モテる

そこそこ美人/そこそこ可愛い人の特徴と本当の意味

「そこそこ美人/可愛いね!」と言われても、「えっ、それって喜んでいいの?」と疑問に感じ、そもそも褒め言葉なのかどうかすら怪しいと思う言葉の1つが、そこそこであります。

そこそこと言われると、つい「何様のつもりだ!」と思う人もいるかもしれませんが、実は褒め言葉で”ある言葉が隠れている”可能性も十分に考えられます。

さらに、「そこそこって一番モテる人じゃないの?」と疑問に思いながらも、全くモテない理由が分からないと、頭を悩ます人もたくさんいます。

そんな人も、この1ページを読むことで本当の意味やモテる人/モテない人の違いが分かり、自分の強みを知ることができるはずです。

本当の意味は褒め言葉なのか?

本当の意味を知る前に、「そこそこ」の意味をはっきりさせることで、より明確に褒め言葉かどうかの真意がはっきりすることでしょう。

そこそこの意味とは、以下のようになります。

十分とはいえないが,一応満足できる程度であるさま。

つまり、そこそこ美人/可愛いと言われる意味は、「人並みに」とか「可もなく不可もなく」という意味となり、決してブサイクではないことがはっきりしました。

次に、どんな場面で使う言葉となるのか、男の本音を暴露すれば以下のような意味合いで使われることが多いです。

ブサイクではないから、恋人は簡単にできるだろう

ブサイクではないので、俺の付き合える範囲内だ

中の中くらいの顔だから、男が寄ってきそうな感じな顔かな

上記のような意味合いで使われることが多く、その人の性格によっては「見下している」と判断しても間違いではありません。

もっと簡単に言い換えると、普通ではなく、そこそこを使う理由は「結構よりも少し下」の意味であると捉えておくと良いでしょう。

つまりあなたは、結構モテそうな人ではなく、そこそこ人並みにモテそうな人だと思われていると考えるのが妥当です。

そこそこ美人/可愛い人はこんな人!

中の中〜上の間くらいの顔

「そこそこ裕福、そこそこ賢いとはどのような人か?」を考えると、平均よりも少し上のレベルであるが答えとなり、顔レベルで例えると中の中〜上レベルの間がそこそこ美人/可愛い人の特徴となります。

まさに普通よりも少し上のレベルとなり、中の上ではない理由は、「中の上はモテる人が多い」ことにあります。

決してそこそこ美人/可愛い人がモテないと言ってるわけではなく、中の上にあたるモテる人は、結構美人/可愛いに当てはまり、そこより少し下であると伝えたいのです。

ネガティブに捉えるのであれば、美人や可愛い人に入れるかどうか微妙なラインとも言えますが、ポジティブに捉えると、少しの努力で美人や可愛い人のラインに入れるとも言えます。

ある程度顔が整っていたり、スタイルが良い、仕草が可愛い人などが言われやすい言葉となります。

 

苦労しそうにない容姿

中の中〜上レベルということは、恋愛において苦労しそうにないと判断されやすく、「君は本気を出せば恋人を作ることは可能だろう」という本音も、「そこそこ」に隠れた意味となります。

決してブサイクではないのだから、自分のアピール方法さえ分かればすぐチヤホヤされたり、惚れられるであろうと思われやすい容姿の人ほど、そこそこと言われやすい特徴が見られ、実際に恋愛にはそれほど苦労しない人も多いのではないでしょうか。

「そこそこ裕福な人」を例に挙げると、そこそこ裕福な人は、決して貧しい生活をする必要はないですし、それなりに趣味を楽しむことができる人であります。

これと同じように、本当にそこそこ美人/可愛い人は恋愛に苦労しないはずであり、もし全くモテないのであれば、何らかのモテない原因があるはずです。

そちらについては、後のモテる人とモテない人の違いを確認すると、原因がはっきりするはずです。

男が声をかけやすいレベル

男はプライドが高くて負けず嫌いな性質を持つため、女性であっても、そこそこ以上の女性を狙いやすい傾向にあります。

さらに誰でも振られたり嫌われることを恐れるため、そこそこ美人であったり可愛い人の場合は、「相手にしてもらえるかもしれない」と判断しやすいことから、声をかけられやすい特徴が見られるはずです。

美人すぎたり可愛すぎる女性がモテない理由がまさにこれであり、男性陣は美人や可愛い人に対しては、「どうせ恋人がいる」とか「相手にしてもらえない」と判断することで、無意識のうちに美人や可愛い人を避けてしまう人もいます。

一方でそこそこの場合は、特にイケメンでもない男性であっても、アプローチすることで少し上の女性を落として、周りの男性陣より美人をつけることで、自分の評価も上げようとする心理が働きやすいのです。

高嶺の花を落としたがる男性がいるのも、こうした心理が関係しており、そこそこ美人であったり可愛い人ほど、普通よりも少し下の人にモテやすいと考えることができます。

 

2つくらい惜しいと判断される容姿

完璧すぎない一部が惜しいと判断される容姿は、結構美人/可愛いと評価されることが多くなり、もう1つ惜しいと判断されるレベルの容姿が、そこそこ美人/可愛いと評価される人が多くなります。

例えば、少し目が離れていて身長が低すぎる、小顔ではなく短足であるなど、全体的なバランスを見て評価した際に、2つくらい惜しいと判断される人こそが、そこそこと言われる人の特徴と言えるでしょう。

これは美人や可愛い人で考えた場合となりますので、普通な人を基準とすれば、もちろん優れている部分がいくつかあると考えることもできます。

そこそこ美人/可愛い人が、2つくらい惜しいと判断されるとなれば、非常に厳しい評価となりますが、あくまで美人や可愛い人を基準とした場合の評価です。

一般的には評価がそこそこ高いはずなので、この特徴を知っても悲観的にはならず、ポジティブに捉えることが重要です。

 

好き嫌いが分かれる顔

「ある人にはとても好かれる顔なのに、ある人には全く興味を持たれない…」こんな人も、そこそこ美人/可愛い人の特徴に当てはまり、好き嫌いが分かれる顔であると表現するのが正しいです。

例えば、おじさんウケはいいのに若者ウケは微妙だという人は、おじさんにとっては魅力的に見えるわけですから、ブサイクであったりモテないわけではありません。

他にも、キツネ目を凄く評価してくれる男性もいれば、苦手だという男性もいるはずです。

基本的に美人や可愛いと評価される人の場合、キツネ目が苦手でもしっかりと評価されるのに対して、そこそこと言われる人は評価されにくい違いが見られます。

まさに評価しにくい人からすれば、決してブサイクなわけではないのですから、そこそこと評価することが妥当と言えるでしょう。

 

いい女ぶると痛い人と言われる

女のライバルは女と言われますが、そこそこ美人/可愛い人が、「いかにも自分はいい女である」アピールをしていると、痛い人であると悪口を言われたり、バカにされやすいです。

理由は簡単で、「お前ごときがいい女ぶるな!」と思われやすいことにあり、ライバルである女性陣は、「お前はそこまで高く評価していない」という本音から、悪口のターゲットとなりやすいです。

あなたも同じかと思いますが、明らかに美人でなかったり可愛い女性ではないのに、いい女ぶっている女性に対してイラっとしたり、見下したりした経験があるのではないでしょうか。

可愛い女性は自分と同じレベルの女性に嫉妬しやすいことからも、そこそこ美人/可愛い女性は普通レベルの女性に嫉妬されやすいため、当てはまる幅が広くなってしまうのです。

いい女ぶる女性はそもそも女の敵でありますが、世の中は普通だと評価される女性が多いために、そこそこ美人/可愛い女性ほど悪口の対象となる絶対数が多くなるのです。

 

モテると女に叩かれやすい

上記でもお伝えしたように、普通だと評価される女性が多いことから、ライバル視されることが多いそこそこ美人/可愛い人は、モテると叩かれやすいという特徴も挙げることができます。

人は面白いことに、自分が勝てそうだと判断した人に負けた事実を知れば、自分が負けていないことを正当化するために、相手の評価を落とすような発言が多く見られるようになります。

「争いは同じレベルでしか発生しない」という有名な言葉がありますが、人は誰でも自分を高く評価する傾向にあるため、同じようなレベルであっても自分の方が上だと評価した結果、相手の方がモテる事実が発覚した時には、嫉妬心が怒りに変わり、叩く行為をするようになります。

美人ほど美人をライバル視していることと同じように、自分を過大評価する普通の女性は、そこそこ美人/可愛い女性をライバル視しやすいのです。

人は思い込んでいた事実と、認められない事実が発覚した時には、嫉妬してしまうんですね。

 

垢抜けない女性

垢抜けない女性はファッションがダサかったり、外見が地味、表情が硬いなど、どこか惜しい女性が多く、石原さとみさんを例あげると分かりやすいです。

彼女は今や、可愛らしい女性の代表格となっていますが、昔は地味で垢抜けない女性として、今ほど評価は高くありませんでした。

そこそこと評価される女性は、恋愛や都会に暮らしてみることで、大きな転機が訪れるかもしれません。

一度周りに「私は垢抜けていない女性だろうか?」と聞いてみることで、あなたの正当な評価を知ることができるでしょう。

先ほどもお伝えした通り、人は自分を高く評価してしまうので、まともな評価を知る良いきっかけにもなるはずです。

 

モテる人/モテない人の違いは?

理想が高すぎるor無謀な恋愛

理想が高すぎる人は、いつまでたっても恋が実らなかったり、その原因が自分の理想にあることを理解できていない、または恋人ができない理由を相手のせいにしている人です。

理想が高いことは悪いことではなく、自分の遺伝子を残す意味で考えると、理にかなった条件ですが、取り合いになるような男性にはライバルが多いのも事実。

特に男性は高嶺の花に挑みたい気持ちが強いので、イケメンであれば絶世の美女と評価されるほどの女性を狙ったり、自分と同等以上の女性を狙うことが多くなるはずです。

このタイプはモテているにもかかわらず、眼中にない男性を相手にしないことから、モテないと思い込んでいるのかもしれません。

もう1つの無謀な恋愛に関しては、既婚者男性を好きになったり、アイドルを本気で好きになる、アニメキャラを本気で好きになる等の理由です。

こちらも叶うには相当なリスクがありますし、モテないのも納得の理由となります。

 

愛想や愛嬌がない

声をかけられやすい特徴があるとお伝えしましたが、愛想や愛嬌がない人は声をかけにくく、近寄りがたいオーラを出していることから、勘違いされやすいです。

例えば、ふてぶてしいと思われたり、怒っていると心配されたり、一緒にいてもつまらない、会話してもつまらないなど、良くない印象を持たれやすいことが特徴的です。

昔から、「女は愛嬌」とか「愛想がないとクレームの対象になりやすい」と言われているように、愛想や愛嬌1つで一気にモテる女へと変わり、人生の幸せを掴むことができた女性は、世の中にたくさんいます。

特に無意識のうちに真顔になりやすい人は、何を考えているか分からないと思われたり、近寄りがたいオーラを発しているために、口角を上げて明るい顔を目指す必要があります。

また、「そんなことはない!」と思っているあなたも、一度「愛想悪い女が損する10の共通点」をチェックしてみることで、本当に愛想があるのかどうかを知ることができるので、確かめてみるのもいいでしょう。

 

アピールが下手である

自分の長所や可愛い部分をアピールするのが下手な人は、仲良くなるまでに時間がかかったり、初対面の人が苦手である、男慣れしていないなどの特徴が見られ、自己開示が下手という共通点があります。

自己開示とは、「自分自身の情報をありのままに話すこと」であり、最近の楽しかったことや出身校を話すなど、何気ない会話は全て自己開示であります。

自己開示を積極的に行える人は、初対面でも自分という人間を伝えることで、相手にも同じく自分という人間を伝えてもらうことができるため、距離感を縮めることが早かったり、好感を持ってもらえる確率が高くなります。

あなたの周りのモテる女を思い出してみると、男性に対してたくさん話ができる女性であったり、積極的にプライベートな情報をたくさん伝えている女性ではないでしょうか。

無口な人ほどモテなかったり、口数が少ない人ほど仲良くなれないのは、自己開示の量が大きな鍵を握っています。

 

性格や普段の行動に難あり

自己中心的な性格がモテないのは言わずとも理解できることですが、男に媚を売らない可愛げのない性格であったり、無神経で失言をたくさん口にする、下ネタ大好きで相手に引かれてしまうなど、性格が原因で女として見られていないことも考えられます。

他にも、普段から陰口や悪口が多かったり、愚痴や批判的なことをよく口にするなど、普段の行動から悪いイメージがついてしまい、近寄りたくない人として認識されている可能性もあります。

一番厄介なのは、重い女であったり、褒められても素直に受け入れない女など、こうした女を男は最も嫌います。

自己中心的な性格などは、付き合うまで本性を隠しておけばなんとかなるものの、重い女や素直に受け入れない女は、付き合う前から何かと兆候が出てしまい、避けられてしまいやすいです。

こちらも一度、心を開ける友人に聞いてみると手っ取り早く、愚痴や批判的なことを口にするくらいであれば、意識すれば数を減らすことは簡単です。

 

結論/性的想像を膨らますとかなりモテる

いかがだったでしょうか。

最後に、知って損にはならない情報をお伝えしておきますが、そこそこ美人/可愛い女性はテクニック1つでかなりモテる女性となりやすく、これは人の弱さと男の本能を利用したテクニックを使いやすいことにあります。

記事中でもお伝えしたように、人は誰でも拒否されることを恐れるため、そこそこ美人/可愛い女性は比較的拒否されにくいと判断されやすく、男が声をかけやすい女性が多いのです。

それに加えて、男は子孫を残すためには出すことが重要だという本能があるため、性的想像を膨らまされることは、本能が黙っちゃいられない状態へと気持ちが高ぶります。

その結果、声をかけやすくい女性が性的想像を膨らませた言動を見せることは、男を虜にできる女の条件に当てはまるのです。

男をもて遊ぶほどモテたり、チヤホヤされる女性は、実はこうしたテクニックを使うことができる女性であり、常に追われる立場で恋愛を有利に運ぶことができるなどのメリットがあります。

性的想像を膨らませるためには、「初めて、一緒に」などの言葉を使うことや、「また会いたい」などの期待を膨らます言葉が有効ですので、一度試しに男性にこうした言葉を使ってみることで、相手の反応がどう変わるのかを試してみるといいでしょう。

また、次のページで紹介する「愛嬌のある顔立ちとは?4つの重点を抑えよう!」もセットで読んでみましょう。

愛嬌がない女性は、基本的にモテないことは言うまでもない事実なのです。

関連記事

  1. セクシーな女になるための条件10選
  2. 芋くさい顔の特徴と共通点7選
  3. ドジな女性ほどモテる5の心理的理由
  4. 愛嬌のある顔立ちとは?4つの重点を抑えよう!
  5. 自分を知る方法は心理学を使った10の方法で分かる!
  6. 子供っぽい性格の特徴や病気9選~結局男性の方が多いの?
  7. ガテン系女子の魅力や苦労10選
  8. 男に貢がせるテクニックがある女がとる方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP