モテる

普通の顔の特徴とは?男女で細かな違いを検証!

「なんとも言えない普通の顔だねぇ〜」なんて言われると、普通の顔って褒め言葉なの?そもそも普通の顔ってどんな顔?と疑問を浮かべたり、どれくらいの魅力があるのかが、はっきりと分からない人も多いことでしょう。

はっきりと言っておきますが、「普通の顔とはそれほど良い意味ではない」こともあり、これは悪い口である可能性も十分に考えられます。

まずは普通の顔の定義と悪口である場合の違いを知り、日本人が思う普通の顔に当てはまるかどうか?をチェックしてみましょう。

そもそも普通の顔の定義って?

「可もなく不可もなく」

普通の顔の定義とは、「可もなく不可もなく」と表現することが最も分かりやすく、「ブサイクでもないけどいい顔でもない」という意味こそが、普通の顔の意味です。

これは一見、日本人では普通レベルの顔であって、ブサイクではないという意味で捉えがちですが、人によっては全く言葉の意味が変わり、悪口に変わってしまうこともよくあることです。

その悪い時の意味とは、「特に目立った魅力がない、平凡な顔」であり、「別に評価すべき特別な顔でもなく、ありふれた顔だね」という風な、遠回りの嫌味として使う人も中にはいるため、その場の雰囲気や相手によっては意味が異なることも覚えておきましょう。

また、ブサイクな人に対して傷つかないための最低限の言葉が、「普通の顔」であることも十分に考えられ、こちらはその人なりの最大のフォローだったのでしょう。

こうした様々な可能性を踏まえても、普通の顔と評価されることはそれほど褒め言葉ではなく、あなたを好意的に思う人もあまり使わない言葉となっています。

 

普通の顔の特徴や共通点一覧

平面的な顔(それほど特徴がない)

普通の顔と評価されるわけですから、それほど特徴もなく日本人顔であることが特徴的で、平面的な顔は日本人によく見られる顔つきで、まさに日本人らしい顔の人こそが、普通の顔の特徴となります。

例えば、彫りが深い人は普通の顔と評価されるよりかは、ソース顔と評価されたり、彫りが深い人などと評価されやすい一方で、日本人らしい顔の人は日本人にとっては特徴がないため、普通の顔と評価しやすくなるわけです。

平面的な顔とは、鼻もそれほど高いわけでなく、目もそれほど大きくない、骨格もゴツゴツとしてなくて、凹凸の少ないのっぺりとした顔こそが、日本人顔の特徴で、これに近い人ほど普通の顔だと評価されやすいです。

これにプラス要素で、丸顔で小さめの顔であったり、絶壁頭である要素が加わると、まさに日本人らしい普通の顔となり、日本人の平均的な顔により近づいていきます。

つまり、普通の顔とは日本人の平均的な顔により近い顔で、それほど特徴がない顔こそが普通の顔の条件となると言えるでしょう。

 

☑日本人に多い顔とはこんな感じ

上記の画像は、日本人を平均した男女の顔であり、こうした顔に近づくほど普通の顔に近づき、決してブサイクではないことがはっきりと分かります。

他にも、普通の平均的な顔にはそれほど大きな特徴がなく、まさに普通であると表現することに違和感がない人であり、日本人の平均的な顔がブサイクではないことも、はっきりと分かる画像になるかと思います。

ちなみに日本人は、韓国や中国とも非常に近い顔であるために、こうした国の平均顔に近い人も、比較的普通の顔に近い人であると言えるでしょう。

上記の顔に近い人も、普通の顔に近い評価を得やすい人と考えられ、日本人と隣国の顔の違いがわかる貴重な画像となっています。

◯◯顔も含めた普通の顔は?

特徴的な顔の人も含めた普通な顔の特徴ともなれば、「中の中レベルの顔」である人と表現することが最も分かりやすく、中の下や中の上も入るレベルこそが、普通の顔の条件となります。

中の中レベルとは「普通」な人が当てはまるわけですが、「そこそこイケメン」や「なんか違う」と表現される人でも、顔のバランス等によっては普通の顔と評価され、これは自分で正しい評価をすることは難しいです。

よく、中の上レベルはモテるとか、中の下レベルはブサイクの一歩手前なんて言われがちですが、中の中レベルの人はどちらに当てはまることもなく、見せ方次第では自分を魅力的に見せれたり、間違えればブサイクと表現されるラインが、中の中レベルの人に見られる特徴です。

もしも、自分の正当な顔レベルが知りたければ、人は誰でも自分を少し高く評価する傾向にあるため、周りから「中の中レベルなのかどうか?」を聞いてみることで、自分が普通の顔なのかどうかを知ることができるので、一度試しに周りに聞いてみるといいでしょう。

また、「中の上顔、中の中顔、中の下顔の違いや特徴とは?」を読むことで、かなり細かな違いを知ることができます。

 

何を着ても似合うわけじゃない

イケメンや美人は何をしても絵になると言われたり、何を着ても魅力的に見えるものですが、普通の顔の人は自分にあった服を選ぶことが重要で、個性的なファッションを目指したところで、ダサいと評価されることも珍しくありません。

ファッションは顔が全てと言われるように、普通の顔の人は高級な服を着てもそれほど高く見られなかったり、逆に安い服を着ると非常に安っぽく見られるなど、何を着ても似合うわけではありません。

上記の画像を見れば分かるように、顔がある程度整ってる人は7000円弱の服を着ても魅力的に見えるのに対して、一番左の人は67万弱という高い服を着ていながらも、それほど魅力的には見えません。

普通の顔の人も同じように、どれだけ頑張ってもイケメンや美人のように服が高く見られなかったり、ファッションモデルの着こなしを全て真似しても、自分では着こなせないことも特徴的です。

普通の顔ならまだしも、ブサイクともなれば何を着ても無駄とも思えるほど、ファッションは顔で全てが決まると言っても過言ではありません。

 

記憶に残らず飽きられない顔

普通の顔の人はそれほど特徴がなく平面的な顔であると述べましたが、まさにこれは記憶に残りにくい顔だと言え、一度や二度くらいでは顔をしっかりと覚えてもらいづらい為に、数年ぶりに同級生と会ったのに対して「誰だっけ?」と記憶から消され、存在が薄い顔であることを痛感する人も。

イケメンや美人の場合は、各パーツがはっきりしていたり、整った顔である為多くの人が一度で顔を覚えやすいものですが、どこにでもいそうな普通の顔な人は、一度で顔を覚えてもらうには自己アピールが大事となります。

一方でメリットは、飽きられにくい顔であり、はっきりとした魅力や目立つ部分はないものの、いつまでも安定して飽きられにくいために、こうした顔は安心感を得やすい顔であると言えます。

ずーっと見ていても飽きないものというのは、決して地味ではなく目立つものでもないことと同じように、普通レベルの顔の方が人は安心感を得やすく、飽きにくいんですね。

記憶に残らず飽きられにくいということは、私生活でも目立つことを意識しなければ、存在感をそれほどアピールすることはできませんが、目立つこともなく批判の的ともなりにくい、便利な位置でい続けることができるのも普通の顔の強みです。

 

どんな人にも近づかれやすい

心理学では、普通の顔ほど否定されたり拒絶されない安心感を得やすいと考えられ、この人なら大丈夫だろうと思われやすいことから、普通の顔ほど多くの人から近づかれやすかったり、安心感を持ってもらいやすいです。

これがイケメンや美人の場合、「どうせ自分は相手にされないだろう」とか「見下されると嫌だ」などの心理が働き、整いすぎた顔立ちの人ほど逆にモテなかったり、出会いが見た目の割には見つからないのも、こうした原因が隠れています。

さらにブサイクの場合は、表情が暗かったり見た目に不潔感がある人が多いことからも、「危ない人だ」とか「近寄りたくない」と思われることにより、同じタイプしか近づいてこないことが特徴的です。

つまり普通な顔の人は、清潔感と表情さえしっかりと意識しておけば、多く人から声をかけられたり近づきやすい存在となりやすく、相手に不安や不満を与えにくい魅力を持っているとも言えます。

あなたも同じかと思いますが、人に道を尋ねる時にはしっかりと相手を見極めて声をかけるように、普通の顔の人はそうした人のターゲットともなりやすく、写真などのお願いを比較的しやすいことも、近づきやすいという安心感がある証拠です。

 

ガッカリされにくい

イケメンや美人ほどがっかりされやすく、普通の顔ほど後々好感度が上がりやすいのは、第一印象がお互いに悪くなかった場合のみ、普通の顔の方が後々がっかりされにくいことが分かっています。

そもそもイケメンや美人は第一印象がとても高く、見た目が整っている人に対して多くの人が、「見た目が綺麗だから性格もいいんだろう」とか、「見た目がいいから何をしても上手くいくんだろう」などと、見た目からポジティブな連想をしやすく、ハードルがグッと上がってしまうのが、イケメン美人の苦悩です。

見た目が普通な人の場合は、第一印象はそれほど高くなくとも、そもそものハードルがそれほど高くないために、少し良い部分を出しただけで一気に評価が上がったり、イメージとは違う一面を見せることで、ギャップ効果を発揮しやすい強みを持ちます。

これはガッカリされにくいことも同じく、第一印象がそれほど高くなりにくい普通の顔の人は、悪い一面があっても「やっぱりか…」と思われやすいために、相手にガッカリさせることが少ないのです。

もちろん自分の見せ方で第一印象は大きく変わりますが、全く同じ対応であった場合は、イケメン美人の方が印象よく見てもらいやすいことからも、ブサイクほどガッカリされるような期待を持たれにくい、とも言えるでしょう。

好き嫌いが分かれない顔

普通の顔とは特徴がそれほどない顔ですから、好き嫌いが分かれない顔で、日本人であれば生理的に受け付けない顔であることは確かで、万人に受け入れられる顔とも言えます。

好き嫌いが分かれる顔の場合は、どこか一部に特徴的な部分があり、そこが癖になるとして評価してもらったり、もらえないことで議論となりがちですが、普通の顔と評価される人には見られない一面です。

例えば、綾野剛さんやムロツヨシさんは癖がある顔として高い評価を得ていて、こうした人は一部からは非常に高い評価を得ている一方で、苦手な人が多くなってしまうのが、癖のある顔のメリットデメリットです。

これは個性的な顔立ちとも言い換えることができ、普通の顔の人は個性的な顔と評価するよりかは、日本人顔と評価する方がしっくりくる人も多いのではないでしょうか。

個性を作ることが難しい顔こそが、普通の顔の最大の欠点と言えるかもしれませんね。

 

仕草や愛嬌一つで評価が大きく変わる

上記で普通の顔はガッカリされにくいと述べましたが、第一印象もそれほど高くなりにくいからこそ、普通な顔は仕草や評価一つで他人からの評価がガラリと変わり、一気にモテる人に変わる可能性を持っています。

普通の顔なのにやけにモテたり、異性同性関係なく人気者となれる人がいますが、こうした人は仕草や愛嬌をしっかりと意識することで、相手に高い評価をつけてもらいやすく、さらに普通なことで近づきやすいことが、とにかくモテてしまう秘訣となります。

逆に普通の顔で愛想が見られない人は、笑顔で対応することができなかったり、真顔でいつもいるため近づくなオーラが出てしまっており、どうにも近づきにくい人だと思われることで、好感度が上がりにくいのです。

「イケメンや美人になりたい!」とか、「顔レベルが高い人が羨ましい…」と思う人は、今すぐにでも仕草や愛嬌を覚えるべきで、こうした知識を蓄えることが自分の好感度を上げ、どんな人にもモテる自分を作り出すことを可能とします。

愛想笑いがよく分からない人は、「愛想笑いができないあなたへ贈る5の秘訣」を参考にしてみると、アナウンサーが作るような綺麗で美しい笑顔のコツを知ることができます。

 

男女での細かな違いは?

男性の場合

ここでは、先ほど紹介した日本人の平均的な顔から男性面での特徴を導き出し、どのような共通点があるのかを探っていきます。

まず男性はそれほど目が大きい必要がなく、眼光が鋭くもなく、優しい目をしている必要もないことが分かり、目と眉はそれほど離れておらず、むしろ程よい距離感であるのが特徴的です。

鼻に関しては、そこそこ高い鼻筋であるのに対して、少し横に膨れているのが特徴的です。

全体的にキリッとしまった感じがして、目はそこまで大きくないのに対して、鼻筋がそこそこ高いのが日本人男性のちょうど真ん中レベルの、普通の顔と言えるでしょう。

少し話はそれますが、日本人だけあって小顔であるのは流石だなと感じます。

 

女性の場合

こちらも画像で細かな特徴や共通点を探っていきましょう。

女性の場合は、まず目が男性に比べて大きめの目が特徴的で、これは眉の色が変わっていることが示すことのように、化粧をしている女性の画像も混じっていることが、目が大きい理由であると考えられます。

鼻も男性に比べて鼻筋がそれほど高いようには見えないですが、横幅があまりないので、そこまで高く見えない写りとなっているのでしょう。

男性も女性もインパクトがある顔つきではありませんが、どちらも顔のバランスは決して悪くはなく、左右がそこそこ対象であることも普通の顔の条件と言えそうです。

 

【まとめ】モテるかどうかは自分次第

いかがだったでしょうか。

普通の顔の人がモテるかどうかは自分次第であり、自分の見せ方が上手であればあるほどモテるために、しっかりと自分の見せ方を学ぶことが重要です。

世の中には、「普通じゃ嫌だ!」と自分の顔を嫌いになってしまう人がいますが、それは贅沢な悩みですし、普通の顔であれば自分磨きさえしっかりしておけば、恋は十分に叶いやすい顔なのです。

確かにイケメンや美人が羨ましい気持ちも分かりますし、一度くらいはチヤホヤされてみたい気持ちも理解できますが、そこで嫉妬するだけでは結局のところ、自分のためになりません。

ライバルと大きな差をつけるためには、圧倒的な権力を身につけたり、社会的地位を上げる、個性を身につける、心理学を勉強するなど、様々な方法が存在するので、できるだけ周りと差をつけたいと思う人は、これから先も自分を成長させることを忘れないでください。

完璧な人間など存在せず、どれだけ綺麗になっても整形を繰り返してしまう人が後をたたない世の中ですから、自分にないものを見てしまうのではなく、今ある自分の魅力に気づくことができれば、自分自身を愛せる第一歩となることでしょう。

また、「愛嬌のある顔立ちとは?4つの重点を抑えよう!」もセットで読んでみませんか?

愛嬌のある顔立ちの人は、とにかく周りから愛されたり、良い人であると思われやすい魅力的な人だけに、特徴と重点を知っておくことは、自分の魅力を高める方法の1つとなります。

関連記事

  1. 素朴な女性は美人なの?可愛い素朴の条件や特徴について
  2. ブスで辛い悩みを持つあなたが勝ち組になる9の方法
  3. 知的な女性の特徴
  4. 陰キャラ女子の特徴や共通点10選
  5. 華奢な男はモテる←心理学で嘘なことが判明!
  6. セクシーな男の特徴・そう感じる瞬間10選
  7. 愛嬌のある顔立ちとは?4つの重点を抑えよう!
  8. 色気のある女と色気のない女の違い11選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP