嫌い

キモい顔の特徴とは?男女の違い/原因/対処法について

「うわぁ…キモっ!!」なんて思われる顔の人は、人生において多くの損をすることは間違いなく、イケメンや美人ほど得することが多いことが分かっています。

この1ページを読むことで、主にキモい顔と不細工の違いが明確になり、周りに引かれてしまうような顔の特徴を知ることができます。

“なぜキモく見えるのか?”の原因を知ることで、あなたも気をつけるべき欠点が分かり、低く評価されてしまう人の共通点を理解できます。

キモい顔の特徴とは?

キモい顔と言われる人に必ず共通する1つのことは、「顔のバランスが良くない」ことであり、顔のバランスが左右対称でなくなればなくなるほど、キモい顔に近づいたり、または不細工であると評価されやすくなります。

例えば、鼻から下がもの凄く長く見えてしまう顔の人は、どこかバカっぽくて大きな顔である印象を与えてしまうことに加えて、あまりにも鼻から下が長すぎる場合は、どこかキモいバランスの顔となってしまうのです。

よりイメージしやすいように、ここではいくつかの画像を挙げることで、イケメンや美人であってもキモくなってしまうことを証明してみせましょう。

左は元々の顔であり、とてもバランスが整っている顔であることが分かる一方で、右はバランスをあえて崩した顔となりますが、どこか不自然でキモい顔となっているのが分かります。

このように、顔のバランスが悪い人ほどキモい顔となってしまいやすく、ある意味目立つ顔になってしまうのです。

 

☑細かな部分での特徴


極端な遠心顔or求心顔

遠心顔or求心顔とは、顔のバランスを大きく分けた際に2つの種類に分かれる顔のことであり、遠心顔は顔のパーツが広いことが特徴的で、バランスがいい人は可愛いイメージが強かったり、優しいイメージが強くなりやすいです。

遠心顔でバランスが悪い人は、目が離れすぎていて「カマキリ」とか、「魚っぽい」などと言われることが多くなってしまったり、カエル顔だと表現されることも。

遠心顔の人は幼い顔であると見られやすいので、実年齢よりも若く見られやすいメリットがありますが、バランスが悪い人の場合は、あまりにも不自然な顔立ちとなってしまうために、若く見られることが逆にデメリットとなりやすいです。

芸能人で例えると、テリー伊藤さんやおかずクラブのオカリナさんなどが代表的で、目が離れすぎていることが共通点です。

逆に求心顔の人は、顔のパーツが中央に寄っている人のことであり、バランスがいい人は知的なイメージを与えたり、どこかクールでかっこいい印象を与えやすく、武井咲さんや綾瀬はるかさんなどが代表的です。

こちらもバランスが悪くなってしまうと、地獄のミサワのようになってしまい、「なんか見ていて不気味だなぁ」と思える顔となってしまった結果、キモい顔であるとストレートに表現されることも。

どちらにせよ、顔のバランスが極端にどちらかに寄ってしまうことは、間違いなくキモいと思われる原因であることに間違いありません。

目立つパーツが多すぎる

イケメンや美人は顔の左右のバランスがいいと述べましたが、これに加えて目立つパーツが無ければなくなるほど、バランスの取れた綺麗な顔立ちと評価されやすく、こうした評価をされる人のほとんどは、1つのパーツのみが目立っているなんて顔立ちではないはずです。

逆に目立つパーツが多くなれば多くなるほど、散らばった顔であると評価されたり、インパクトのある顔だと評価されるわけですが、こうした人もキモい顔と思われやすいです。

例えば、顎がもの凄くしゃくれていて、出っ歯が原因で前歯が出ている、頭がハゲ散らかしていた人がいたとすれば、それは間違いなくキモいと思われやすい人物となります。

キモ可愛いやキモいキャラで売り出している芸人を例に挙げても、アンガールズの田中さんはハゲ+歯並びが悪い+ガリガリであるなどと、目立つパーツがとにかく多く、ノンスタイルの井上さんであっても、つぶらな瞳+鼻が大きいなど、とにかく目立つパーツが多いです。

また、宇宙人を例に挙げるのも非常に分かりやすく、多くの人がイメージする宇宙人は頭が大きく、目が非常に大きいのに鼻が小さいイメージかと思いますが、これは間違いなくどこか不気味で、気持ち悪さを感じさせる顔であります。


(上は宇宙人のイメージ画像)

 

下顎がない

下顎がない人を正面から見ると、それほど不気味な顔には見えないものの、横から見るとすごく不細工に見えることが、キモい顔だと評価されることに繋がり、自分の顔にコンプレックスを抱いてしまう原因にもなりやすいです。

芸能人では、アンガールズの山根さんやバナナマンの日村さんなどが当てはまり、こちらの方々も高い評価を得ているというよりは、気持ち悪いことを前面に出して笑いを取るタイプであり、決して顔が高い評価をされていないことが分かります。

特に顔のバランスが悪い顎が無い人ともなれば、真横から見ればウマズラハゲのような間抜け顔に見えやすく、さらに首元に脂肪が集まることによって、まるで首が無いような印象を与えてしまいます。

また、これはどれだけ顔が整っている人であっても、下顎がないことで「魚っぽさ」をイメージさせ、どこか残念な人であるとの評価をされるほど、顎が無いことはキモい顔のイメージを加速させます。

顔の黄金比は、少ししゃくれている方が美しく見えることが証明しているように、顎が無いことは横顔をとても残念な顔にさせ、バカっぽさを感じさせてしまうような、デメリットばかりが目立つ顔にさせます。

 

乱杭歯or歯並びが悪いor歯がない

歯が相手に与える印象も大きく、芸能界では歯を綺麗にすることが当たり前の社会となりましたが、歯に問題があることは笑顔を台無しにする他、真顔が多くなってしまったり、笑う自分にコンプレックスを感じるなど、デメリットの悪循環を引き起こします。

顔立ちはそれほど圧倒的な不細工でないとしても、歯がちらほら無かったり、虫歯だらけであるとすれば、間違いなくその人物はキモいと評価されることになり、それは顔全体のイメージへと繋がってしまいます。

上記の画像を見ても一目瞭然で、同じ不細工であっても歯が綺麗な人は、育ちがいいとか清潔感があるなどのポジティブな連想から、キモいと思われることを回避できますが、歯が汚い場合は清潔感さえも無くなってしまうことで、キモいとか汚いというネガティブな連想に繋がりやすいです。

大げさに言ってしまえば、歯が全くない人がいたとすればすごく不気味ですし、笑顔になるとキモいと思われてしまうことは、当然と言えば当然の結果となりますよね。

特に乱杭歯の人は見た目が凄く悪く、歯が目立つことで黄ばみなどにも注目されやすいので、細かな部分まできちんと見てしまうことで、キモい感情が生まれてくる原因となることも十分に考えられます。

 

ぽっちゃりを超えたデブ

デブが嫌いな人の本音をあなたはご存知でしょうか?その本音とは、「キモい」とか「醜い」であり、あまりにも太っている人は相手を不愉快にさせますし、顔以外の面でもキモいと思われることが多々あります。

体臭や息の荒さなど、とにかく近くにいるだけでも不愉快であると思われやすいデブは、キモい存在であると思われやすいわけですから、間違いなく顔さえもキモいという評価になりやすいと言えます。

また、人は太りすぎると目が開いているのか分からないほど小さくなったり、肌がとっても荒れてしまうことで、よりキモい顔に近づいてしまうことも、デブになることのデメリットです。

太っていることで逆に可愛いと言われる人も確かに存在しますが、それは若い時だけであり、ハゲてきたり老けてくることで、キモいと思われてしまう今後を送ることになることは、誰でも想像できる未来なはずです。

そもそもキモいや醜いと見下されやすいデブだけに、顔もキモいと評価されてしまうことも多く、その事実を気づけないことがデブの残念な部分でもあります。

 

つり目が酷くて一重の人

つり目が酷くて一重の人は、相手に「きつい顔だな」という印象を与えやすく、とっても目つきが悪く見られたり、真顔でい続けることで不機嫌に思われるなど、何かと勘違いされやすい顔となります。

芸能人であれば、ザブングルの加藤さんがとっても分かりやすく、彼は真顔でいると不機嫌であるように見える一方で、悔しい顔をしていることで有名な人でもあります。

つり目であっても奥二重であれば、栗山千明さんや柴咲コウさんなど、眼光が鋭く魅力的であると高評価されやすいですが、一重の場合は「ただ目つきが悪い」との評価となってしまうため、中には睨まれたと勘違いすることで、キモイ顔だと思ってしまう人もいることでしょう。

タレ目で一重である場合は、ある程度の可愛さを感じることができますが、つり目で一重の人は憎ったらしいイメージを持たれやすいので、何かと苦労することが多くなります。

また、憎ったらしいとは悪意的な意味を持つので、関節的にキモいと評価されているようなものであると捉えることで、ここでは特徴として紹介させてもらっています。

 

☑キモいを覆せた人の参考例


ありのままの自分を受け入れた

キモい顔である現実から逃げ続けるだけでは、いつまでたっても自分の欠点を克服することができず、キモい評価を覆すことができません。

キモい顔から脱却できる人とは、自分の顔のどこがキモいのか?をしっかり分析できて、その辛い事実を受け入れることができる人であり、「自分は○○な部分がキモいと思われているんだ」と受け入れることは、幸せへの近道です。

誰でも人は、「そうである」と受け入れることで、その現実を覆そうとする努力に繋がりますが、その現実を一向に受け入れようとしない人は、いつまでもキモいと思われる原因を受け止めず、その原因を放置し続ける人であるのです。

「自分のことをダメだと思う」ことや、「他人と比べてばかりで行動しない」ことは、自分をどんどんと嫌いになっていくように、ありのままの自分を受け入れることは、自分のことを好きになっていく第一歩です。

まずは、自分がキモい顔に見える原因を全て受け入れ、欠点を全てカバーすることを心がけることが必要となるでしょう。

他人からの視線を少し気にする

キモいと評価されることは、何も顔が全てで判断されているわけではなく、普段から見せる仕草や言動を変えてみるだけでも、あなたに対しての評価がガラリと変わり、ネガティブな評価を顔にまで結びつけることを阻止できます。

そのためには他人からの視線を気にすることが大切で、「自分ではこれで満足」と思っていても、他人からすれば「その言動はキモい」と思われるのであれば、そこを改善していくことが大切です。

ナルシストと言われる人がいますが、こうした人ほど妙に色っぽかったり、イケメンや美人が多い気がするのは間違いではなく、こうした人は他人からの視線をとても気にする性格であるので、自分がどう思われているのか?に常に敏感で、その情報をいち早くキャッチすることが得意な性格なのです。

だからこそ、キモい顔の人も他人からの視線を少し気にすることで、自分の欠点が明確になることに加えて、人前で見せるべきではない仕草や言動の勉強ともなるはずです。

他人からの視線や評価を気にすることは、自然と自分の容姿へと注目が集まるようになった結果、自分磨きができる環境を作りあげます。

 

バランスを重視する

顔のバランスを整えることで、相手に与える印象をガラリと変えることができるので、自分が変に目立ってしまう顔のパーツがあるとすれば、その部分を徹底的に改善していくことも有効です。

髪型であったり、眉を整えることでバランスを整えることは可能で、自分が与える第一印象を変えることを意識すれば、キモい顔という印象が変わることは言うまでもありません。

どれだけ顔が内側に偏っていようが、ある程度の改善方法は必ず存在し、ネットが発達した今では探し出すことは簡単なはずです。

そのためにも、自分がキモいと評価される原因を知ることが必要となるため、こちらを実行するためにも自分の欠点を受け入れ、「これから魅力的になれるんだ」とポジティブな受け止め方をしましょう。

どんなことでも同じですが、ネガティブに受け止める人よりも、ポジティブに受け止める人の方が成長したり、圧倒的な成績を残せる人が多いはずです。

 

整形を考える

整形を考えることも一つの手で、人は顔が変わるだけでも人生が大きく変わり、今より幸せな未来を手にすることもできます。

収入や結婚相手も顔次第で大きく変わる結果が出ていることからも、整形で目立つ部分を変えてしまうことは、当サイトでは多いに賛成します。

以下にメリットも伝えておくので、きちんとした正しいし知識をつけることで、整形することも悪くないと思えるかもしれません。


キモいを脱却するメリットの凄さ

キモいを脱却することができれば、まず相手に好意的に思われやすくなることで、人間関係が良好にいきやすいくなることが考えられ、人は好意的な態度を示すことは、相手も同じく好意的な態度を示すことになります。

これを好意の返報性と呼び、どんどんと好意的な評価となっていった二人は、やがてプライベートな情報までもを伝え合う仲となやすく、人間関係を良好に保つ自分を作ることができます。

次は顔が与える能力の影響であり、勉強や面接、仕事内容においても全て顔が良いと評価される方が、高く評価されることに結びつきやすいとの研究結果が出されていて、同じ100点でも美人の方が結局は高い評価となってしまうのは、とても悲しい現実なのです。

能力を高く評価されることは、今後のあなたの人生で得する出来事をたくさん生み出し、昇進や一流企業への就職など、裕福な生活にさせる第一歩ともなるはずです。

また、サービスしてもらったり、異性からチヤホヤされやすくなることなど、キモいを脱却することで得られるメリットは数え切れないほど存在します。

顔が全てであると実感することが多い世の中だけに、少しの工夫とアイデアで自分の見せ方を変えることは、自分自身を楽な道へと導くを可能とするのです。

 

男女での違いはほとんどない

キモい顔に対する男女での違いはほとんどなく、女性は化粧で誤魔化すことができやすいため、盛ることで自分の評価を大きく変えることができやすいことが、一番の違いであると言えるでしょう。

故に男性の中には、「女は化粧で誤魔化せるから羨ましい…」と思ってしまう人がいて、これは不細工男のあるあるであり、髪の毛を長くしやすい女性は輪郭さえもカバーしやすいことは、男性にとっては羨ましい一面でもあります。

ちなみに、「人のふり見て我が直せ」という言葉があるように、自分が気持ち悪いと思った言動などを徹底的に避けていくことも、あなたの評価を上げていくことに繋がっていきます。

こうした細かな意識の違いが、ライバルたちとの差を広げていく要因となっていくので、「人のふり見て我が直せ」ということわざを覚えておくだけでも、あなたの評価は今後少しづつ変化していくことが期待できるでしょう。

良い部分を真似できる人が成長していくように、他人の行動の悪い部分は自分自身も改め、良い部分は見習う精神を持つことは、全てのことにおいて良い循環を生み出すはずです。

関連記事:世の中不公平!顔で損すること15個が酷すぎる理由

関連記事

  1. 女々しい男にイライラする10大理由
  2. 勘違い男の10大特徴
  3. 関西人嫌いな人が納得する10の共通点
  4. 愛想悪い女が損する10の共通点
  5. うざい男の特徴と女性の本音8つ
  6. 韓国人が嫌いや気持ち悪いと言う人が絶えない理由6選
  7. 女に嫌われる男の特徴
  8. うんちくがうざい理由7選〜なぜ人々は嫌がるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP