モテる

癖のある顔の特徴とは?意味と魅力について

「クゥー!!癖があって病み付きになる〜!」なんて評価される人は、異性から高い評価を得ている傾向にあり、実際に癖のある顔がたまらなく好きだと答える人が、あなたの近くにもたくさんいるはずです。

この1ページを読むことで、”なぜ人は癖のある顔にハマるのか?”という理由が、はっきりと明確になることは間違いありません。

また、「そもそも癖のある顔ってイケメンなの?美人なの?」という疑問を抱く人も、この1ページを読むことで全ての謎が解決することでしょう。

癖のある顔とは良い意味なのか?

癖のある顔と評価されることは、「良い意味である」と受け取ることが妥当であり、イケメンであるなどの魅力的な一面がある人に対して、多くの人が癖のある顔だと評価することになります。

逆に、ただ顔のバランスがおかしい人であった場合は、不細工であるとか、どこか残念な人であるなどの評価となるため、癖のある顔とは「高く評価されている」と受け取ることが、もっとも正しい評価となるでしょう。

それを証明するためにも、以下に癖のある顔だと評価される芸能人をまとめていくことで、魅力的な人ほど癖のある顔だと評価されていることが分かるかと思います。

 

癖のある顔の芸能人


綾野剛さん

ミステリアスな雰囲気が魅力的な綾野剛さんは、癖のある顔として高く評価される男性の1人で、爬虫類顔なんて呼ばれることもしばし見られます。

特に目が個性的だと高く評価されており、暖かいのか冷たいのか判断が難しい目に関しては、女性が「抱かれてもいいかな…」とも思えるような、不思議な魅力が詰まっています。

 

ムロツヨシさん

ムロツヨシさんは驚くほど顔が整っているわけではありませんが、異性から高い支持を得ており、どこか惹きつけられる魅力がある顔であると評価されがちです。

特にホクロや飛び出しそうな目が、女性陣から癖のある顔だと高く評価されていて、男性には分からない女性が思うイケメン俳優の典型的特徴と言えます。

顔をじーっと見つめてみると、集中して顔全体を見つめてしまうような、どこか不思議な魅力がムロツヨシさんには存在します。

 

染谷将太さん

綾野剛さんと似たタイプの染谷将太さんですが、彼も目が特徴的であり、どこか死んだような目をしているにも関わらず、ニコッと笑うと凄く可愛いことは、個性的で真似することができない、染谷将太さんならではの魅力です。

あからさまに好感度を上げようとしない姿勢が、逆に不思議な魅力へと繋がり、女心をくすぐるほどのインパクトを与えているのでしょう。

 

新井浩文さん

いかつい顔のようでありながら、おっさんっぽい一面も持つ新井浩文さんは、様々な有名女優と交際の噂が後を絶たない、モテる俳優としても有名です。

どこかつかみ所のない顔でありながら、長時間見ていても飽きないことは、彼独特の雰囲気から放たれる個性であり、癖のある顔だとの評価に繋がっていると考えられます。

 

癖のある顔の特徴は?

インパクトがある

癖のある顔の特徴は、どこかのパーツが個性的であることがインパクトのある顔へと繋がり、一度目にすると脳裏から離れほどの、覚えられやすい顔の人です。

例えばこれが不細工な人であれば、「顔のバランスが悪い」とか、「しゃくれている」などのネガティブな評価となりがちですが、癖のある顔は個性的な部分をポジティブに捉えられることで、イケメンや美人の分野として認識されることも。

それを証明するように、インパクトがあるということは、個性が独特で目立つ顔でなければなりませんので、ただ目が細くて目つきが悪いだけではなく、魅力として目立つ顔のパーツを持つ人ほど当てはまりやすいと言えるでしょう。

どこか使いにくそうな顔なのに、それを個性に生かすことができる人は、インパクトのある顔であることに加えて、他人が簡単に真似することができない、どこか不思議な魅力を持つ人物なのです。

 

パーマが似合う

癖のある芸能人を見れば一目瞭然で、癖のある顔と評価される人はパーマが似合う傾向にあり、これは女性であっても全く同じで、パーマによって少し暗い雰囲気や、不思議な感じを出すことで、より個性的で不思議な魅力を引き出すことができます。

例えば、普通にしていればそこそこ美人であるのに、わざわざ暗い雰囲気を出して、「この人は何者なんだ…」と思わせる人は、イメージに残る人でもあり、個性的な人ともなりますよね。

癖のある顔とは、ポジティブで不細工な人には当てはまらない言葉なので、個性的で目立つ顔にプラスでパーマが加わることで、周りが惹きつけられるような雰囲気を身につけ、多くの人からの注目を引き寄せるというわけです。

これを言い換えれば、何とも言えない癖のある顔と不思議な雰囲気が、より一層何とも言えない魅力を引き出し、相手に「もっと知りたい」と思わせることが、モテる秘訣となっているのでしょう。

目が笑っていない

目が笑っていない人は、どこか心に闇を抱えていそうな一面を持ち、こうした人は真顔で考え事をしているのか?それともボーッとしているのか?の見極めが難しく、目が死んでいると比喩されることが多いです。

他にも、口元だけニヤリと笑っていたり、目を開いたまま笑うなどの、不気味な仕草を見せることで相手にインパクトを与え、「この人は一体何を考えているんだろう…」と思わせる要因となります。

これが不細工であった場合は、愛想がないとか、陰キャラであるなどのネガティブ評価となりがちですが、ある程度他の部分で補うことができる人は、癖のある顔であると高く評価されます。

世の中は残酷なもので、不細工な人が目が死んでいる場合は、不審者やヤバい人であるなどの警戒心を抱かれやすい一方で、ある程度顔が整っている場合は、それが魅力に変わってしまうのです。

 

アクが強い顔である

アクが強い顔とは、「しつこさがある顔」「ムラのある顔」「どこか刺激的な顔」のことであり、「上手に扱わないと叱られてしまいそうだ…」と思われてしまうような、勘違いされやすい顔が特徴的です。

芸能人で例えると、新井浩文さんが非常に分かりやすい参考人物となり、彼は死んだような目が特徴的で、一見強面に見えがちでありますが、そうした理由が無口でも目立つことになりがちです。

一見扱いさ難しそうな顔だ…と思われることは、まさに癖のある顔に当てはまり、「怖そうなのに魅力的に見えてしまう」ことは、なんだか不思議な感覚ですよね。

ちなみにアクが強い人は、第一印象が悪いことから相手に受け入られるまでに時間がかかるため、デメリットで苦労することが多い顔となります。

 

万人ウケする顔ではない

万人ウケする人の顔こそが、イケメンや美人であるため、癖のある顔は決して万人ウケするような顔ではなく、個性的でそれを武器に自分を高く評価させる人です。

これを言い換えると、癖のある顔とは「ハマる人には凄くハマる顔」であると表現すれば、最も分かりやすい表現となるでしょうか。

人を惹きつける個性を身につけることは、長年の工夫と努力あっての結果であるため、癖のある顔と評価される芸能人が急に評価された人であったり、下積み時代が長い人が多いことも納得です。

 

普通以上に顔が整っている

癖のある顔とは高く評価されているわけですから、こうした人は普通以上に顔が整っている必要があり、そうした条件が整っているからこそ、欠点とも思える部分でさえも長所に変えることができます。

ファッションで例えると分かりやすく、不細工がどれだけ高い服を着ようが、それほど高く評価されることはありませんが、イケメンが安い服を着ても様になったり、安物に見えないことは、まさに顔が与える印象そのものです。

記事中に何度も述べていますが、世の中は顔が整っている方が得することが多く、これもイケメンや美人が得することの1つと言えます。

 

魅力はどこにある?

どこか知的に見える

癖のある顔の人は、目が死んでいたり真顔であっても評価される人であるので、その姿がどこか知的に見えてしまい、凄く理論的で賢そうな印象を持たれがちです。

これは研究結果でもはっきりしており、顔の評価が高い人ほど仕事ができる人だと思われやすく、給料が高い傾向にある他、面接でも採用されやすい傾向がはっきり出ています。

また、綾野剛さんは話すスピードがゆったりで、メガネをかけることも多いですが、イギリスの検眼士専門学校の調査によると、こうした人は知的に見られやすく、多くの人を惹きつける人物であるそうです。

「綾野剛以外当てはまらないじゃん!」と指摘する人もいるかと思いますが、これがなくとも、癖のある顔の人は普通以上の顔の人であるため、ハロー効果により知的に見られやすいことは間違いありません。

 

もっと知りたいと思う

知的な人はミステリアスな魅力があるので、「もっとこの人を知っていきたい…」との好奇心をくすぐり、謎の部分を持つ人物です。

ミステリアスな人の特徴として、個性があることが絶対条件となりますが、癖のある顔の人は個性が強いことに加えて、顔が普通以上であるので、第一印象から興味を持たれやすいことが、なぜかモテる秘訣となっているのでしょう。

もっとあなたのことを知りたいと思わせることは、次のデートに繋がることは言うまでもなく、相手を知るためには自分を知ってもらう必要があるので、ある意味相手からアピールされややすいことは、癖のある顔の人の恋愛面での特徴と考えることができます。

ギャップが素晴らしい

癖のある顔の人は、個性的でインパクトがあるため第一印象にて、「こんな人物ではないだろうか…」という勘違いが起こりやすく、凄く近寄りがたい雰囲気であるとか、知的で話しかけずらいと思われてしまうことも。

しかしながら、こうしたイメージがギャップ効果を生み出した結果、物凄く魅力的であると評価されたり、それをきっかけに惚れられることも少なくありません。

本来であれば、イケメンや美人ほど悪いギャップ効果が働きがちで、第一印象で高い評価をされやすい顔が整っている人ほど、イメージとは違う一面が見えることで、評価を落としてしまいやすいですが、癖のある顔の人は違います。

逆に少しネガティブなイメージも抱かれることで、顔が整っているのに良いギャップ効果も働きやすい人物であるため、癖のある顔ほどモテる理由がここにも隠されています。

 

色気がある

癖のある顔が色気を引き出す要因となることもあり、色気とは顔、仕草、体型などから引き出されるものです。

ミステリアスな印象やギャップ効果を生み出しやすい癖のある顔は、個性を生かすことで色気を引き出しやすく、芸能界でも個性的で色気のあるキャラが多いのも、これが大きく関係しています。

この色気を出すためには、自分自身をしっかりと知る必要があり、ある程度キャラを作る必要もあるため、癖のある顔で色気が凄い人物がいたとすれば、その人は自分自身のことを理解しており、客観的に自分を見れている人である可能性が高いです。

 

なぜか惹きつけられる

癖のある顔の人は、美しくて惹き付けられるのではなくて、なぜか惹きつけられる魅力を持っていて、とっても美しい女性に見とれてしまうと言うよりも、なぜか気になる存在だと思われやすいです。

これこそが癖のある顔の不思議な魅力にあり、ハマると熱狂的ファンになってしまったり、一瞬で落ちてしまう人が非常に多いことも、癖のある顔の特徴と言えるでしょう。

つまり、癖のある顔とは評価が大きく分かれやすく、一方ではそこそこだと評価されているのに対して、一方は凄く魅力的だと評価するような大きな差が生まれやすく、万人ウケするような顔ではないことが、ここからも分かります。

 

「まとめ」癖=魅力と同じ意味

いかがだったでしょうか。

特に顔に目立つ個性がない人は、癖のある顔になることは整形が必要となるため、多くの人が真似することができない、とても個性的な魅力があることが分かりました。

癖があるとは言わば、「個性が素晴らしい」と評価されているようなものなので、癖がある顔だと評価されたあなたは、その個性を伸ばしていくべきでしょう。

誰にでも万人ウケする人物の真似はできますが、癖のある顔の真似は不可能であり、ライバルと大きな差をつける可能性を秘める、素晴らしいポテンシャルが隠れています。

ネガティブ思考な人は、ついつい悪い方向に捉えることで個性を殺してしまいがちなので、それが理由で自分の個性と魅力を失うようでは、自分の良さを潰してしまっているようなものなのです。

癖のある顔を目指したいのであれば、まずは自分の個性を最大に生かしすポイントを知ることから始めてみましょう。

また、「眠たそうな顔は目がポイント!特徴や原因とは?」もセットで読んでみませんか?

こちらもよく勘違いされがちな顔で、癖のある顔よりもメリットが少なく、デメリットが多くなるか顔となります。

関連記事

  1. 世の中不公平!顔で損すること15個が酷すぎる理由
  2. 魅力的な男性の条件~惚れ惚れする瞬間10選
  3. 知的な女性の特徴
  4. 犬系男子の15大特徴(あるある)
  5. 男性のダサいファッションの特徴・共通点10選
  6. なぜオタクはきもいと言われるのか?
  7. 老けて見える10大原因
  8. 男らしいワイルド系男子の10大特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP