男性心理

偶然を装う男性心理が危険な3つの理由

「やぁ〜!偶然だね!」という言葉に対して、「えっ本当に偶然かよ?」とか、「絶対待ってたよね?」という疑問を抱き、本当の答えが分からない経験がある人も多いのではないでしょうか。

この1ページでは、偶然を装う男性の本音を晒し出し、良い意味で偶然を装っていたのか?それとも悪い意味でなのか?という見極め方もお伝えしていきます。

スポンサードリンク

偶然を装い、つきまとっている

偶然を装う男性でまず頭に浮かぶのは、ストーカーの可能性であり、偶然を装うストーカーには5つのタイプがあるとされています。

オーストラリアの精神医学ミュートレン氏が唱えた説によると、拒絶型、親密追求型、無資格型、憎悪型、略奪型の5つに分かれ、以下に特徴を紹介していくので、この際に自分の身を守るためにも、当てはまっている可能性はないのか?チェックしてみてください。

①拒絶型→元交際相手などに見られるストーカーで、偶然を装ってあなたを追いかけ、かけがえのない存在であるあなたを追いかけている。

②親密追求型→初対面であろうが関係なく、自分が一目惚れして運命を感じたのであれば、偶然を装っては一方的につきまとうタイプ。

③無資格型→異性へのアプローチ方法が分からず、気になる人には執着してしまうタイプ。こちらの場合は、ターゲットが次から次へと変わりやすい。

④憎悪型→被害妄想が激しく、相手に侮辱されたなどの理由をつけて自分を正当化し、とにかく嫌がらせのようにつきまとうタイプ。非常に厄介で性格が悪い。

⑤略奪型→性的妄想を満たすためにつきまとうタイプ。男性に非常に多く見られる。

偶然を装う男性の中には、ストーカーとなってあなたに必要以上につきまとう人がいて、上記のように5つのタイプがいるとされています。

もしも、偶然を装いあなたに何度も接触を試みているのであれば、こちらの可能性を疑ってみるといいでしょう。

スポンサードリンク

男は勘違いの天才である

「男単純な生き物である、男はすぐ可愛い子に騙される」なんて言葉をよく耳にしますが、これは事実であり、男は勘違いの天才であります。

例えば、偶然を装ってあなたに近づいてきた男性に対して、以前ニコッと笑顔で挨拶をしたとしましょう。

すると男性の多くは、「あれ?これ俺いけるんじゃないの?」とか、「目を見て挨拶してくれた!俺に見とれていたのかな?」といった、ポジティブな勘違いをしてしまいがちです。

他にも、ボディタッチ=この女性は抱けそうだ、なんてポジティブな未来を想像してしまいがちな男性ですが、実はもう1つ勘違いしてしまう原因があります。

その原因とは、心理的縄張りの違いであり、心理学の世界ではこれをパーソナルスペースと言います。

基本的にパーソナルスペースは女性の方が狭く、自分の縄張りが狭い女性は広い男性の縄張りに入り込むことで、男性は勘違いを起こしてしまうのです。

そして、自分のことが好きなのかもしれないといった勘違いから、偶然を装いあなたにアピールするきっかけを作ったという可能性が考えられます。

こちらの場合、好かれているだけであると考えると危険ではありませんが、中には勘違い言動が多々見られ、呆れるほど自己意識が過剰な男性もいるため、こうした男性には特に警戒心を持って接していく必要があります。

 

偶然は詐欺師がよく使う心理テクニック

偶然を装うことで、運命の人であるとか、共通点がたくさんあると思わせ、親近感を抱かせるテクニックがありますが、これこそまさに詐欺師がよく使う心理テクニックとなります。

詐欺師といっても、「私はそんなお金もないし…」なんて油断していてはいけません。

例えば、偶然を装うことで運命を感じさせ、そして偶然性を相手に示すことで、あなたの体を狙っている可能性もあると考えられるからです。

もっとも、イケメン男性はそんなテクニックが必要ないかもしれませんが、中にはこうした方法で女心をもてあそび、すぐに捨てる男も存在するのです。

 

一方で、こんな可愛い心理の可能性も

ここまでは危険である心理ばかりを紹介してきましたが、もちろん良い意味での偶然を装う可能性もあり得ます。

例えば、自分に自信がない人ほど偶然を装い、何とか接点を増やしていきたいという思いから、あなたに会いにきたのかもしれません。

他にも、本当に偶然出会って、あなたが偶然を装っていると思い込んでいる可能性も考えられます。

危険な男かどうかを一瞬で見極めることは難しいですが、二人の関係性や、彼なりにアピールしているなどの、細かな仕草や言動をチェックしていくことで、ある程度の見極めは誰にでもできます。

もしも危険な男性ではないとあなたが判断しているのであれば、それは偶然を装って、あなたに何とか近づきたかったという可愛い心理の表れであると言えるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP