モテる

料理男子がモテる心理7選を暴露します!

家事や育児に協力的な男性ほどモテる!なんて言葉をよく耳にしますが、男性の中には、「そりゃ負担を減らしてくれる男の方がいいに決まってる」と思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。

実は料理男子がモテる理由というのは、それ以外にも理由が存在し、女心をくすぐるある心理が関係しているからだと考えることができます。

そんな料理男子がモテるという謎を、この1ページでは暴露していきます。

スポンサードリンク

料理男子がモテる理由

ギャップ効果

ギャップ効果とは、「見た目から抱くイメージと行動が大きく違った時に起こる心理効果」であり、女性はギャップに弱いと心理学の世界では言われています。

例えば、強面でガタイのいい男性が実は料理男子であったり、スイーツが大好きであった場合、ギャップ効果によって女性の気持ちは高ぶり、高感度がぐっとアップします。

これは最初に抱くマイナスのイメージから、プラスのイメージに転じたことにより、高感度が大きくアップすることによるものであると考えられており、人は驚きの感情を感じた時には、気持ちが自然と高ぶってしまうものなのです。

また、このギャップ効果はもう1つのパターンも考えられ、それは女性が男性=家事はできないと思い込んでいた場合です。

このような場合も、料理ができることによるギャップができるために、その女性に好意的に思われる確率は上がると言えるでしょう。

つまり、モテる料理男子になりたいのであれば、あらかじめ料理が得意ということを隠しておいて、サプライズ的感覚で料理が上手だということを見せると、心理効果を最大限に活かせるということになります。

 

プレゼントが大好き

女性はサプライズが大好きでありますが、実は女性はプレゼントをすることも好きな傾向にあり、お互いにプレゼントをし合うような行為は、女心をくすぐります。

これは女性特有の脳が関係していると考えられており、女性は最近の相手の情報を知りたがる傾向にあるために、相手が何を欲しがっているのかという最新情報を、常に頭に入れておくことが得意でもあるため、相手が喜ぶプレゼント選びができやすく、相手の喜ぶ顔を見ることによって、自己満足しやすいのです。

その証拠に、嫁は旦那の情報をよく知っていますが、旦那は嫁のことを何も知らないという家庭が多いです。

また、女性はバレンタインになると、友チョコとして、女友達同士でチョコを交換したりする場面からも、プレゼントを交換し合うことが好きであると言えます。

そもそも料理というのは、プレゼントをする感覚に非常に似ており、相手のためを思って好みの料理を料理を作っていた場合、それは受け手にとってはプレゼントとも考えることができるのです。

女性が男性からの料理を一種のプレゼントであると思っていた場合、何もプレゼントをしない男性よりも、料理男子がモテやすいというのも納得ですし、お互いにプレゼントし合える関係も作りやすくなるのです。

さらに、料理はサプライズとして使うこともできるために、女性を喜ばす幅を広げることにも繋がります。

スポンサードリンク

好意の返報性

好意の返報性とは、「好意的に相手のことを思うと、その相手から好意を抱かれやすい」という心理効果のことであり、多くの人は好きな人に対して優しさや思いやりを見せますが、これは好意の返報性によって、いい人であると思われることから、好意的に思われやすくなります。

さらに人は、好意を与えられると好意を返したくなるという性質があるために、料理男子が料理をプレゼントすることは、お返したしたいと思わせる心理テクニックともなるのです。

あなたの人生を思い出してみても、好意的に思っている人とは仲良しであり、嫌悪的に思っている人は自然と不仲であったり、心を開けない関係であったのではないでしょうか。

これこそ好意の返報性の効果であります。

また、料理はそれほど相手に気を使わせないプレゼントであるために、相手に嫌な気分や気を使わせないといったことから、料理男子はモテやすいと言うことができるのです。

 

協調性が高い

男性の場合、競争心が強いために攻撃的であり、闘争心に火がつくと、勝つまで必死になって戦ってしまうようなシーンを、ゲームやスポーツなどでもよく目にしますが、女性は違います。

女性は協調性が高い傾向が見られるため、誰かと一緒に目的を達成することや、助け合って一つのことに取り組むことが好きな性格であります。

例えば、料理をする場合に、男性と女性が一緒に1つの目標に向かって料理を作っているとすれば?

これはまさに、女性にとっては楽しいことであり、さらに平和なことを望む女性からすれば、勝ち負けをつけるわけでもない料理を作ることは、楽しいデートそのものなのです。

当然やり方や会話内容などにもよるでしょうが、協調性が高く平和主義な女性にとって、料理デートは決して悪くない選択であるため、料理男子はモテやすいということに繋がります。

 

共感してほしい女性

聞き上手な男性はモテると言いますが、これはその通りであり、女性は共感指数が高いということが分かっているため、ただ話を共感してほしいという気持ちが強いです。

料理も同じであり、一緒に料理をするということは、その時の感情を共感するわけですから、女性にとっては幸せな楽しい時間であるという認識をされやすくなるということに繋がります。

もちろん女性であっても共感指数が低い人はいますが、基本的に男性よりも女性の方が共感性は高いです。

これを会話に例えると、共感してほしいだけの女性に対して、男性はよくアドバイスをしてしまいがちですが、女性からすれば最後までしっかりと話を聞いてくれると、それでOKなのです。

料理も同じであり、料理男子との楽しい感情などを共にすることが大事であり、口うるさくアドバイスをすることはNGであるため、そこは勘違いしないように。

 

密接ゾーンの関係

料理を共同作業でする場合、キッチンスペースというのは限られてくるため、より親密な距離感で会話を進めることもできますし、ボディタッチなども比較的しやすい距離となります。

人はそれぞれにパーソナルスペースという許容範囲があり、恋人などの最も親しい関係である人を許す許容範囲というのが、密接ゾーンとなります。

密接ゾーンの特徴としては、手が触れるほどの近い距離となるため、お互いにドキドキしやすい距離であり、0~45cmを正式には密接ゾーンと呼びます。

この密接ゾーンでは、お互いにドキドキしやすいために、吊り橋効果が期待できるとも考えることができ、吊り橋効果とは「吊り橋を渡る際のドキドキが、恋をしていると勘違いしてしまう」脳の錯覚のことを指します。

つまり料理男子というのは、吊り橋に連れていく必要がなくとも、料理を共同作業ですることによって、吊り橋効果を意図的に狙えるということになるため、モテる確率も上がると言えるのです。

ちなみに吊り橋効果は、緊張や興奮する場所であれば、どこでも良いと言われています。

 

プロセスが大事

男性は競争心が強いために、勝ち負けをはっきりとさせたがる傾向があり、何より結果を大事にします。

一方で女性は結果よりもプロセスを大事にする傾向にあり、自分の感情や話題を知ってもらってから、自分なりに結論を出すような考え方をします。

だからこそ、料理を一緒にするというプロセスが非常に大事であり、料理の味は二の次なのです。

この際に、女性は結果と同時にプロセスを褒めてあげると、嬉しさが倍になるということを覚えておきましょう。

一緒に何か1つのことを達成する目的を作りやすい料理男子というのは、プロセスを大事にしたい女性にとって、いかに良いデートであるのかというのが分かりますね。

 

では、料理男子はモテるため?

連想効果

連想効果とは、「過去に経験したことやイメージ、または情報が、将来的なイメージに影響を与えること」であり、料理男子になる人というのは、過去が深く関係している可能性が考えられます。

例えば、料理を作ってくれた親がいつも楽しそうに料理を作っていた、いつも綺麗で美味しい料理を作ってくれた、親の手料理が楽しみで仕方なかったなど、料理に関する良いイメージを持っていれば、自然とその後の料理に対するイメージが良くなります。

このような環境で育ってきた、またはたくさんこのような経験をしてきた男性にとっては、料理=良いイメージがあるために、料理男子として料理が上手になっていったのかもしれません。

料理をすることに抵抗がないのであれば、自分で料理を作ることは、何ら不思議なことではないのです。

 

探究心の強さ

探究心が強い人にとって、料理は非常に性格が合う趣味となりやすく、料理というのは同じ見た目や味付けであっても、少しの工夫で味が大きく変わる、単純そうで奥深いものです。

だからこそ探究心が強い男性であった場合は、その奥深さに熱中しやすく、さらに男性は一つのことに集中する能力に長けているため、一点集中できる趣味や追求するような作業というのは、案外得意であるとも言えます。

例えば、学者になる人は男性の方が多いですし、理系に行く人も男性の方が多いのも、こうした男性特有の性質が関係しています。

味や盛り付けなどにも異常なこだわりがある場合は、探究心が強い性格である可能性が高まります。

 

モテたいため

何だかんだと言っても、モテるために料理を始めたという男性も多くいるはずです。

料理ができる男性というのはイメージが悪くなるとは考えにくいですし、家に女性を呼びやすいといった理由から、料理を始める男性もいることでしょう。

ギャップ効果などの様々な心理効果により、女性にモテやすくなる理由がたくさんあるだけに、モテたい男性が料理を始めてみることは、間違いではありません。

 

料理は武器である

いかがだったでしょうか。

料理男子がモテる心理を7つお伝えしてきましたが、料理ができることは武器であり、これは一生使える武器であるということが分かりました。

モテる男というのは、必ず何か1つは武器を持っているものであり、経済力や容姿や包容力など、モテるには必ずどこか理由が存在します。

さらにチャレンジ精神というのは、モチベーションを高く持つことや意欲向上にも役立つため、料理にチャレンジしたいという人がいる場合は、ぜひ未知の世界に足を踏み込んでみましょう。

女性が料理上手であれば嬉しいように、女性も男性が料理上手であれば嬉しいものなのです。

また、「男はバカで単純!女が理解不能な特徴的言動12選って知ってる?」もセットで読んでみましょう。

女性が理解不能な言動を、あなたはご存知ですか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP