恋愛

【男は誰とでもキスできる】ことを証明する6の事実とは?

「男って誰とでもキスするんでしょ?」と疑問に思い、男=チャラいというイメージを持つ方も多くいることでしょう。

はっきり言っておきますが、男は誰とでもキスすることは可能であり、それは過去の様々な研究結果によって証明されていて、女性よりもキスできる許容範囲が広いことも間違いありません。

“なぜ男は相手を選ばないのか?”という疑問が、一瞬で解決できる1ページとなっています。

男は誰とでもキスできる理由とは?

男は相手を選ばない

男は誰とでもキスできると言われる理由の1つ目は、男性は女性に比べてキスする相手を選ばないことが分かっていて、過去の様々な研究結果によれば、男性は体が触れ合う相手にそれほど基準を持たず、女性は一定以上の知的さや魅力を求める傾向が強いことが分かっています。

女性が疑問に思うことの1つに、「なぜ男性は好きでもない人を抱けるのか?」という疑問を抱きがちですが、これは男性が体が触れ合う基準がとても低いことが関係していて、要は「キス以上ができる相手であれば、誰でもいい」と思えるのが男性特有の考えなのです。

キスはその先の体の関係へと発展させることができたり、その場の雰囲気をガラリと変える力を持っているので、男性の多くはキスすることで雰囲気を作り出し、本来の目的を果たそうとするわけです。

こちらは特に、体目当てで女性に近づく男性に当てはまる心理であり、こうした目的で女性に近づく男性は、選ぶ女性の基準など考えるよりも、デキるかデキないかでしか選ぶ相手を判断していないので、男性にとってイケそうだと感じさせる女性ほどターゲットにされやすくなります。

また逆に、女性であってもすぐに股を開く女性がいますが、こちらも同じく相手を選ぶ基準がとても曖昧で、キスはその先にある本当の欲求を果たすための手段程度である、との捉え方をしています。

 

男の性衝動は身勝手なものである

男の性衝動は非常に身勝手なものであり、男性は性衝動に駆られると自身の体を制御することができず、欲望のままに動いてしまう性質を持ちます。

「なにそれ…!!ちょっと怖いな…」と思う女性もいるでしょうが、その感情は決して間違った感情ではなく、男性が強姦などの事件を起こしてしまうケースの多くは、計画的であるというよりも、その場の性衝動に駆られて行動に出た結果であるとの発表が、アメリカの警察でされたこともあるほど、男性は性衝動を抑えることができません。

例えば、お酒に酔った女性を介護する際には、多くの男性が親切に家まで届けてくれたり、最後まできちんと介護してくれることが多いのも事実ですが、一部の男性は性衝動を抑えることができずに、ついつい衝動的に手を出してしまうことが事件へと発展することは、決して珍しい出来事ではありません。

他にも、女性が暗闇を一人で歩いている姿を見かけただけで、急に女性に対して痴漢とも取れる行動を起こしてしまったり、女性に恐怖心を与える行動をとってしまうことも、性衝動が与える制御不能な行動パターンです。

男は誰とでもキスできる理由とは、性衝動によって自分の体を制御することが不可能となった結果、誰とでも本能のままにキスすることができる体となり、それを制御できないのが男性特有の怖い性質でもあると覚えておきましょう。

本能的に男は出すことを優先する

男性が自分の子孫を残すためには、とにかく精子を出す必要があり、出さないことには自分の子孫を残すことができないのは、大昔からずっと同じことなのです。

だからこそ、男性は本能的に出すことを優先する本能が残っていて、キスはその先の行為への延長戦のようなものなので、男は誰とでもキスすることで本能を満たそうとし、好きでもない女性を平気で抱ける理由も、こうした本能が深く関係していると心理学では考えられています。

とにかく出すことを優先する男性にとって、キスする相手を選んでいては出せないことに繋がりますし、どんな相手でも出せればOKであるとの極端な考えをする男性にとっては、キスする相手のレベルは全く関係ありません。

一方で女性の場合は、自分の子孫を残すためには相手の遺伝子を選ばなければ、より優秀な遺伝子を残すことができず、女性は男性と違って一人の子供を育てるまでに、かなりの苦労と時間が必要となることもあり、女性の方が本能的にもキスをする相手を選んでしまうことが、今の現代人の男女の違いに繋がっているのです。

よく、ヤルことばかり考えている男性のことを「チンパンジー」と比喩しますが、これはあながち間違いではなく、子孫を残すために本能のままに精子を出そうとするわけですから、こうした例えは非常に面白い言葉となります。

 

男はすぐに深読みしてしまう

男性は非常に単純な一面を持っていて、女性が少しセクシーな仕草を見えせたり、ニコッと笑顔で挨拶し続けるだけでも、「俺に気があるんじゃないだろうか…」などと、物事を深読みしてしまう癖があります。

これは、男は誰とでもキスできることにも繋がり、本来は付き合う気がない女性であっても、セクシーで誘われているような仕草を一瞬見たことによって、「次はホテルなのかな…」という想像を掻き立て、すぐに期待してしまうことは、男性が単純であると言われる所以そのものです。

簡単に言えば、こうした仕草を見せるだけでも男性は次に期待することで、キスを簡単に受け入れてしまいますし、勘違いとも取れる言動が多くなることも特徴的で、まるで自分の彼女かのような扱いをしてしまう人が多いのも、こうした深読み心理が関係しています。

もしも気になる男性に対して、キスして欲しいなどの欲求が隠れている場合は、薄暗い場所で少しセクシーな仕草を見せるだけでも、男性はキスして欲しいのかもしれないと疑い始め、最終的には性衝動を抑えれないことになるでしょう。

また、すぐに深読みしてしまうということは、キスできた=自分のことが好きであるとか、体を許すOKのサインであるなどの思い込みにも繋がるので、ある意味羨ましいほどポジティブな連想ができることは、男性の得意技とも言えます。

 

人数=自分の価値が上がる男

男のプライドという言葉があるように、男性はプライドが高くて非常に負けず嫌いな性格に加えて、どんな小さなことでも競うことで勝ち負けを決めることを重視するために、女を抱いた数=自分の方が上の存在であるとか、キスして落とした数=自分の方が上であることを証明できます。

いつも集まるグループ内でも、女性を抱いた数を自慢することで自分の地位を保ったり、落とした数を自慢することで有能であることを証明する人がいますが、こうした男性はとても視野が狭くて、そのグループ内こそが全てであるかのような思考となっています。

その結果、どんな女性であっても手を出すことで相手を誘惑し、その数や質を自慢することは、自分が決して劣っていないことを周りにアピールできることになるのです。

よく、「俺はチャラ男ですアピール」をする人がいますが、こうした人は女性であれば誰でも受け入れるような体制をとることで、自分の存在や実力を認めてもらおうとしている、必死な人と言えるでしょう。

こちらに関しては、男は誰とでもキスできる理由というよりかは、誰でも受け入れてしまう男性心理と表現する方が正しいかもしれません。

 

マーキング=独占欲との考え

キスをすることやキスマークをつけることは、マーキングすることで「これは自分の物だ」と主張しているわけですが、野生動物であればおしっこをかけることで匂いをつけたり、体をこすりつけることで匂いをつけることが、マーキングとなります。

このマーキングをたくさんする人が、人間の場合はどのような性格であるのかを考えてみると、マーキングをたくさんすることで、自分の物であると主張する気持ちが強い人であるため、独占欲や支配欲が強い人であるとの答えが出てきます。

基本的に支配欲や独占欲が強いのは男性であり、攻撃的で上下関係をきちんとつけることを重視する男性は、強さを求めることで支配したい気持ちや、独占したい気持ちがどうしても強くなってしまいがちです。

昔から家庭を守ったり、動物を射止めて食料を確保する役割は、体力や筋力面で勝る男性であったため、こうした歴史が男性の支配欲や独占欲を強くしたとも言われています。

故に、男は誰とでもキスできる理由の6つ目は、独占欲が強い男性ほどマーキングしたい気持ちが強く、今この時は自分のものであることを証明するためにも、キスというマーキングをしておくことで、強い独占欲を満たそうとする動きが見られやすいからです。

☑男同士でもキスできるのか?

誰とでもキスできると表現することは、男同士でもキスできるとの捉え方になりますが、欲求不満な状況が長々と続き、異性がいない環境で長々とい続けることがあれば、同性同士でもキスできると考えるのが妥当です。

その理由は、戦国時代には色小姓と呼ばれる夜のお供が存在し、男だらけの戦場には同性である色小姓が性処理を行っていました。

中には当然キスを迫る武将もいたでしょうし、自分の満足のいくまで色小姓をこき使った人もいることでしょう。

戦国時代の戦場は男性だらけであったので、こうした環境でい続けることが普通ともなれば、同性であってもキスなどの行為を迫ってしまうことが、こうした歴史からも読み解くことができます。

これは男性だけに限らず、女性であっても同じような現象が起こると予想されますが、環境が人を変えてしまうことで、同性同士でも誰でもキスが可能になってしまうことは、考えられないことではありません。

 

【ここが重要】男性はキスの種類を使い分ける!

勘違いしないための補足!

ここまでの、男は誰とでもキスできる理由を読んだ人の中には、「あの時のキスは嘘だったのか…」と疑心暗鬼になる人もいるでしょうが、そこはしっかりと見分け方を知っておくことで、心配する必要も無くなります。

男は誰とでもキスできると伝えていますが、実際にはマイルールに切実で、自分の中で決めた正義からは絶対に外れたくない気持ちが強い男性であった場合、本当に好きな人以外はキスしない人もいることは事実です。

ただ、男性には女性と違った本能や性衝動が見られるため、心理学や科学的な知識で言えば、男は条件さえ整えば誰とでもキスできると言えるだけなのです。

そんな男性が本気で好きな人に対するキスの特徴は、ソフトキスでも十分に満足できたり、その後に手を出さなくても満足するキスであり、女性がキュンとすることである程度満足できることのあるように、男性だって本気で好きな女性に対しては、キュンとするだけでも十分に満足できる結果となるのです。

これが遊びであった場合は、本来の目的を果たすためにディープキスや体の接触を心がけるでしょうが、本気の恋愛時にはソフトキスのみで男性はある意味満足できます。

人は誰だって、すぐに手を出すことで遊び人と思われることを恐れますし、手を出すことで嫌われることを恐れるので、本気の女性に対して軽率とも取れる行動に出ることは、無神経な男以外は考えにくい心理となります。

もちろんその場の雰囲気で、最後までしてしまうことも十分にあり得ることですが、愛する相手には自己犠牲が苦痛に思わないことが証明するように、相手に対してたくさんの配慮や、自分だけが満足するようなプレイはしないことも見分け方の1つとなります。

 

☑誰とでもキスする男の特徴って?

上記でもお伝えした通り、男性=必ずしも誰とでもキスするわけではありませんが、こうしたチャラい男が世の中に溢れかえっていることも事実です。

そのような男性の1番の特徴は、恋愛を遊び感覚で捉えているか否かであり、恋愛を遊び感覚で捉えている人ほど、相手を落とすことで喜びを感じたり、自分が有能であることを再確認したいだけであるため、キスや体の接触に特別な意味を持ちません、

こうした男性は、落とすことや体の接触という目標を達成すればいいため、どんなことにも嫌な顔を示さないイエスマンであったり、サイトを通じて様々な女性に連絡先を聞いている、周りの友達も同じく遊び人だらけであるなど、基本的に周りを伺うことが最も簡単な見分け方となります。

友達が知り合いであれば、男性の評判や噂を聞いてみたり、仲良しの友達の評判を聞いてみることで、ある程度男性の本性を探ることができるはずです。

チャラい男性だって、「自分が体目当てである」ことを隠し通さなければらないので、あなたとの接し方で見分けることは非常に難しく、それ以外の要素である程度の見分けをつけておくことが、警戒心を持つにあたって重要であることを覚えておきましょう。

また、見分けることが非常に難しいと感じている人は、女性であっても、キスくらいなら雰囲気でしてしまう選択を取る方も多いでしょうから、キス以上は付き合うまではしないことを徹底すると、恋愛を遊び感覚で楽しむ男性の術中にハマることを回避できます。

 

【まとめ】性に振り回される男

いかがだったでしょうか。

男性は女性よりもキスがOKである許容範囲が広く、性衝動が抑えられないことによって、誰とでもキスできる心理が働きやすいことが、はっきりと分かったかと思います。

どれだけ勉強ができる人であっても、どれだけ立派な家庭で育ったとしても、男である以上は性に振り回されてしまいますし、政治家や有名人であってもハニートラップに引っかかり、人生のどん底を味わってしまうのが良い例です。

これを言い換えれば、男性は女であれば誰とでもキスできるレベルで許容範囲が広い反面、簡単な罠であっても回避することが難しい、凄く弱い弱点が隠れているとも言えそうです。

キスは愛する人としかしないという認識の人にとっては、信じられない事実でしょうが、人は経験を積むことにキスを軽く捉える傾向にありますし、女性であっても経験豊富な人ほどキスに抵抗がなくなり、許容範囲が広がってしまうこともあるので、恋愛経験が浅い男性ほどキスできる許容範囲も狭くなることも、ここでは伝えておきます。

この記事を読んだことによって、男性に偏見を持ってしまうのではなく、こうした理由がきちんと存在することを理解できれば、男と女の違いに関する知識がまた1つ増え、あなたの知的ステータスがまた1つ増えた証拠となるはずです。

関連記事

  1. 年収600万の手取りと独身男性の割合は?
  2. 気づかないふりをする恋愛心理|見分け方と対処法12選
  3. やれそうな女の特徴10選【こんな言動は絶対ダメ!】
  4. 心を開かない人の恋愛攻略法〜接し方のコツまとめ
  5. 似た者同士の恋愛傾向とメリットデメリット7選
  6. キス~ついに部屋デートに。家はどこまでOKなの?
  7. 【なんか好き】の心理と正体|確かめ方とは?
  8. 特別扱いする男性心理6選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP