嫌い

愛嬌がない女が抱える13の悩み

「女は愛嬌が非常に重要である」と言われるように、人生賢く生き抜くためには、愛嬌が武器になることは間違いなく、愛嬌のみで玉の輿に乗ることに成功した女性もいるほど、愛嬌は大きな武器となります。

一方で、愛嬌がないと周りから言われたり、どうすれば愛嬌が良いと評価されるのかが分からないと頭を悩ませる人もいるわけですが、こうした悩みを抱える人は、この1ページにまとめた13の悩みを読むことで、「周りから見た自分」がはっきりと分かるはずです。

「周りから見た自分」を知り、それを認めることができるのであれば、後は改善していくだけということをまずは覚えておきましょう。

スポンサードリンク

人懐っこさがない

愛嬌がない女は人懐っこさがないために、雑に扱われたり、距離を置かれるなどの原因を作り出し、結果的に愛嬌がある女に良いところを持っていかれがちです。

特に男性はプライドが高く認められたい性質を持つため、人懐っこい女ほど自分を受け入れてくれると感じる男は、愛嬌がある女を選んでしまうというわけです。

これは犬や猫も同じく、人懐っこい犬や猫の方が人気であることも多いですし、何より自分に懐いてくれることは「かわいげがある」という評価に最も近づきやすいのです。

 

笑顔でニコニコできない

愛嬌があるかないかの大きな割合を占めるのが、笑顔であると言っても過言でないほど、笑顔を武器に使えるかどうかは、人の評価を大きく変えます。

例えば、笑顔でニコニコと挨拶できる人とできない人では、必ずと言ってもいいほど笑顔で挨拶できる人の評価が高くなりますし、ニコニコと対応できない人は愛想が悪いと思われやすいです。

また、笑顔でニコニコと対応できることは、人に寄せる愛情や好意が最も判断しやすい部分でもあるため、これができない人ほど愛嬌がない女であると言えます。

 

愛想笑いが下手で、疲れがち

愛嬌に笑顔はつきものでありますから、愛想笑いが下手であったり、愛想笑いをすると余計に顔が怖くなる、愛想悪いがそもそもできないという人ほど、愛嬌がない女の特徴に当てはまりやすくなります。

さらに愛想や愛嬌を良くするために、多くの人が愛想笑いにチャレンジすることになりますが、無理をしても結局自分が疲れるだけであり、むしろ人付き合いがストレスとなるケースも珍しくありません。

故に、愛嬌がない女ほど愛想笑いで疲れ、ストレスを感じてしまう悩みを抱えやすいのです。

スポンサードリンク

タメ口やわがままが許されない

愛嬌がある女は、年上の男性や多少の権力者であってもタメ口やわがままが許されやすく、相手の懐に入るのが非常に上手であるため、距離感をすぐに縮めることができます。

一方で愛嬌がない女は、可愛がられにくい、相手の懐に入るのが下手であることから、タメ口やわがままを許してもらえる確率は低くなると考えることができます。

もちろん容姿も大きく影響するので一概には言えませんが、愛嬌がなくともタメ口やわがままが許されやすい人は、男ウケが良い顔や体型である必要がありそうです。

 

素直になれない

「他人を信用できない」「プライドが高い」「天邪鬼な性格」「自己評価が低い」この4つに当てはまる人は、素直になりたくとも素直になれない人の特徴に当てはまります。

これは愛嬌がいい女になりたくとも、素直になれずに愛嬌がない女になってしまうと言い換えることもでき、愛嬌がいい女を受け入れることを無意識中に拒否しているため、なかなか愛想や愛嬌を身に付けることができません。

愛嬌がないと言われるあなたは、素直な性格ではないと評価されることも多いのではないでしょうか。

 

ノリが悪いと思われがち

どんな悪ノリであろうが、その場をうまく乗り切ることができる女は好かれやすく、ノリが良いと思われることで「お気に入りの存在」だと認定されることに繋がります。

愛嬌がない女の場合、その場を楽しもうとする気持ちが薄い、相手の行動に合わせて笑うことができない、何でも真面目に受け止めてしまうなどが原因で、その場を盛り下げてしまうこととなりがちです。

ノリが良ければ「自分とは相性が良いのかも…」などのポジティブな未来を想像させることからも、愛嬌がいい女は選ばれやすい理由の1つとなります。

 

チヤホヤされない

愛嬌がない女がチヤホヤされないのは当然であり、可愛げがある女性にご飯代を出してあげたい、付き合えそうな女性にご飯代を出してあげたいと思うことは、男女逆であっても同じことを考える人は多いはずです。

また、愛嬌がない女は近づきにくい雰囲気を醸し出していることから、話しかけづらいと判断されやすいことも、チヤホヤされにくいに原因を作っています。

媚びないと評価することもできれば、チヤホヤされないという悩みを抱きやすいとも言えるでしょう。

 

ユーモアに欠けるので楽しくない

ノリが悪い、無表情になりがち、真面目に受け止めるなどの特徴は全てユーモアがない人の特徴であり、一緒にいても楽しいと感じれない原因となります。

例えば日常会話であっても、ユーモアがない人は毎回普通の会話となるため、盛り上がることも少なく、笑顔で笑えるような会話も少ないために、どこかつまらなさを感じさせてしまうのです。

愛嬌がない女はユーモア精神に欠けるので、サービス精神をもう少し持ってみると、相手に与える印象をガラリと変えることができます。

 

気が利かない一面がある

気が利くとは「挨拶やお礼がきちんとできる」「思い込みで行動しない」「空気を読んだ行動ができる」「人に譲ることができる」など、行き届いた気配りができる人のことを言います。

愛嬌とは、「接すると好感を催させる柔らかな様子」であるため、こうした気が利く一面を見せることで好感を持たせ、自分の評価を高く見せることが得意です。

一方で愛嬌がない女は、気が利くことも当然できることはできるものの、表情が暗かったり、それをアピールすることが下手であることから、気が利かない一面があるとの評価に結びつくこともしばし見られるのです。

 

そもそも人見知りである

人見知りであることは、愛嬌がない女であるとか、冷めてる女である、愛想がない女であると思わせる原因であり、第一印象は決して良いものではありません。

人は嫌悪感を感じると同じく相手にも嫌悪感を覚えてしまうという心理法則があり、人見知りな人ほど勘違いをされやすい性格であることから、知らぬうちに相手に嫌われてしまうケースが非常に多いです。

愛嬌がある女とは、自己開示が上手であり、しっかりと相手に好意を伝えれる女性なのです。

 

勘違いされやすい

上記でも少しお伝えしたように、人見知りであることや、ニコニコできない、ノリが悪い、素直になれないことなどの特徴は、全て勘違いされることに繋がりやすく、無表情であることが怒っていると捉えられることは非常に多いです。

だからこそ、愛嬌がない女ほど「自分はそんな人間ではないのに…」という悩みを抱きやすく、第一印象ではどうしても損をしてしまう傾向が考えられます。

一方で、愛嬌がある女も勘違いはされやすく、それは「自分のことが好きなのかも…」 という、男はすぐに期待してしまう性質を利用した勘違いであります。

 

甘えるのが苦手

愛嬌がある女は甘え上手で男心をくすぐるのに対して、愛嬌がない女は甘えるのが下手なこともあってか、憎まれてしまうことが多くなります。

理由としては、愛嬌がある女は許してもらう時であっても甘えたり、笑顔を見せることで男の庇護欲をくすぐるわけですが、愛嬌がない女はそうしたテクニックを駆使しないことから、許されずに憎まれてしまう結果を導きます。

また、恋人にもっと甘えて欲しいとの願いに応えることができないのも、愛嬌がない女が抱く悩みとなるでしょう。

 

愛嬌だけで人格さえも決められる

13個目の悩みとしては、愛嬌だけで人格さえも決められたり、酷い場合は人格さえも否定されてしまうことです。

例えば、愛嬌がないお前はきっと家族にも冷たいとか、愛嬌がない女は仕事もできないだろうなど、愛嬌1つで人間性さえもが決めつけられてしまうのが現実です。

これは最も、決めつける相手にも性格に難があると言えそうですが、決めつけられる側が傷つくことは間違いありません。

 

愛嬌がない女を卒業するたった1つの方法

いかがだったでしょうか。

最後に、愛嬌がない女から普通の女へと卒業できるたった1つの方法をお伝えしておきます。

その方法とは「積極的な自己開示」であり、意味は「自分自身の情報を相手に伝えること」であります。

なぜこれが重要となるのかと言えば、積極的に自己開示をすることは相手に自分という人間を伝えていることになるため、相手も同じく自分の情報を伝えようとする心理が働きます。

さらに、自分の弱みさえも自己開示できる人は、それを親切に聞いてもらえることで親密感が湧いたり、信頼関係を築くことができるため、積極的な自己開示は人間関係を良好に保つ秘訣となるのです。

よくよく考えてみると、愛嬌がいい女は積極的に会話に参加することで、相手の情報もしっかりと把握している女性ではないでしょうか。

自己開示の返報性でも証明されているように、人は積極的な自己開示をおこなうと相手に好意を持たれやすく、愛嬌がないという悪い評価から遠ざかることができるのです。

さらに自己開示をし合う中で、自然と笑顔や笑みも出てくることで、愛嬌が自然と身につく効果も期待できます。

また、次のページで紹介する「愛想悪い女が損する10の共通点」を読み進めていくことで、あなたが愛想悪い女である可能性はないのか?についても知っておきませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP