嫌い

くどい顔の特徴とは?不愉快な思いをさせる3のポイント

「うわぁ〜くどい顔で苦手だわ!」とか「くどい顔って不愉快になるんだよね。」など、くどい顔が原因で好感度が上がりにくかったり、生理的に受け付けないと思われることも珍しくありません。

もちろんくどい顔でもモテる人もいますし、くどい顔が好みという人も世の中にはたくさんいることでしょう。

そんなくどい顔の特徴と具体的なポイントを挙げることで、なぜ不愉快に思われてしまうのか?という理由もはっきりと分かるはずです。

スポンサードリンク

くどい顔の特徴とは?

くどい顔の特徴を一言で述べると、「あっさりしていない顔」こそがくどい顔の正体です。

◯◯顔系で例えると、醤油顔があっさりしているのに対し、ソース顔があっさりしていない顔であると言えるでしょう。

ちなみに芸能界でくどい顔だとよく言われるのは、ルー大柴さんや加藤諒さんなどがネットでよく言われるくどい顔の典型的特徴となります。

こうした芸能人を参考にしつつ、以下にくどい顔の特徴をまずは挙げていきましょう。

 

各パーツがはっきりしている

くどい顔と言われる人は各パーツがあまりにもはっきりしすぎており、全てのパーツの主張が強すぎるために、くどい顔であるという評価を受けます。

特に眉、鼻、口が重要になると考えられ、眉は後に説明するのでカットしますが、鼻が大きく口も大きい人を目の前にすると、どこか圧巻されるような雰囲気を感じますよね。

目力が強く鼻筋がスッと通っている人であれば、イケメンや美人の特徴に当てはまりますが、各パーツがはっきりしすぎている人は、逆にどこか不愉快な顔であるとの評価を受けやすく、目が大きいのになぜかモテない…という悩みを持つ人もたくさんいるのではないでしょうか。

ちなみに、ルー大柴さんや加藤諒さんも各パーツがはっきりしています。

 

たらこ唇である

各パーツが大きめに加えて、たらこ唇が目立つこともくどい顔の特徴であり、他にもたらこ唇があまりにも目立つ顔つきの人は、不自然であるという本音を遠回しにくどい顔であると伝えることもあります。

整形依存症でサイボーグなどと比喩される人を目にすると、たらこ唇であまりにも不自然な顔立ちに衝撃を受けた人もいるかと思いますが、こうした人も同じくくどい顔であると言えるでしょう。

また、たらこ唇が酷すぎてくどいと言われている場合は、膨らみすぎた唇がとにかくうるさいと思われていると捉えておきましょう。

スポンサードリンク

彫りが深い

彫りが深すぎると鼻が低く団子鼻である日本人は、どこか不自然でまとまりのない顔となってしまったり、ヨーロッパ系のかっこいい顔をイメージする人にとっては、やはり違和感のある顔となってしまうのです。

彫りが深いことはソース顔の特徴でもありますが、ソース顔でイケメンや美人と評価される人には、鼻が高く切れ目が似合うなどの特徴がある一方で、ただ彫りが深いだけの人はくどい顔と見なされる原因となりかねません。

また、exciteニュースがおこなった調査によると、日本人はソース顔より醤油顔を好む人が多いという統計データが出ていたり、なんと7割もの割合で醤油顔を支持する人がいたという結果が出たのです。

こうした傾向からも、ただ彫りが深いだけの人は日本人から支持されにくく、不愉快であったりくどいと思われてしまうことに繋がっているのかもしれません。

 

童顔ではなくふけ顔

童顔と呼ばれる人の多くは醤油顔であり、ふけ顔はソース顔となるわけですが、基本的に彫りが深かったり各パーツがはっきりしている人は、ふけ顔となりやすいです。

理由としては、白人を例に挙げると分かりやすく、20代では驚くほどイケメンであったり美人であるのに対して、30代から一気に劣化してしまうのが彫りが濃い人の欠点となるからです。

これは彫りが深いことによるシワの入り方や、各パーツが大きいことにより顔が引っ張られることでシワができやすいことが関係しており、くどい顔の人にも当てはまる特徴と言えるでしょう。

実年齢より上に見られたり、老けて見られがちな人ほどくどい顔である確率は高まるとも言えそうです。

 

眉毛や体毛が濃い

各パーツがはっきりしているでもお伝えしましたが、眉はくどい顔であるかどうかを決める重点であり、眉が太くて濃い人はどうしてもくどい顔となってしまいます。

しつこい顔やうるさい顔などと言われる人の多くは、眉が太くて濃いことが原因であり、これに加えて各パーツが大きかったり主張が激しいとなれば、もうどこに集中すればいいのか分からなくなる…というのが相手側の本音となります。

そもそもくどいには、「煮詰まった濃さがある」というイメージで使う人も多いことから、眉が太くて濃い人はまさにこのイメージにぴったり当てはまりますよね。

ちなみに体毛が濃い人も同じく、ヒゲが濃かったり腕の毛が濃いなどの条件も、くどいイメージを相手に与えてしまう原因となります。

実際に加藤諒さんや小島よしおさんなどは、眉毛が太くて濃いという個性が見られます。

 

ソース顔を通り越した濃さがある

ソース顔と呼ばれることは褒め言葉に近く、彫りの濃いイケメン俳優の顔を例える際に使われるのが、ソース顔という言葉であります。

一方でくどい顔の人は、ソース顔を越した濃さが詰まっていて、それほど良いイメージで使われることも少なくなります。

どこか不快に思ってしまったり、清潔感に欠ける特徴が見られる人に対しても、全体的にくどいと表現する人もいるほどです。

 

記憶に残りやすい顔

上記の6つの特徴をまとめると、くどい顔はとにかくインパクトが強くて記憶に残りやすい顔である共通点が出てきます。

こうしたインパクトは芸能界やアイドル活動など、名前を覚えてもらう必要がある職種では武器となりますが、普通のサラリーマン等ではそれほど武器として使えることもなく、中にはコンプレックスを抱いてしまう人もいることでしょう。

くどい顔というのは、それほど良い意味で使われることもありませんし、「生理的に無理」というサインを遠回しに伝えているのかもしれません。

そもそも好意的な人に対して、くどい顔だねと伝える人は、無神経であると考えられますよね。

 

不愉快な思いをさせない3のポイント

清潔感、髪型、眉を意識しよう

くどい顔の人に対して不愉快だと思ってしまう人がいるのは、何も嘘ではなく事実であり、世の中は残酷なものです。

そんなくどい顔のあなたが、もっと自分の個性を生かして魅力的になる方法は、実はそれほど難しいことではありません。

その3つの方法とは、「清潔感、髪型、眉」を意識することであり、この3つを意識するだけであなたの印象をグッと変えることが可能となります。

まず「清潔感」に関して説明すると、体毛が濃いことに対してのケアや、顔が濃いのであればグレーやベージュなどの淡目の色の服を選ぶことで、ギラギラしたり全身主張が強い原因を改善することができます。

他にもメガネやサングラスも比較的似合いやすい傾向が見られる顔であるだけに、こうした小物を駆使することで、あなたの個性は最大に生かされるはずです。

次に「髪型」に関しては、男性であればツーブロックが似合いやすい顔ですし、女性であればさっぱりとした髪型が似合いやすい顔となるだけに、美容師と相談して自分に最も似合う髪型を見つけるといいでしょう

最後に「眉」に関しては、細くしすぎない、への字にしないことが重要であり、くどい顔の人が細くしすぎたりへの字にすることは、よりきつい顔を作ってしまう原因となるのです。

自分の顔に似た系統の芸能人を参考に眉を整えることが、最も自分の魅力が引き出されることでしょう。

 

個性と捉えるべき

いかがだったでしょうか。

くどい顔だと言われたことを欠点と受け止めるのか、それとも個性と受け止めるのかで、あなたの魅力は大きく変わってきます。

そこをコンプレックスに感じてしまえば、今後自分に自信のないネガティブ思考となり、相手の評価に敏感で流されやすい性格となってしまうことになります。

一方で個性と捉えることができれば、自分の強みを生かしつつ魅力を引き出したり、無理にくどい部分を隠そうとする必要も無くなるため、長所を最大限に生かすことができやすくなります。

捉え方一つで人生が大きく変わることは事実でありますし、何より無理のない自分らしさを主張することができれば、自ずとあなたの魅力が引き出されていくことでしょう。

パーツ全身を変えるのではなく、少しのコツとポイントを意識するだけでも、相手に与える印象というのは大きく変わるものなのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP