モテる

影のある男性の特徴〜孤独な男に惹かれる理由とは?

影のある男性を演じることは非常に難しく、様々な条件が重なることで、ようやく影がある男性だと評価されることに繋がります。

世の中には様々なタイプが存在しますが、影のある部分が魅力的だと評価される人は、芸能界を参考にしても数少ないことが分かるかと思います。

多くの人がどの部分を見て、「この人は影のある男性だな〜と良い評価をするのか?」という答えがここにはあります。

スポンサードリンク

イケメンや雰囲気イケメンに限る

影のある男性だと評価されやすいのは圧倒的にイケメンであるか、雰囲気イケメンだと評価されている人であり、ブサイクな男性が影のある男を演じたところで、影が薄い人であるとか、根暗で怖そうなどの評価に繋がってしまいかねません。

人は見た目が9割であるとも言われているように、太っている人やブス顔の人に対しては、第一印象で「どこか影のある魅力が素敵だ」とは思われにくいのです。

孤独な男性に惹かれると発言する女性も同じく、孤独で容姿が整っている男性に惹かれることが多いと考えることができます。

 

自分語りが少ない、言葉数が少ない

影のある男性は自分のことを多く語らず、聞き手に回ることが得意です。

また、無口であると思われがちですが、どちらかといえば言葉数が少ない傾向が見られ、質問に対してより簡潔に答えてしまうため、女性は「もっとあなたのことが知りたい!」と魅力にとりつかれ、惚れてしまうことになります。

イケメンは立つだけで絵になると表現されることがありますが、まさにこれが典型的例であり、相手の話を聞きつつ簡潔に答えを返す姿は、とてもクールで余裕のある男にさえ見せてしまうほどです。

注意点としては、「警戒心が強い人と自分語りが少ないことは別である」という認識であり、警戒心が強い人は自分のプライベートな情報を教えたがらない傾向がありますが、自分語りが少ない人は言葉数が少ないが、しっかりとプライベートな情報もさらけ出すという違いがあります。

 

強い意志があり、周りに流されない

影がある男性は意志が強く、自分の意見をしっかりと持っているが故に、他人にコントロールされようと思わない、一度くらいの失敗ではへこたれない、変化を恐れないなどの特徴が見られます。

芸能人を例に挙げると、綾野剛さんが非常にわかりやすい例であり、彼はしっかりと自分の意見を伝えることをしますし、自分はこうだという強い意志を持っています。

このタイプは一見頑固と同じにされがちですが、頑固な人は自分を見失ってしまい、引き返せない状況にある人であるため、意志が強い人とは全く違います。

意志が強い人は、どんな状況でも周りに流されず、しっかりと冷静な対処ができる人であるため、影がある男性ほどピンチの時に頼りになりそうだと思われたり、精神的に余裕があって頼れる人だと思われることが多いと言えます。

スポンサードリンク

セクシーで色気が凄い

どこか影のある部分に色気を感じたり、口数が少なく余裕のある姿勢に色気を感じるなど、とにかく影のある男性はセクシーで色気のある魅力が特徴的です。

セクシーで色気があると思われる人の条件を考えてみると、「筋肉質である」「清潔感がある」「唇がセクシーである」「下品な笑い方はしない」など、様々な条件が異なって、ようやくセクシーで色気があると評価されることに繋がります。

先ほどもお伝えしましたが、デブであったりブサイクであると評価されることは、こうしたセクシーで色気がある人の条件とは程遠い人が多いので、影のある男性には近づけない理由の1つとなります。

 

ポーカーフェイスである

ポーカーフェイスとは、感情をあまり表に出さない人のことを意味し、影のある男は下品な笑い方はしませんし、口元を動かす程度の笑い方をしたり、大きな動作を見せたりしません。

故に影のある男性は、何を考えているのか読めないと思われやすく、常に冷静で先のことを考えていそうだと思われることもしばしば。

また、こうしたポーカーフェイスな姿が孤独感を作り出し、「一人で考え込んだ挙句、どこか闇があるそうだ」などのイメージを持たれやすいです。

逆を言えば、孤独で闇がありそうな男がニコッと笑った時には、ギャップ効果で「非常に可愛い笑顔である」と思われやすいことから、ギャップ惚れしてしまう女性がたくさんいると考えることができます。

強面の男性がニコッと笑った時に、「案外良い人そうだ」とか、「凄く笑顔が可愛い」と思ってしまうのがギャップ効果の良い例です。

 

交流関係や恋人が謎である

影のある男性は交流関係が広かったり、恋人がいるかどうかすら謎であるため、「普段はどんな休日を過ごしているのだろうか…」とか、「特定の彼女は存在するのだろうか…」など、相手は様々な想像が膨らみます。

さらに影のある男性はイケメンであるか、雰囲気イケメンである必要があるため、ポジティブな想像をされやすく、「きっとイケメンだから友達も多いのだろう」とか、「芸能人に知り合いがたくさんいそう」など、勝手に凄い人であるというイメージを作られてしまいやすいです。

これは第一印象が良いことや、イケメン=好意的に思われやすいことが関係しており、人は誰しも好意を抱く人に対しては、どんなことも正当化してしまう癖があり、完璧な人間かのように見えてしまう心理が働きます。

恋は盲目と言いますが、これがまさに欠点さえも正当化してしまう心理の正体であり、好意的に思われることは、ポジティブな想像に繋がっていきます。

 

一匹狼で強そうなイメージ

強い意志があったり、周りに流されない、自分語りが少ないなどの条件が整うと、周りに頼る必要もないくらいに強そうであると思われやすく、一匹狼で群れる姿をイメージされにくい特徴が見られるようになります。

基本的に一匹狼になる人は、プライドが高くナルシストであるとか、仕事に対して信念を持っているなどの条件がつきものですが、影のある男性にはこうした条件は絶対に必要ではないことから、イメージだけが当てはまるとの結論が正しいかと思います。

男は誰しもプライドが高く褒められたい性質を持ちますが、ナルシストは自分語りが大好きで、自分を大きく見せたい特徴があるので、影のある男性とは真逆であると言えそうです。

 

生活感が想像できない

交流関係や恋人が謎であるように、影のある男は生活感が想像できません。

「どのような家に住んでいて、どのような家具を選ぶのか?」などの想像を膨らませることは、結局のところ影のある男のことを考えているため、気づかぬうちに気になる存在になってしまうことも。

謎が多く孤独にも感じるその姿に、多くの女性が魅力を感じてしまうので、影のある男はモテやすいとの結論に至ります。

 

女性は影や孤独のどこに惹かれるのか?

癒してあげたい、守ってあげたい

影のある男のどこか寂しげな姿や、闇を抱えていそうな孤独な一面を感じた女性は、癒してあげたい気持ちになったり、守ってあげたい心理が働くことがあります。

特に母性本能が強い人ほど、影のある孤独感を癒してあげたいと思ってしまうことで、どっぷりと影のある男にハマってしまうことも珍しくありません。

また、影がありすぎて疲れてしまう女性も比較的よく見られるため、理想と現実は違うことが多いと表現することもできるでしょう。

 

ギャップ効果が素晴らしい

特徴でも紹介しましたが、影のある男性はギャップ効果を作りやすく、一人でいる時はあまり笑わないのに対し、複数でいると笑顔を見せるなどのふとした仕草に、ギャップ効果が生まれやすいです。

ギャップ効果とは、その時に抱いたイメージが強く頭に残ってしまう現象であるため、可愛いとか色気を感じるなどのイメージが強く頭に残り、多くの女性の記憶に残ることとなります。

そもそも影のある男性は、イケメンや雰囲気イケメンであることが条件であるため、ギャップ効果が使えると恋に非常に有利になることは、当然と言えば当然です。

 

もっと知りたい、もっと近づきたい

自分語りや言葉数が少ないことや、どこか孤独でミステリアスな部分を感じとった女性は、「もっと知りたい」「もっと心理的距離を近づけたい」と思うことになります。

これはあくまで好意的に思われていなければなりませんが、影のある男性が好きという女性にとってはどストライクであるため、どんどんと相手の魅力に惹きこまれ、やがて恋が生まれることになるのです。

 

面食いである可能性が高いかも…

いかがだったでしょうか。

イケメンであることが条件の、影のある男性が好きという女性は、理想が高くて相手に求めることが多い性格であるかもしれません。

もちろん、誰でも優秀な遺伝子を残したいという本能がありますし、イケメンや美人に気を取られてしまうことは間違いありません。

理想は高くとも付き合う人にはそれを求めないのであれば良いですが、それが原因で恋ができないという人にとっては、面食いであることは厄介な欠点になることでしょう。

次のページでは、「無駄にイケメンと言われる人の特徴20選」について、”どこかもったいない”イケメン特集を紹介していきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP