紹介します。

スポンサードリンク

500円玉の重さ

500円玉には、2種類のものがあることをご存知ですか?

それは、旧硬貨と新硬貨です。

500円玉は2000年8月にデザインと材質が変更されました。

旧硬貨は銅75%、ニッケル25%の白銅製で重さは7.2g。

新硬貨は銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%のニッケル黄銅製で、重さは7gになりました。

デザインと材質が変更された理由は、偽造硬貨が自動販売機などで大量に使用されたためです。

このため、新硬貨には偽造防止のため、他の硬貨とくらべて高度な加工が施されています。

 

プレミアがつく500円

硬貨は、毎年発行される枚数が違います。

発行枚数が少ない年のものはプレミアとなり、額面以上の価値がつきます。

現在、プレミアがついているのは以下の年に発行されたものです。

・昭和62年
・昭和64年

昭和62年の500円玉は277万枚、昭和64年は1604万枚しか発行されていません。

それぞれの相場は、昭和62年が約1500円、昭和64年が約600円ほどとなっています。

また、未使用で美品のものであれば、相場価格は1.5倍程度に上がります。

500円玉の発行枚数は、少ない順に以下のようになります。
・昭和62年=………277万枚
・昭和64年=………1604万枚
・昭和61年=………4996万枚
・平成04年=………8813万枚
・昭和60年=………9715万枚
・平成08年=………9921万枚

昭和62年と64年以外の年号のものは、発行枚数が多く希少性がありません。

今後何年とっておいても、500円以上の価値が付くことはないでしょう。

スポンサードリンク

エラー硬貨

昭和62年と64年以外の500円玉でも、エラー硬貨であれば、プレミアがつくことがあります。

エラー硬貨とは製造工程でミスが発生したものの、検査をすり抜けて流通してしまった硬貨のことです。

一般に流通することは極めて珍しいため、非常に高価な価格がつけられています。

500円硬貨で発生する可能性があるエラーは以下のものです。

①角度ズレ

表の模様に対して裏面が正しい位置に刻印されていないものです。

ずれの角度が大きいほ価格があがります。

過去に発見されたものには、以下のような価格が付けられました。

・45度ズレ…10,000円
・90度ズレ…30,000円
・180度ズレ…60,000円

②ズレ打ち

模様がズレて刻印されているものです。

ズレ具合によっては、30万円以上の価値がつけられます。

③影打ち

一度プレスされた硬貨の上に別の硬貨が重なり、もう一度プレスされてしまったものです。

10万円以上の価値があるとされています。

近年はエラーの発生する確率が極端に低くなってきているので、年号が新しいほど価値が高くなる傾向にあります。

 

プレミアはつかない!?記念硬貨

オリンピックや天皇陛下の御在位など記念の年に発行される「記念硬貨」というものがあります。

これら記念硬貨は発行枚数が多いので、買取相場は基本的にあまり高くありません。

コインショップでも、額面以上の価格で買い取ってくれることはほぼないでしょう。

最近では、旧500円玉を見かけることも少なくなってきています。

 

500円玉のプレミアはまれです。気にせず使ってしまいしょう。

若い人の中には、初めて旧500円玉を見て、プレミア硬貨と勘違いしてしまう人もいるようです。

500円玉は、昭和62年・64年製のものと、エラー硬貨でなければプレミアはつかない傾向にありますので、

それ以外のものは気にせず使ってしまうことをおすすめします。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP