ATM男の特徴と悲惨な現状11選


男はしょせんATMだと決めつけ、女性のことを見下している男性もいれば、自分がモテない現状を認めないために、こういったことを発言する男性がいます。

しかしながら、現実に男のことをATMだと思っているゲス女は存在し、ゲス女にはまってしまう男性もいるというわけです。

今回の記事では、そんなゲス女に捕まってしまうATM男の特徴や共通点を11にまとめています。

また、ATM男として利用された結果、悲惨な現状である男性のリアルな声もお届けしていきます。

スポンサードリンク

恋愛編6選

理想が高い

ATM男としてゲス女に利用される男の特徴の1つに、理想が高いということが挙げられ、理想が高い男性というのはプライドが高く、妥協しないといった特徴も見られます。

また、ATM男して成り下がることによって、自分の理想通りの女性とのデートができ、それが何よりも自分の中での誇りであると思っている傾向も強く見られます。

理想が高い人は恋人ができないという共通点がありますが、その共通点を打破するためには、ATM男に成り下がるという方法があるのは事実です。

 

若い女性を求めている

若い女性

若い女性とデートできるのであれば、ATM男に喜んで成り下がる人もいれば、若い女性の体を望む下心から、ハイブランドをプレゼントしてしまう人など、世の中には様々な人がいます。

実際に、キャバクラなどでは若い女性を求めるがあまりに、高級なプレゼントをしてしまい、大借金を背負ってしまう男性がいますが、まさに客観的な判断を言わせてもらえば、これはATM男であるといえるでしょう。

簡単に言い換えると、女性に振り向いてもらう為には、お金で釣ることが最も効果的であるともいえます。

スポンサードリンク

女性慣れしていない

今まで女性と付き合ったことがない、または女性と話すことすら緊張してできなかったなど、女性慣れしていない男性というのはATM男して利用されやすく、これは恋愛経験が豊富でないために、まともな恋愛というのが自分自身分かっていないことが原因です。

女性を見極める能力というのは、過去の経験から学び、どんどんと成長していくものですが、この過程を踏んでいない男性が金目当ての女性に引っかかれば、当然ATM男として利用されることは多くなってしまうのです。

もしも自分はATM男として利用されているのかもしれない…と不安になったのであれば、恋愛経験が豊富な人に相談してみるといいでしょう。

 

洗脳されやすい

洗脳される

洗脳された挙句に、金持ちがどん底生活に陥ることになった、なんてニュースを目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

洗脳されてしまえば、ATM男として女性のためにお金を稼ぎ、お金をつぎ込むことは当然のこと、女性のことを素晴らしい人間だという幻想を抱いてしまうことも多いです。

洗脳されてしまっている場合は、この1ページを読ませても、「自分は正常である」と言い張ることが想定できますし、疑いをかけられていることに怒りをあらわにする可能性も高く、それほど洗脳というのは解けるまでに時間が必要となるのです。

 

友達がいない

友達がいなければ、ATM男として利用されていることに注意してくれる人がいないので、結果的にATM男として利用されてしまう確率は高まります。

また友達がいないということは、女性こそが唯一の楽しみであると感じてしまう確率も高くなってしまうので、一人の女性に依存してしまうといった特徴も見られます。

一人の女性に依存してしまえば、ギャンブル依存症の人々が借金をしてまでもギャンブルをするのと同じように、女性に投資をしてしまうわけですから、ATM男である現状がやがて普通だと思えるようにもなってくることもあります。

 

同情してしまう

同情

貧乏な現状に同情してしまい、女性が求めてもいないにも関わらず、可哀想という勝手な思い込みから貢いでしまう男性がいますが、これは女性側の演出であることも多いです。

例えば、ハイブランドを着こなす女性と、少しボロい服を着ている女性であれば、人間というのは後者の方に貢いでしまう心理が働きやすいです。

また、そうして貢いで女性が喜ぶ姿を見せてくれることが嬉しく、自分の幸せだと感じた結果、ATM男を抜け出せない現状に頭を悩ませている男性も存在します。(後ほど、リアルな声にて登場します。)

 

結婚編5選

家では邪魔者扱い

家族の大黒柱としてお金を稼ぎ、疲れて帰ってきても嫁は全く歓迎してくれずに、むしろ邪魔者扱い。

酷い家庭になれば、疲れて帰ってきた旦那をばい菌のように扱う嫁もいて、こういった男性陣の本音をのぞいてみると、「俺はATMか!」と心の中で怒りを覚えたことも当然あるでしょう。

これは特に、専業主婦である家庭に見られる特徴であり、このような夫婦関係である場合は、働いているのが馬鹿らしくなると感じてしまうことも無理はありません。

 

病気やケガにも無関心

無関心

病気やケガにも無関心で、どれだけ旦那が苦しんでいる姿を見ても、「大丈夫?」の一言もなし。

こういった現状に男性の多くは、男はATMなのか?と首を傾げ、そして女性のことを信頼できないと感じてしまう瞬間でもあります。

最もこのような場合、旦那の普段の言動が原因で冷たくされている可能性もあるので一概には言えませんが、旦那のことをATMだと思っている女性の場合、離婚できない状況まで持っていけば、急激に冷たい態度をとるようになるといった特徴も見られますので、ATM男に見られる共通点であるといえるでしょう。

 

旦那の幸せより、自分の幸せ

旦那へのお小遣いはほんの少額であるにも関わらず、自分はエステやハイブランドなど、好き勝手放題。

まさにATM男の典型的な特徴であり、自分の幸せを優先する女性であるといえるでしょう。

しかし例外も存在し、例えば子供のためにお小遣いを減らし、お互いに我慢して家族の幸せに繋がるためのお小遣い減額もありえますので、中身を見ずに一概に決めつけるのは良くありません。

もしも自分の幸せばかりを優先する嫁だった場合は、最悪の場合子供に被害が及ぶことも考えられますので、離婚を考えるのもありかもしれません。

 

夫婦の会話がない

会話無し

夫婦の会話が一切なく、酷い場合では話しかけると邪険にしてくる嫁もいますが、当然こういった環境に「自分はATMとして働いている」と感じてしまうこともあるでしょう。

夫婦愛が冷めてしまったことが原因である場合は、お互いに悪い部分も存在するでしょうが、女性側が一方的に旦那の存在を鬱陶しく感じていて専業主婦である場合は、ATM男として見られていることも珍しくはありません。

夫婦間の会話がない場合は、関係改善のために自らが動いてみることが必要となります。

 

浮気をされているorしている

過去に旦那が浮気をしていた場合、浮気を許してやる代わりにATM男として利用してやると決め込む、女性というのは実際に存在します。

また、嫁が浮気をしていて若い男に貢いでいた場合、これは当然旦那はATM男として使われていることになります。

どちらにせよ、女性側が旦那のことをATMだと思うようになれば、それは当然ATM男として使われているという表現をしても、間違いはないといえるでしょう。

 

悲惨な現状とリアルな声

41歳分からないさん

私は女心というのが分からないですし、利用されていると分かっていても女性に貢いでしまっています。

どうすればいいのか自分でもわからずに、700万あった貯金も半分程度になってしまいました。

もちろん今でも貢いでいるのですが、彼女が頑張る姿を応援したいですし、貧乏な彼女が可哀想と思ってしまいます。

利用されていると分かっていても、いつまでも貢いでしまうダメな自分が40を超えても結婚できない理由が、なんとなく自分でもわかりますし、情けないです。

37歳冷たい嫁

結婚してもう10年が経ちますが、新婚生活から嫁が冷たい態度をとり始め、今では家にいるとうっとうしがられ、自分の存在自体が汚いものであるかのような表現をされることもあります。

嫁は体が弱いこともあり、専業主婦でいいと結婚当初に言ってしまったせいで、今では一日中家でごろごろし、何の魅力もない女性へと変わってしまいました。

喧嘩になるとすぐに「男はもっと稼いで来い」と言われるので、俺はATMかと思うこともありますし、子供がいなければ今すぐ離婚していると思います。

 

男=ATMと思う女性はいる

いかがだったでしょうか。

世の中の女性全員が男=ATMだと思っていることはありえませんが、自分が魅力的に思わない男以外はATMであると思っている女性が存在することは事実です。

ですから男性のみなさんも、女だからATMと思っていると決めつけるのではなく、そういった女性も存在するんだな程度に思っておいた方がいいでしょう。

決めつけてしまっては、女性恐怖症のような症状が出てしまうこともありますし、何より女性を信用することができなくなってしまうので、世の中の女性が皆ATMだと思っているというような、ありえない思い込みは捨てるべきなのです。

また、「彼女に貢ぐ男の特徴と心理」もセットで読んでみましょう。

貢いでしまう男の心理状況というのを知れば、今後ATM男として利用されてしまう根本的な原因を無くすことにも繋がってきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る