モテる

愛想笑いができないあなたへ贈る5の秘訣

「愛想笑いができない」ことのデメリットは思った以上に深刻で、好かれにくい、勘違いされやすい、無表情になりがちなど、愛想笑いできないことが原因で人付き合いが上手くいかないことも珍しくありません。

笑顔は相手に与える印象を大きく変え、あなたを助ける手段ともなる大きな武器なのです。

そんな笑顔に関して、自然で柔らかい笑顔を作る簡単な方法をまとめていくことで、愛想笑いできないという悩みはすぐに解決することでしょう。

スポンサードリンク

「い」の形を作ろう

まず柔らかな笑顔を作るための基本として、口元を「い」の形にすることが重要であり、自然な笑顔には誰もが「い」を発言する時の形になっています。

あなたも実際に今、「い」の形にしてもらうとわかると思いますが、この形にすることは口角が上に上がることに加えて、どこか嬉しそうな顔になったのではないでしょうか。

以下の画像を参考にすると、不自然な愛想笑いに見えないことが明確です。

上記のように、まずは口元を「い」の形にできる練習をしてみることで、あなたの愛想笑いに対するスキルがグッと上がることは間違いありません。

また、いきなり本番で「い」の形にすることは難しいために、鏡の前で10秒程度「い」の形をキープする練習をおこないましょう。

これは口角を上げる練習であり、自分が見て不自然でない口角の上がり具合で10秒程度キープしておくことで、不自然な愛想笑いの形を修正することができます。

そして口再び「い」の形にするのですが、この時は本番と同じく瞬時に綺麗な「い」の形にできているかどうかを意識してみましょう。

顔が強張ってしまう場合は、思い切って歯茎を見せるくらいに口を横に開くことで、より綺麗で美しい愛想笑いの口ものが完成します。

 

目は三日月型を意識する

愛想笑いが下手な人の中には、「愛想笑いをすると顔が強張る」と言われる人が非常に多く、その原因は目が笑っていないことにあります。

顔全体が笑っているように作っていても、目が笑っていなければ不自然ですし、どこか不気味な笑顔を作ることに繋がるのです。

こちらもより分かりやすくイメージできるように、先ほどの画像をもう一度貼っておきましょう。

目に注目してもらえればすぐ分かると思いますが、愛想笑いが下手な人は目を三日月型にすることができない、または目がそのままの大きさであるケースが多いです。

愛嬌のある笑顔とか、かわいげのある笑顔だと評価される人の笑顔を参考にしてみると、こうした評価を受ける人は顔がくしゃっと潰れていたり、目が優しく見える形となっているため、非常に印象良く見られることが多くなります。

この三日月型の目を作る時のコツとしては、「目を細めるに加えて、目尻を下げること」が重要になります。

先ほどの「い」の口をしたと同時に、一度目を細めて目尻を下げることを意識してみましょう。

最初は必ずと言っても良いほど、不自然でブサイクな笑顔が出来上がります。

しかし、これを毎日5回〜10回続けていくことで、たいていの人は一週間も経たないうちにコツが分かるようになり、美しい作り笑いが可能となると断言しておきましょう。

不自然とならないコツとしては、あくまで口元を最も意識するのであり、目元はそこまで大きく変化させようと心がけないことにあります。

画像を見ても分かるように、口元は大きく横に開いているのに対して、目元はあくまで少し変化が加わっているだけなのです。

スポンサードリンク

眉は細すぎないこと

眉毛は目を際立たせる役目があり、眉毛が細すぎたりまっすぐであればあるほど、キツイ顔となってしまいます。

ヤンキーを例に挙げると分かりやすく、映画や漫画に出てくるヤンキーの多くは眉毛がきつい形になっているかと思います。

「感じの良い笑顔」を作るためには、眉毛を太めに穏やかにすることが重要であり、ジャニーズの松本潤さんやモデルの長谷川潤さんなど、目力があると言われる人は全員が眉毛が太めで穏やかであるという共通点が見られるのです。

愛想笑いができないとか、顔が強張って見えてしまう原因が眉毛にあるかもしれない場合は、化粧で一度眉を太めの穏やかな曲線に描いてみることで、どれだけ変化があるのかを調べてみることをおすすめします。

変化前と変化後を写真に収め、他人に評価してもらうことが最も分かりやすい判別方法となります。

 

声を出して笑おう

自然な愛想笑いをするコツは、眉、口、目が重要であることが理解できたかと思います。

後は日常生活で自然な笑顔を作れる習慣を癖づけることが重要となり、ここを意識するかしないかだけでも、自然な愛想笑いを習得できる期間が大きく変わってきます。

あなたがテレビや好きなことをしている時には、ただ笑顔になるだけではなく、声を出して笑ってみることを心がけましょう。

声を出すと自ずと口は大きく開きますし、そのことによって表情筋が鍛えられる他、リラックス効果も期待できます。

自分の笑顔に自信がない人は、「強張った笑顔になってしまうかもしれない…」という不安から筋肉が硬直してしまうことも原因でありますから、より自然な笑顔を普段から出しておくことは、自信をつけることにも繋がります。

また、人前で緊張した時には「自分の好きなことを思い浮かべたり、深く深呼吸してみる」ことで、より自然な愛想笑いを作り出すことができます。

声を出して笑うことは健康や美容に効果があるとの実験結果も出ていることから、自然な笑顔と美容健康効果を共に得ることができるので、一石二鳥とも言えるでしょう。

 

アイコンタクトを意識する

愛想笑いが上手い人は、実は自分の見せ方が上手である人であるとも言えます。

第一印象が良い人というのは、笑顔で好感度を上げているだけでなく、実は目を使って好感度を上げているのです。

人の印象というのは数秒で決まると言われるだけに、挨拶の時や初対面の人との顔合わせの際には、笑顔とアイコンタクトを意識すると、あなたの印象がグッと上がるということを覚えておいてください。

なぜこれが重要になるかと言えば、愛想笑いとは相手に与えるイメージを変える役目が重要となるため、しっかりとアイコンタクトを取るというテクニックも加えることで、よりあなたの印象は良くなるためです。

この時の重点としては、「アイコンタクトは一瞬で良い」ということであり、一瞬のアイコンタクト+笑顔を心がけることで、より「感じの良い笑顔」を作ることができるのです。

どうせ同じ愛想笑いをするのなら、より効果が高い愛想笑いをした方が、あなたにとってメリットは多いはずです。

スポンサードリンク

愛想笑いは見抜かれてもOK

愛想笑いは誰もがするもの

愛想笑いができない人や下手な人の心の中には、「見抜かれるかもしれない…」とか「変な顔になるのかも…」という不安から緊張が高まり、強張った表情になってしまうことがしばし見られます。

そんなあなたに知ってほしいことは、愛想笑いなんて誰でも使う武器でありますし、瞬時の愛想笑いを見抜くことは非常に困難であるという事実です。

それに相手が何らかの反応を待っている時に、無表情でその場をやる過ごすのか、下手な愛想笑いでも良いのでニコッと笑うかでは、笑顔を見せた方が相手も助かることは間違いありません。

例えば相手が笑えるミスをしたとしても、愛想笑いで「大丈夫ですよ」と返事をするのか、無表情で「大丈夫ですよ」と返事をするのか、あなたならどちらの返事を求めるでしょうか。

思いやりや気遣いができる人というのは、愛想笑いを上手に使い分けることができますし、本音と建前を上手に使い分けることができる人なのです。

だからこそ、あなたも怖がらずにどんどんと愛想笑いを使えば良いですし、使うべきケースをしっかり把握しておけば、今後あなたに関わる評価が良い方向に転びやすくなることは明確です。

 

無表情より笑顔が良い

いかがだったでしょうか。

愛想笑いができない人というのは、普段から無表情になりがち、冷めてる性格とよく言われる、媚びを売るのが嫌い、群れるのが嫌いであるなど、基本的に相手に良いイメージを与えない人である特徴が見られます。

社会に出ると誰もがある程度の愛想が必要だと実感し、愛想良く振舞うことを選択することになりますが、愛想笑いに疲れてしまう人がたくさん出るのも事実です。

笑顔と無表情の効果を比較してみても、美容健康印象において全て笑顔のメリットが圧倒的に多くなることからも、愛想笑いができるようにトレーニングしておくことは、今後のあなたの人生により多くのメリットをもたらすのです。

今、「自分は愛想笑いができない人間である」と認めることができ、「愛想笑いできないことはデメリットが多い」ということを認めることができた人は、今後愛想笑いができる確率が高い人であると言えるでしょう。

最も、愛想笑いができないのも個性であるため、自分はこれで良いと思っているのであれば改善は必要ありません。

もしも「本当にデメリットが多いの?」と疑問に思う方は、「愛想悪い女が損する10の共通点」を読むことで、厳しい現実を知ることができるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP