生活

親が金持ちで圧倒的に有利なこと8個

「親が金持ちな家庭って羨ましいよなぁ…」と思うことは、普通の家庭で育った人にとって誰もが一度は抱く思いで、金持ちの家に遊びに行くともなれば、多くの人がワクワクとした気持ちになります。

あなたは知らないかもしれませんが、親が金持ちであることは人生にとって圧倒的に有利に働くことが多く、過去の様々な調査結果からもしっかりと傾向が出ているほどです。

この1ページでは、親の年収次第で人生が大きく変わるかもしれない、残酷すぎる現実を8個に選別して紹介していきます。

残酷!親の年収で大きく変わる事実8

子供の可能性が無限大に広がる

子供の可能性は無限大だとよく表現されますが、実際に子供の可能性を広げることができるのは、親の努力であったり習い事が重要となります。

貧乏で生活が厳しい家庭に育った子供と、裕福で生活が豊かな家庭に育った子供を比べてみると、子供に多くの時間を費やせる環境を作りやすいのも、様々な習い事に通わせることができるのも、親が金持ちである方が当てはまりやすいです。

まだ子供のあなたは、「そんなの別に羨ましくないや」と思うかもしれませんが、子供の可能性を無限大に広げてあげるのか、それとも我慢させるのかでは、将来的に大きな違いが見られやすいことは、言うまでも無い事実なのです。

例えば、子供に小さな頃から英語を徹底的に習わせる家庭であるか、働きづめで子供にあまり手をかけれない家庭であるかでは、子供が小さな段階で学力に大きな差が出ますし、おまけに日本はまだまだ学歴社会であります。

他にも、ゴルフやフィギュアスケートなどはお金がかかる習い事であるため、貧困層の子供は習うことすら難しいですし、1つの習い事さえも通い続けるのが難しい家庭は、子供の可能性を広げることができていません。

ちなみに、親が金持ちな家庭ほど高いレベルで習い事を続けることが可能であり、様々な可能性を広げることもできやすいために、思春期ともなれば大きな実力差が生まれてしまいやすいのは、親の年収が大きく影響しているとのデータも世界各国で出されているほどです。

 

親の年収と子供の学力は比例する

親の年収と学力が比例することは、日本の様々な機関での調査結果でも明らかとなっており、東京大学大学院教育学研究科が行った研究結果によると、以下のような調査結果が出されています。


引用元:東京大学 大学経営・政策研究センター「両親年収別の高校卒業後の進路」

こちらのデータを見れば年収と学歴の差は一目瞭然で、年収800万を超えると4年生大学への進学は50%を超え、逆に専門学校への入学が減少傾向にあることが、はっきりとわかるデータとなっています。

最も、今の時代は大学に行けばそれで良しという時代でもありませんし、専門学校に通うことで特化した能力をつけることも重要でありますが、親の年収によって子供が顔色を伺うのは、まぎれも無い事実なのです。

よく貧乏な家庭の子供ほど親の顔色を伺い、進学することを諦めるというエピソードを耳にしますが、家庭が苦しいことが理解できる年齢ともなれば、親に苦労をかけまいと子供が辛抱する必要が出てくる一方で、親がお金持ちである場合は、こうした心配をかけることもありません。

さらに先ほど紹介したように、子供の可能性を無限大に広げることができやすいお金持ちの家庭は、自ずと学力も上がりやすい環境作りができやすいのです。

優秀な遺伝子との融合である

貧乏人が劣化した遺伝子であると伝えるのは、どこか違和感がありますし、貧しい家庭からスーパースターが出現することはよくあることですが、親が金持ちである場合は、普通の家庭よりも優秀な遺伝子である可能性が高くなります。

例えば、お金持ちの家庭のパートナーを参考にすると、美人であったりイケメンと結婚している人が多かったり、またはスポーツで優秀な成績を残した人との遺伝子であったりするので、優れた遺伝子を残しやすいと言えます。

これは優秀な遺伝子とはどういう遺伝子なのか?を考えてみると、優秀な遺伝子とは異性がパートナーとして自分の子孫を残したい人であるため、美人やイケメンと結婚することで顔が整いやすかったり、親が金持ち=権力や実力があることに繋がることは、相手は優秀な遺伝子だと判断する基準となるのです。

芸能界で成功を収めた人や、大企業の社長などには多くの人が結婚したいと感じるわけですが、これは「優秀な遺伝子を残したい」という、人間の本能が関係していると心理学では考えられています。

ちなみに年収と学力であっても、東京大学が在校生の家庭状況を調査した「2010年学生生活実態調査の結果」(2011年12月発行)によると、東大生の親の年収950万円以上が51.8%であったと発表しており、親の年収が高いほど、学力が優秀な子供となりやすいことも分かっています。

 

育ちが違うので上品

親が金持ちである家庭ほど子供が上品に育ちやすく、小さな頃から欲しいものを手にいれることができる環境であるために、心に余裕を持つことができたり、物欲がそれほど強くないため強欲になりにくい、お金に対してきちんとしているなどの特徴が見られます。

上品に育つことのメリットは、大人になると多くの人が下品な人を嫌いますし、下品であるだけで人格まで否定されてしまう世の中であるため、上品に育つことはメリットが大きいと言えるでしょう。

さらに上品な人には上品な人が集まりやすく、こうした人たちは育ちがいい人であるか、生活に余裕がある人が多くなるため、結果的に金持ちには金持ちが集まる好循環を作ることにも繋がります。

環境によって人は大きく変わることができますし、様々な成功するチャンスを引き寄せることも環境が重要となるので、親が金持ちな家庭ほど子供も成功者となりやすい要因の1つと考えられています。

 

快適な生活=従われやすい

親が金持ちな家庭ほどより快適な生活を送ることが可能で、夏であればクーラーを心なく使えますし、冬であれば暖房を心なく使うことができます。

他にも、欲しいゲームがあればすぐに買ってもらえたり、最新の家電機器を家に置いてあるなど、こうした要素は人気者となれる要因の1つであり、他人が家に行きたいかどうかを決める基準の1つです。

「そんなの本当の友達じゃない…」なんて思う人もいるかもしれませんが、大人になると本当の友達なんて数人いれば凄い方ですし、子供の頃の付き合いは深く浅くがほとんどです。

子供の頃に、お金持ちの家庭に遊びに行ったことがとても楽しかったとか、快適で毎日行きたいくらいだったなどの思い出がある人もいるように、快適な生活を送る子供は従われやすく、孤立することを回避できる唯一無二の強さなのです。

全く人格も見た目も同じ人物がいたとして、お金持ちであるか貧乏であるかのどちらかであれば、お金持ちの家庭に遊びに行きたいと考えてしまうのは、あなたも同じではないでしょうか。

 

将来の資金に困ることが少ない

子供が将来頭を悩ますことは、結婚後の生活であったり、老後の生活資金、一軒家の購入、車の購入など様々なことでありますが、親が金持ちであればこうした悩みを抱くことも少なく、むしろ親の資産で豊な生活を送ることができます。

例えば、結婚後に両親に一軒家をプレゼントされるとすれば、人生において大きな買い物は済んだも同然であるために、今後の生活がかなり楽になることが想定できます。

庶民と呼ばれる家庭で育った子供の場合は、そもそも結婚することはお金がたくさん必要であるため、結婚を諦めてしまうことになったり、一軒家を購入してもローン地獄で生活が苦しいことになりがちですが、親が金持ちであればこうした苦労もなくなります。

最も、子供に苦労させるためにあえて厳しい道を選ばせる親もいるでしょうが、後々の遺産相続のことを考えると、社会人になった後も圧倒的有利な状況で日常生活を送ることができます。

将来の資金に困ることがなかったり、心配することが少なくなることは、生きることに余裕を与える素晴らしい効果が見られ、生きることが苦痛に感じる原因をなくし、生きることを楽しいとすら思わせてくれるので、親が金持ちであることは心の不安を軽減する効果が大きいです。

親が金持ちなだけでモテる

親が金持ちなだけでモテることは当たり前で、多くの人が玉の輿や逆玉に乗りたい気持ちを持っていて、安定した生活や円満な夫婦生活を送るには、貯金額がかなり重要な部分となってくるからです。

貧乏な家庭はお金のことで夫婦喧嘩が絶えないですし、安定しない生活は不安や不満を抱きやすい心理状態となることで、非常にストレスの溜まる生活をすることに繋がります。

女性が結婚相手に求める年収を見れば一目瞭然で、お金は人を魅力的に思わせる魔法の力を持っていて、それは本人でなくとも親が金持ちであるだけでも、本人まで凄い人物であったり、注目されるべき人物として見られる力を秘めています。

さらに、これにイケメンであったり高学歴なプラス要素が合わさるとすれば、モテる条件が整いすぎているとも言えるほど、小さな頃からチヤホヤされる人生を歩むことができるはずです。

どれだけ不細工でも資産家の子供の隣にはイケメン美人がいて、こうした人を横につけることで自分の価値を高めたり、優越感に浸ることができることも、親が金持ちであることの特権となります。

 

悩みの多くはお金で解決できる

これから先、長い人生を生きていく時に抱く悩みの多くはお金で解決でき、お金は愛さえも買えてしまうほどの魅力が詰まっているため、親が金持ちで苦労することはあろうとも、貧乏であるより圧倒的に恵まれていることは間違いありません。

体の健康あってこそのお金であると言う人もいますが、入院する時にもお金はかかりますし、人生どこで何があるかは本当に分からないので、常にお金に余裕がある人生である方が、楽に生きることは出来やすいのです。

受験にしても入院にしても、衣食住にしても全てお金が必要となるので、親が金持ちであれば悩みの多くをお金で解決でき、犯罪さえも保釈金で許されてしまうほど、世の中は収入の違いで人生が大きく有利に働くことが多いです。

 

一方で、裕福だからこその悩みも…

嫉妬や先入観を持たれやすい

親が金持ちなことは恵まれていることに間違いありませんが、だからこその苦悩も存在し、こうした苦悩は他人が共感しにくいことであるため、悩みのタネとなりやすいことも、ここではまとめておきましょう。

特に裕福な家庭で育った子供は、「自慢」と受け止められやすく、例えば旅行に行った話をしても自慢話だとか、普段の何気ない話をするのが自慢話だなどと、悪い方向に捉えられてしまうことが多いです。

これは嫉妬されていることが原因で、自慢する気は無くとも嫉妬している人は、相手の粗探しをすることで批判的となり、相手を認めようとすることはしません。

親が経営者であった場合は、親の仕事関係の人付き合いも子供の頃から大変ですし、ブランドの服を着ているだけでも批判されるなど、親が金持ちならではの悩みもたくさんあり、こうした悩みは裕福な家庭に育った子供にしか共感できないので、結局は金持ち同士での付き合いが楽に感じやすくなりがちです。

また、家庭によっては固定資産税や相続税に怯え、「将来自分は払えないんじゃないだろうか」などの不安を抱えている人もいるため、親が金持ちで必ずしも人生幸せになれるのかと言えば、そうとは言い切れない部分もあります。

 

「結論」子供は親を見て育つ

いかがだったでしょうか。

子供は親を見て育つので、金持ちの子供が必ずしも素晴らしい人間に育つといえばそうではないですし、金持ちでも厳しい環境で育った子供も必ず存在するはずです。

親が仕事ばかりで子供を後回しにする家庭や、DVや虐待に走る親がこの世には腐るほどいるのですから、こうした家庭で育った子供が本当に幸せなのかどうかは、本人にしか分からないことです。

しかしながら、十分な愛情を注がれて育った子供や、きちんとした親の元で生まれた子供に関しては、親の仕事がうまく続くうちは、生まれながらにして人生勝ち組の可能性をぐっと引き寄せます。

結果を出し続けて背中を見せ続ける親であった場合は、子供も将来的に結果を出し続ける有能な経営者となれるかもしれないのも、親が金持ちで有利なことの1つに挙げることができそうですね。

また、「世の中不公平!顔で損すること15個が酷すぎる理由」もセットで読んでみませんか?

親の年収と同様に、世の中は顔の違いでも大きく損してしまう不公平なことに溢れていて、その現実をまとめた1ページとなります。

関連記事

  1. プロサーファーの年収と収入の実態
  2. 年収1200万の手取りと貯金の目安
  3. 10円玉の重さとレアな年代などの雑学集
  4. 大富豪の生活や家が規格外過ぎる!
  5. 年収1000万以上稼ぐ職業はこれだ!
  6. お金持ちに多い苗字やオーラといえば?
  7. 一攫千金方法を狙うならどれがいい?
  8. 年収300万の手取りと生活レベル4選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP