モテる

中途半端なイケメンの特徴|ありがちな性格や悩みについて

「うーん…中途半端だね」なんて言われると、イラっとしてしまいそうなものですが、中途半端なイケメンと呼ばれる人には、羨ましすぎる共通点が見られ、中途半端だからこその魅力が存在します。

この1ページでは、中途半端なイケメンの魅力から悩み、そしてありがちな悪い部分についてまで、全てを暴露していきます。

“なぜ中途半端は危険と言われるのか?”という理由さえも、これを読むことで理解できることでしょう。

中途半端なイケメンの特徴


とにかくモテる

中途半端なイケメンはとにかく女性からモテる特徴があり、中途半端だからこそ女性も近づきやすかったり、付き合えそうであると思えることが、中途半端ならではのメリットです。

昔からよく、本当のイケメンはあまりモテないと言われがちですが、本当のイケメンには近寄りがたいオーラがあったり、自分なんて相手にされないと諦めてしまうことから、多くの人が中途半端なイケメンを選択することになります。

これは男性目線で考えると分かりやすく、すごく可愛い女性よりも、中途半端な女性の方が声をかけやすかったり、リラックスできることと同じです。

人は誰しも、イケメンや美人が好きであることは間違いのない事実ですから、中途半端でもイケメンである男性は、女性の恋愛対象内として思われやすく、とにかくモテる時期が存在します。

 

雰囲気がイケメン

雰囲気だけがイケメンである人は、第一印象ではお洒落で魅力的に見える人であるため、こちらも中途半端なイケメンの特徴となります。

雰囲気イケメンの多くは、しっかりと顔を見るとそこまでイケメンでもありませんが、雰囲気でカバーすることが中途半端止まりの評価となり、寝起きやパジャマ姿の評価は、不細工である人もしばし見られます。

こちらの共通点としては、清潔感がある、どこか影を感じさせる、声でより雰囲気が作られるなどの特徴も見られ、自分を魅力的に見せる方法を熟知している人こそが、雰囲気イケメンになれる人です。

故に、このタイプは自分の欠点もしっかり把握していて、見せ方が非常に上手なタイプと言えるでしょう。

 

髪型次第で大きく変わる

髪型がビシッと決まっていれば、雰囲気も出てイケメンと言われることも多い一方で、丸坊主にすれば微妙な顔になるなど、髪型1つで評価が大きく変わってしまうのも、中途半端なイケメンに見られる特徴です。

よく西洋人でも、本当のイケメンは丸坊主でも凄く魅力的だと答える人が多くいるように、日本人でも本当のイケメンは丸坊主でもイケメンなはずです。

故に、中途半端なイケメンほど髪型を気にする必要が出てくることから、何かと鏡で確認することが多くなったり、きちんとセットすることが多くなるため、こうした労力を必要とする部分は、中途半端ならではの苦労とも言えそうです。

 

ナルシストが多い

中途半端なイケメンほどナルシストが多いのは、やはり中途半端だからこそ、ナルシストと呼ばれるような仕草が必要となることにあり、本当のイケメンは気取る必要がなくても、周りから高く評価されるので、ナルシストになる必要もありません。

上記でも述べたように、中途半端なイケメンほど髪型を毎回セットしていたり、鏡で自分の髪型を確認することが多いことは、ナルシストであるとの誤解を招いたり、またはそう思われる原因そのものとなりかねないので、人前ではあまりこうした姿を見せるべきではありません。

他にも、このタイプほどSNSで自撮り画像を載せる割合が高かったり、決めポーズで写真を撮るなど、何かと自分が大好きである仕草が見られやすいことも特徴的です。

逆を考えると、普通の男性がナルシストを徹底できるからこそ、中途半端でもイケメンの分類に入れたのかもしれません。

 

長身だからイケメン

ある程度顔のバランスが良ければ、高身長というだけで女性にとってはイケメンに見える人もいて、こちらはどちらかと言えば、女性が思う中途半端なイケメンの特徴になるでしょう。

特に高身長好きな女性からすれば、どストライクでイケメンに見える人もいれば、それ以外の女性からは普通の男性であるとの評価に分かれるため、極端な評価に分かれやすいことも特徴的です。

他にも、スーツ姿では魅力的に見えるけれども、私服姿では微妙に見えてしまうことも、どこか中途半端であると評価される原因です。

故に、このタイプは女ウケしやすい男性であると考えられ、スーツ姿で仕事をこなす一面を見せることによって、大きく評価が上がることも。

 

垢抜けた人

中途半端なイケメンの中には、学生時代には全くモテなかったけれども、社会を通じて垢抜けすることで魅力的になった人もいて、こちらのタイプは急に周りがちやほやするため、天狗になってしまいやすい傾向が見られます。

例えば、恋愛を経験することで垢抜けた人は、女性に慣れることでどんどんと自信を持ち、地味だった服装が派手になっていくなど、一年の間に驚くほどの変貌を遂げます。

また、急にイケメンと呼ばれる回数も増えてしまうことで、「自分はイケメンなんだ」と勘違いしてしまうこともあるのが、垢抜けた中途半端なイケメンにありがちな思い込みです。

このタイプは、女性に慣れることで女遊びが急に激しくなる一面も見られることから、知らぬ間にチャラ男や遊び人と呼ばれ、自らそう思われてしまう見た目に走ってしまう人も多いです。

彫りが浅い

彫りが深い人がある程度顔が整っていれば、イケメンと評価されやすい理由は、日本人が西洋人に憧れを抱いていることが大きな原因で、彫りが深ければ中途半端にイケメンとは思われません。

一方で、彫りが浅くてある程度顔が整っている人は、中途半端なイケメンだと評価されやすく、そもそも彫りが浅い人は華やかな印象を与えにくいので、第一印象が高くなりにくい傾向にあります。

彫りが深い人を見ると、なぜか派手で華やかな印象が残るものですが、こうした第一印象が弱い彫りが浅い人は、中途半端止まりとなることが多いのです。

このタイプがイケメンと呼ばれるためには、やはり雰囲気を作っていく必要があり、第一印象でパッと魅力的に見える雰囲気を作れるかどうかが、自分の評価を変える大きなカギとなります。

 

性格面での特徴


調子に乗りがち

中途半端なイケメンは、周りから高い評価を得ることが多かったり、異性からモテることによって、ついつい調子に乗ってしまいがちです。

特に男は、美人や可愛い子を隣につけることで自分の評価を上げようと試みたり、相手よりも自分が優れていることを証明したい性質を持つので、モテることを見せびらかすことで優越感に浸り、調子に乗った言動が非常に見られやすいです。

また、男は勝ち負けにこだわることを重視し、上下関係をきちんとしたい気持ちが強いので、自分が上であることを証明することは、相手を見下したような態度を取りやすいとも考えられます。

こうした条件に当てはまりやすい中途半端なイケメンだけに、同性からは嫌われてしまったり、調子乗りであると評価されることも。

 

自信過剰である

特徴にてナルシストが多いと述べましたが、自意識過剰で必要以上に自信を持ちがちな中途半端なイケメンは、周りからイケメンだと言われ続けることで、「自分は本当にイケメンである」と勘違いしがちであり、若気の至りとして痛い言動が見られることもしばしば。

例えば、中途半端であると評価する人からすれば、「いかにも自分はイケメンである」という態度を目の当たりにすることで、「えっ…なにこの勘違い男…」と失望されることにもなりかねません。

自分に自信を持つことは素晴らしいことですが、天狗状態となり自分が見えないようになると、ただの痛い男であると思われてしまうことを、中途半端なイケメンは覚えておく必要があります。

 

コミュ力が高い

コミュニケーション能力が高く、異性と話すことが得意であったり、周りを楽しませることが得意であるのは、中途半端なイケメンの魅力であるとも言え、過去の様々な恋愛を経験してきたことが、コミュニケーション能力を高くします。

このタイプは、相手の話を聞くことが上手であったり、鉄板ネタや話題を持っているなど、とにかく相手を気持ちよくさせることが上手で、相手に強い関心を持っていることが多いです。

また、コミュニケーション能力が高い人は、誰とでも仲良くなれることも魅力の1つであるため、中途半端なイケメンほど社交的であったり、様々な年齢層との付き合いをしている人も多いと考えられます。

 

モテることへの意欲が高い

男は競争心が激しく上下関係をつけたがると述べましたが、モテるからこそ中途半端なイケメンは意欲が高くなりがちで、どうしてもモテる同士でライバル心を抱いたり、自分よりも上の存在を蹴落とそうとする心理傾向が見られやすいです。

人は誰でも、「ここだけは自信がある」と思う部分は意欲が強くなるもので、負けたくないという気持ちはモチベーションへと繋がります。

その結果、ライバル視している存在と「どちらが多くの女性を落とせるか?」を競い合ったり、「どちらがターゲットとなる異性を落とせるのか?」を競い合うこともあり、どんどんとモテることへの意欲は高まっていきます。

悩み面での特徴


陰口の対象となりやすい

中途半端だからこそモテることが仇となることもあって、圧倒的なイケメンではない事実に対して、モテる現状を認めることができない人は、「羨ましい」と思い込むことで嫉妬心が生まれます。

すると、陰口を言うことで自分の方が凄いことをアピールしようとしたり、相手の粗探しをすることで評価を落とそうとするなど、嫉妬から陰口の対象となりやすいのが、中途半端なイケメンが抱く悩みです。

中途半端なイケメンがモテることに対して劣等感を感じると、やがて嫉妬が怒りの感情へと変わり、いじめや仲間はずれの対象となってしまうこともあるので、ある程度権力を持っていなければ、グループから孤立することも考えられます。

 

よく見るとかっこよくない

第一印象や雰囲気で誤魔化す必要がある中途半端さは、よく見るとかっこよくないと言われることが多くなり、最初のうちは「かっこいいね」と絶賛されていたはずが、時が経つにつれて「よく見ると普通だよね」なんて言われることも。

こうした評価の変化に対して悩みを持つ人もいて、「勝手に評価しといて、後からブサイクと言われるのは納得できない!」と腹を立てることは、中途半端なイケメンあるあると言えるでしょう。

また、よく見るとかっこよくないからこそ、手を抜くと普通の顔と評価されてしまいかねないことが、中途半端なイケメンを苦しめることになります。

 

遊び人であると思われる

遊び人であると思われるのも当然のことで、モテる人は恋人を次から次へと変える選択ができるので、飽きたと言う理由で新しい恋人に変えることもできれば、体目当てで近づくことが成功しやすいのも特徴的です。

だからこそ、実際に中途半端なイケメンほど遊び人が多いと言われるわけですが、全てが遊び人であるわけではないため、結果的に真面目な中途半端な人ほど、風評被害を受ける形となってしまいます。

また、付き合うと浮気一つしない真面目な男に変わる人もいるので、こうした人にとっても過去が仇で、風評被害を受けることもよくあることです。

 

イケメンに嫉妬しがち

中途半端なイケメンが本当のイケメンに嫉妬してしまうのは、周りにちやほやされることで勘違いしてしまったり、自分よりも魅力的な相手と自分を比べてしまうことにあり、自分が今あるものを見れない人は、ないものばかりを見てしまいます。

特に向上心が強い性格の人は、イケメンに勝つためには自分がモテることを証明すれば良いと考えたり、イケメンと張り合うことで自分の価値を高めようと思うことで、何かと相手側に迷惑をかけてしまうことも。

また、イケメンに彼女を取られたなどの過去から、本当のイケメンは全て悪であるとの極端な捉え方をすることで、気にくわない存在と存在として全てのイケメンを拒絶し、自分よりもブサイクな人を横につけたがる人もいます。

 

イケメンであることは重要


結局男性は、中途半端であってもイケメンであると評価されることが重要で、化粧で誤魔化すことができない男性にとっては、雰囲気であってもイケメンと評価されることで、様々なメリットを生みます。

異性からモテることを筆頭に、良いことをすれば褒められることが多かったり、ナルシストであっても許される、ブサイクを見下して優越感に浸ることができるのも、イケメンであると評価されることの特権です。

何かと嫉妬や陰口の対象となりやすいタイプですが、はっきりと言えば、周りに嫉妬されようが誰にも迷惑をかけていないのであればそれで良しであり、堂々としてれば良いのです。

もちろん、略奪愛やモテる自慢をするなどの行為をすれば、嫌われるのも仕方ないことですが、嫉妬の対象や勘違いしやすいタイプであるだけに、きちんと自分という人間を自覚することが必要であると言えるでしょう。

関連記事:【男は誰とでもキスできる】ことを証明する6の事実とは?

関連記事

  1. 無駄にイケメンと言われる人の特徴20選
  2. 雰囲気がかわいい女性の特徴|あなたは勘違いしてない?
  3. あげまん女性の特徴+顔などの部位まとめ
  4. 二重イケメンとブスの違いとは?
  5. ゆるい人の特徴や魅力7選
  6. ガテン系女子の魅力や苦労10選
  7. 残念なイケメンランキングトップ10【女の本音暴露します】
  8. 猫系男子の10大特徴(あるある)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP