恋愛

甘酸っぱい恋とは?誰でも分かる定義と共通点

甘酸っぱい恋を経験したと言われても、「何それ?どんな感情だろう?」とピンとくるものがなかったり、甘酸っぱい恋の具体例が知りたいと意味を調べる人も多いですが、この1ページを読むことで”甘酸っぱい恋の明確なイメージ”を持つことができるはずです。

学生時代に多くの人が甘酸っぱい恋を経験し、大人になると懐かしく思える恋こそが甘酸っぱい恋である一方で、どのような恋を経験した人が「甘酸っぱい恋を経験した人なのか?」という定義をはっきりさせることで、多くの人が甘酸っぱい恋を経験するという意味が分かることでしょう。

一度でも本気の恋愛経験がある人は、特に必須の1ページとなること間違いなしです。

甘酸っぱい恋の意味とは?

甘酸っぱい恋の意味は、「楽しさと物悲しさが入りまじった恋」こそが、甘酸っぱい恋であり、多くの人が青春時代に経験する恋であるという特徴があります。

もう1つは、「好きなのに伝えられない」という儚さを表現する意味でも使われ、近くにいれる幸せを感じるのに対して、本当の気持ちを伝えることができない時などに使われることが多いです。

使い方としては、大人になって卒業アルバムを開い時に、「あ〜甘酸っぱい恋を経験したなぁ。」と懐かしく思う時に使うことが多く、この表現からは、若くて純粋だった自分を懐かしむ様子が見られます。

他にも細かな特徴が存在しますが、それについては以下の5項目にてお伝えしていきましょう。

 

甘酸っぱい恋とはこんな恋愛です!

一歩踏み出す勇気が…

「卒業式にずっと好きだった人に告白する勇気がなかった…」とか、「お互いに好きなが分かっていたのに、告白できず違う道へ…」など、今なら絶対に告白できる自信があっても、当時のピュアすぎる自分ではできなかった思い出に浸る時に、多くの人が”忘れることができない甘酸っぱい恋だな”と思うことになります。

他にも、「第二ボタンをもらったのに、満足に会話することもできなかった…」など、一歩踏み出す勇気がないことが原因で、モヤモヤした気持ちが残り続けた人にとっては、いつまでも忘れることができない恋となりがちです。

今なら異性とも平気で会話できたり、ダメ素で告白することができるにもかかわらず、当時の可愛すぎる自分を思い出すことで、「あの頃は良かったなぁ。」なんて過去に浸ることができる恋愛エピソードがある人は、それは甘酸っぱい恋愛エピソードであると言えるでしょう。

「あの時勇気を出して告白していれば、人生は大きく変わったのかな?」という疑問を持ったり、「付き合えたのかな?」という妄想を膨らますことは、古き良き思い出となり、一生忘れることのない恋愛となることは間違いありません。

好きな人が転校

「好きな人の転校が発覚した最後の日に、公園でデートをした」とか、「最後の日にプレゼントを渡した」など、気持ちを伝えることができなかったり、悩んだ結果時間だけが過ぎてしまった過去を持つ人は、間違いなく甘酸っぱい恋として心に刻まれていることでしょう。

「本当は大好きで遠く離れてほしくはないし、自分の本当の気持ちを最後に伝えたいけど無理だった…」なんて恋愛エピソードは、他人が聞いても胸が苦しく、どこか愛おしい気持ちにさせる恋なのです。

基本的に大好きな人が転校したという思い出は、多くの人の心に刻まれやすく、今はどこで何をしているのだろう?と疑問に感じたり、元気にしているのかな?と思う時に、ふと甘酸っぱい恋であったことを痛感することは珍しくありません。

ドラマやアニメでも同じく、好きな人が転校するシーンはファンの名シーンとして評価が高く、甘酸っぱい恋がなんとも言えず素晴らしいと評価されることがあります。

 

初デートが純粋すぎる

大好きな人との生まれて初めてのデートにて、「恥ずかしくて何も話せなかった…」とか、「ただ無言で帰り道を歩いて行った…」など、大人同士のデートでは失格の烙印を押されてしまう行動でさえも、当時の自分たちでは恥ずかしくて良い思い出だと思えるエピソードも、比較的甘酸っぱい恋として話しれる人が多いです。

当然「今なら普通に話せるのに…」と思う人がたくさんいることが想定でき、恥ずかしかった当時の気持ちが初々しくて、不安と期待の気持ちがたくさん詰まった初デートは、甘酸っぱい恋であると言えます。

あなたも大好きな人との初デートを思い出してみると、あり得ない行動に出てしまっていたり、普通の会話でドキドキしたなどのエピソードがあるのではないでしょうか。

 

捨てれない/食べれない

好きな人からお菓子をもらったり、旅行先でのお土産をもらったなど、相手からすれば何気ないプレゼントでも、本人からすればとても大事で貴重なプレゼントであるが故に、いつまでも食べることができなかったとか、いつまでも捨てることができずに、腐らせたりボロボロになるまで置いておくエピソードは、「どれだけ嬉しかったのか?」という本心が行動に表れています。

腐らせたり捨てずにボロボロになるまで置いておくことは、まさに甘酸っぱい経験であり、大人になるとちょっとやそっとのプレゼントでは、そこまで喜ぶこともありません。

また、こうした失敗をしたことで、もらったプレゼントと同じものを目にする度に思い出したり、子供の同じ行動を見ると思い出すことは、懐かしさと切なさが交わったエピソードとなります。

 

遠くから見つめることが精一杯

「休憩時間に遠くからじっと彼を見つめていた…」とか、「彼と写った写真をずっと大切に保管していた」など、遠くから見つめることが精一杯な恋を経験することは、好きな感情を伝えるどころか、近づくことさえもできない儚さを感じさせます。

「本当は近づきたいのに、自分はこれが精一杯か…」という情けなさと、「遠くから見つめるだけでも幸せだ」と思える感情が、「本当は付き合いたいのに、それを実行することができない」という思いにさせ、恋の甘酸っぱさを感じることになります。

大人になれば、こうした行為は気持ち悪いとか、ストーカーであるなどと評価されることになりかねませんが、思春期の子供が下心なく遠くからじっと見つめる行為は、ピュアな行為であるので、甘酸っぱいと思われるわけです。

例えば、40を過ぎたおっさんが脈あり20代女性を見つめていたとすると、それはとても不気味で気持ち悪いエピソードとなりますよね。

ここから読み取る甘酸っぱい恋の定義

1.好きな気持ちを伝えれない後悔

好きな気持ちを伝えることできずに、好きな人が遠くの場所に引っ越してしまったとか、先輩が高校に進学してしまったなど、自分の気持ちを伝えることができないまま、好きな人と離れてしまった人は、甘酸っぱい恋の経験者と言えます。

もちろん、片思いのまま中学の3年間を過ごしたなども当てはまりますし、気持ちを伝えずに終える片思いは、「楽しさと物悲しさが入りまじった恋」に当てはまります。

今思うと「気持ちを伝えておけばよかった」と思える恋は、純粋なあなたが臆病であった証拠とも言えそうです。

 

2.下心がなくピュアであること

大人の恋が甘酸っぱいと表現されることもなく、思春期あたりの恋が甘酸っぱいと表現されることが多いのは、下心があるかないのかの違いであり、純粋で「ただ付き合いたい」という気持ちの恋は、甘酸っぱい恋として忘れることができない恋となりがちです。

大人になると、どうしても下心が現れてしまったり、お金に目が眩んでしまうなどの恋愛に発展することとなり、そこまで大きく思い出に残る恋を経験することは少ないです。

純粋でただ「一緒にいたい」とか「付き合えればいい」と思える恋は、人生経験や恋愛経験が浅い人の方がしやすい恋であることからも、思春期や初恋が甘酸っぱい恋に当てはまりやすくなります。

 

3.本当に好きな相手であること

本当に好きな相手でなければ、いつまでも記憶に残り続ける恋や、話しかけることさえ緊張する恋に当てはまらず、人は本当に好きな相手に対して「拒否されたくない」とか「本音がバレてはいけない」という思いから、気楽に話しかけることができなくなります。

本当に好きだからこそ甘酸っぱい恋を経験するのであり、遊びの恋では思いを伝えれなくとも「まぁいいっか。」という気持ちになりますし、大人になっても思い出すような恋にはなりません。

本当に好きだからこそ、楽しさや物悲しさを感じることができるのです。

 

4.忘れられない/思い出す恋

大人になっても忘れることができなかったり、同じ匂いがすると思い出すような恋は、甘酸っぱい思い出として大人が昔を思い出す瞬間であります。

これは「大人になっても思い出すほどの大恋愛である」と表現することもでき、忘れられない相手であると伝えると分かりやすいでしょうか。

自分にとって純粋で、あの頃を思い出すと胸がキュンキュンするような恋こそが、甘酸っぱい恋の定義であると言えるでしょう。

 

大人になって感じることが多い

いかがだったでしょうか。

甘酸っぱい恋の定義に当てはまっているにもかかわらず、それほど実感がないという人がいるとすれば、あなたがまだ幼いことが原因であると考えられます。

もちろん甘酸っぱい恋を経験していないことも原因となりますが、大人になって卒業アルバムを開いてみたり、思い出のある場所に足を運んでみることで、当時の純粋だった自分を思い出すことが、甘酸っぱい恋だったなぁ。と実感させてくれる瞬間となるはずです。

他にも、忘れることができなかった人よりも大切な人ができた時などに、人は「あ〜。こんな甘酸っぱい恋も経験したな。」と過去に浸る余裕ができることからも、大人になって感じることが多く、懐かしくあの頃に戻りたいと思わせるエピソードとなってしまいがちです。

人は過去の思い出が美化される傾向にあることからも、忘れられない甘酸っぱい恋愛エピソードほど、純粋でキュンキュンするようなエピソードとして美化されやすいのです。

関連記事

  1. 一人っ子の恋愛傾向の7つ
  2. よく一目惚れされる人の特徴
  3. 両思いの雰囲気と確信のサインとは?
  4. 惚気る人の心理に隠された5の真実
  5. ソフレの作り方7ステップ
  6. エロい女の特徴と見分け方10選
  7. 40代男性に好かれる女性の特徴
  8. 口だけ男の特徴と見極め方6つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP