モテる

微妙な顔の特徴や定義とは?簡単に評価を上げる方法も

「なんか微妙な顔だよね」なんて言われると、「えっ…それってどういう意味なの?」と、褒め言葉であるのか、それともブサイクと言われているのかなどと悩み、複雑な気持ちになるものです。

主にこの1ページでは、普通の顔と微妙な顔はどういう違いがあるのか?についてや、微妙な顔と言われてしまう原因を探していきます。

“微妙である原因”がはっきり分かれば、自ずと対処法も見えくるはずなので、きちんと原因を把握しておきたいものです。

微妙な顔の定義/褒め言葉なのか?

そもそも”微妙”は辞書にてどのような定義にされているのか?を調べてみると、微妙とは「少々。やや劣っている」を意味し、「少し否定的」な場合に使われる言葉と紹介されています。

つまり微妙な顔と評価されることは、「普通の顔よりやや劣っている」とか、「平均的より少し劣っている顔である」と否定的な評価となり、決して褒め言葉ではないことが分かります。

より分かりやすく言葉を変えるとすれば、「少しブサイク」との評価を遠回しに伝えることが、微妙な顔と変化したと捉えるべきです。

また人によっては、「どこか物足りないな…」と感じた時に使う言葉でもあるため、どちらにしても褒め言葉と捉えるべきではありません。

 

微妙な顔の特徴/原因はどこにある?

目立つ部分がある顔

なぜ目立つ部分があるほど微妙になるのか?といえば、イケメンや美人ほど目立つ部分がない顔であることが答えとなり、イケメンや美人は整った顔であるため、どこか一部分が目立ったりしているのではなく、全体的に綺麗なバランスで整っている顔こそが、高く評価される顔なのです。

微妙な顔の人は、日本人の平均的な顔に加えて鼻が大きかったり、顎が大きくしゃくれている、目つきが悪い、顔のバランスが悪いなどの、目立つ部分があるからこそバランスが綺麗に保たれず、やや否定的な評価となってしまいます。

日本人が憧れがちなヨーロッパの方々を思い出してみても、どこか一部がとても魅力的というよりかは、全体的に整った顔であったり、とてもバランスが良くて逆に目立たない顔のパーツであることが特徴的です。

ここで注意すべき点は、目立つ部分があっても他の部分で補える顔である場合は、癖のある顔と高評価されることにあり、綾野剛さんは目がとても個性的で目立っているにも関わらず、多くのファンから愛されているのも、こうした理由が存在します。

☑顔の各パーツの特徴


目の特徴

見た目の9割は目で決まる!なんてキャッチフレーズを作る美容整形外科もあるほど、目は人の第一印象を大きく左右し、目が大きすぎても逆にバランスが悪くなりますし、細すぎることはブサイクであると評価されやすいです。

微妙な顔と言われる人は、目が大きすぎて「出目金」みたいだと言われたり、目が細すぎて「眠たそうな顔だね」などと、他のことを例に出すことで似ていると表現されるような、目立つ目であることが微妙の評価に繋がります。

女性はメイクの際に目に力を入れる人が多いですが、目をいかに自然で目立たないように見せれるかで、評価が一気に上がってしまう人もいるほどです。

 

鼻の特徴

鼻には様々な種類があって、イケメンや美人の定義でもある鼻筋が通っている鼻は、ローマ鼻とやギリシャ鼻などと言われる鼻であります。

逆に微妙な顔な人ほど当てはまる鼻は、「団子鼻」「ニンニク話」「大きい鼻」などであり、ブタ鼻までいくとブサイクであると認知される確率が上がるので、こちらの3つが特に当てはまりやすくなると考えられます。

「団子鼻」「ニンニク話」「大きい鼻」の3つは、バランスを崩すこともあれば、バランスが良く見えることもある要因となりますが、バランスが取れたとしてもイケメン、美人の定義には当てはまらないので、結局のところ微妙であるとの評価に留まることが多くなります。

 

顎の特徴

顎は少ししゃくれているくらいの方が、イケメンや美人に多いことが判明しており、誰もが憧れる顔の黄金比にも当てはまります。

一方で微妙な顔となってしまう人は、顎がない人であったり、割れ顎であるなどの特徴が見られ、横顔は顎次第で大きく見た目が変わる部分でもあり、化粧ではごまかせない部分であるため、横顔が微妙となってしまう原因そのものです。

正面から見ると普通の顔でも、顎がないことで横顔が残念だ…という人がいますが、こうした人は普通+残念な横顔であるため、二つを合わせると微妙くらいの評価になることが想定できます。

 

眉の特徴

眉の特徴は「自分にあった眉をしているかどうか?」であり、目つきが悪いのに対して、目つきが余計強調されるような眉をしていては、微妙な顔であると評価されても仕方ありません。

こちらが原因である場合は、眉のゴールデンバランス理論をきちんと頭に入れておけば、今すぐ自分の見せ方を変えることが可能です。


 

笑顔の際にブサイクになる人

笑顔は相手に素敵だと思わせる要因そのもので、第一印象を大きく上げたり、明るい人であるなどのポジティブな評価に繋がることが多く、笑顔が下手なことが微妙という印象を与えることも。

そもそも評価とは、印象で決まってしまうことがほとんどであるため、第一印象で暗い人だとか、笑顔が残念であると脳にインプットされてしまうと、ギャップ効果でも起きない限りはそう簡単に評価は覆りません。

笑顔がブサイクであったり残念である人は、笑うときに口角が上がっていなかったり、目が笑っていないなどの原因が考えられますが、これらは全て自分の評価を下げてしまう原因です。

もしもあなたが、一度でも周りから「笑顔がブサイク」とか「下手クソだ」と言われた経験があるのであれば、それを素直に受け止めることで、自分自身の笑顔と向き合うことができるはずです。

 

老け顔である人

普通の顔であっても老け顔であることがマイナスポイントで、どこか微妙な顔だと思われることもあり、老け顔の人はほうれい線やシワのたるみ、口角が下がっているなど、こちらも様々な原因がありますが、老化は自分の努力次第で食い止めることが可能です。

老け顔の人に対して、「どこかおじさんっぽいな…」とか、「どこかおばさんっぽいな…」と思うことがあるように、老け顔の人は「残念である」ポイントになるので、普通の顔であっても微妙というランクダウンの評価となります。

よく芸能人でも、劣化したなどと話題になる人がいますが、こうした人も老け顔に近づいていることで評価が大きく落ちてしまい、美人から普通の顔などと評価が変わることが良い例です。

多くの人が若さを求めているように、逆に老けて見えることは評価が落ちてしまうのは当然のこと、普通の顔さえも微妙に見せてしまうのです。

それ以外での特徴

自分は普通だと思っている人

心理学者の様々な実験結果により、「人は自分の評価をする時には少し高い評価をつけがちだ」という結論が出されていて、周りが思う評価よりも少し高く自分を評価するのが、人が持つ性質であると考えられています。

つまり、自分のことを普通の顔だと評価している人は、自分のことを少し高く評価してしまうことによって、周りからすれば微妙な顔だと思われているはずが、その事実に気づかず、自分は普通の顔くらいであると思い込んでいる可能性が高いのです。

特に、自己顕示欲が強い人は自己愛が強く、自分のことを過大評価しがちであるため、周りが抱く評価より自分の能力を高く見積もった結果、勘違いしてる人であると思われてしまうことがあり、自分が大好きな人ほど気をつけなければならない、勘違い評価であります。

逆に客観的に自分を見れる人は、周りの評価を素直に受け入れることができたり、自分の悪い部分もしっかりと受け止めることができる人なので、微妙な顔であることを受け入れ、それなりの自覚を持っている可能性が高くなります。

あなた自身、「微妙な顔かもしれない…」などと疑ってしまった場合には、周りの評価を素直に受け入れてみることで、本当の周りが思う評価を知ることができるはずです。

 

相手からの評価に敏感ではない人

相手からの評価に敏感ではない人は、自分の中で「これでいい」と判断することを重視するため、他人から「ここが残念だな…」と思うポイントがあっても、自分が納得しているのであれば、そこを直そうとはしません。

こうした人は自分を持っている一方で、周りからの評価に流されない性格であるため、「自分は他人からどう思われているのか?」という意識が低く、美意識が低くなってしまったり、おしゃれ意識が低くなる原因となることも。

例えば、おしゃれに興味がない人は髪型のこだわりを持たないことで、普通の顔以上であると評価されるチャンスさえも、微妙な顔であるとの評価となってしまうこともあるので、こうした人はある意味もったいない人であると言えるでしょう。

他にも、眉毛やファッションに無頓着なことは、色気や雰囲気を作り出すことはありませんし、第一印象で高い評価を得ることができません。

雰囲気イケメンや美人といった言葉があるように、普通の顔の人であっても雰囲気を作り出すことで、本来の顔以上に高い評価を得ることができるだけに、微妙な顔の人はそこを目指すことが、最も正確に自分の評価を上げることに繋がるはずです。

 


☑微妙から普通以上に評価を上げるために

微妙や普通の顔の人におすすめな方法は、上記でも述べたように雰囲気を作り出すことに重きをおくことであり、雰囲気イケメンや雰囲気美人と呼ばれる人をじっくりと見てみると、実はそれほど顔が整っているわけではなく、むしろその欠点を雰囲気でカバーしていることが分かります。

雰囲気を作り出すためには、まず「清潔感」を意識することが大事で、髪型をガラリと変えてみるなどの方法を試してみましょう。

次に大事になるのは服装とスタイルにあり、髪型をバシッと決めてハイセンスなコーデを決めておくと、スタイルがいい人はより魅力的に見えてしまい、総合的な評価でイケメンや美人と言われることが多くなります。

これは口で言うのは簡単ですが、あなた自身のセンスがとても大事です。

センスは多くの失敗を重ねることで、徐々に磨かれていくので、まずは大きな失敗をしないためにも、テレビやSNSで見つけた雰囲気イケメンや美人の真似から始めることが、徐々に自分の個性を確立していく一歩となります。

ファッションを真似する人が、後々のお洒落さんとの評判になってしまうように、「雰囲気が素晴らしい!」と、憧れを抱いた人を徹底的に真似することが、最も効率的で自分のセンスを磨いていく、賢い選択となることは間違いありません。

 

微妙と普通の差は大きくない

微妙な顔とは結局のところ、自分の努力次第で覆すことが可能であり、そのためには雰囲気を作り出すことが重要だということを、この1ページではお伝えしてきました。

微妙から評価を上げるためには、その欠点をカバーする必要があるため、まずは自分自身のどこのパーツが微妙であるかをはっきりとさせ、そこをカバーしていくことを心がければ、より簡単に魅力的な自分へと変わっていけることでしょう。

ここから分かることは、実は微妙と普通or結構の差はそれほど大きくないことであり、微妙な顔の人が雰囲気を作り出すだけでも、結構なイケメンであるとか、美人であると認められることは珍しくありません。

嘘だと思うのであれば、先ほども述べたように雰囲気で評価されている人の顔をじっくりと眺めてみましょう。

中にはそれほど顔のバランスが整っているわけではなくとも、そこを上手にカバーして魅力的に自分を見せている、自分の見せ方が上手な人が必ずいるはずです。

微妙な顔との評価を卒業するためには、全てはあなたの努力次第であり、自分の見せ方次第なのです。

関連記事:普通の顔の特徴とは?男女で細かな違いを検証!

関連記事

  1. 華奢な男はモテる←心理学で嘘なことが判明!
  2. 無駄にイケメンと言われる人の特徴20選
  3. 中性的な女性の魅力と共通点10選
  4. モテる!お金持ちに見える車や服装はこれだ!
  5. 儚い美人とは?10の特徴と儚げ女子との違い
  6. 薄い顔の美女を芸能人を参考に見てみる
  7. 写真写りが悪い原因~良くする為のコツ10選
  8. 一重美人の特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP