モテる

中の上顔、中の中顔、中の下顔の違いや特徴とは?

よく世間では、「中の上顔くらいが一番モテる!」なんて言われがちですが、「そもそも中の上ってどれくらいのレベルなの?」と疑問に抱いたり、「自分がどのレベルの顔なのか?」を、はっきりと分析できてる人は数少ないと断言できます。

その理由については後に触れるとして、この記事では顔レベルを10段階に分けることで、「あなたが周りから評価されるレベルがどれに当てはまるのか?」を思い出すだけで、一瞬であなたの顔レベルが分かる記事となっています。

さらに3つのレベルの特徴にも細かく触れていくことで、自分がどのレベルに該当するのかが、より明確になることは間違いありません。

誰でも簡単に判断できる顔レベルを知ることで、あなたの本当に姿を知ることに繋がる大切な情報となるはずです。

中の上、中の中、中の下の違いとは?

まずは違いをはっきりさせるために、評価段階を10段階に細かく分け、あなたが普段どう評価されることが多いのか?を思い出してみましょう。

  1. 論外
  2. ブス
  3. 微妙
  4. なんか違う
  5. 普通
  6. そこそこ可愛いorイケメン
  7. 普通に可愛いorイケメン
  8. 結構可愛いorイケメン
  9. かなり可愛いorイケメン
  10. 超可愛いorイケメン

これは多くの人が評価する際に、ついうっかり使ってしまいがちな言葉となり、「結構可愛い」なんて言われる人は容姿が整っていて、羨ましいと思われることも多いはずです。

この10段階評価を中の下顔〜中の上顔までに当てはめるとすると、以下の4つに絞ることが可能です。

  • 中の下顔の評価(なんか違う〜普通)
  • 中の中顔の評価(普通〜そこそこ)
  • 中の上顔の評価(そこそこ〜結構)

ここからはっきりと分かる、中の下顔〜中の上顔の特徴は、最悪の評価でも「なんか違う」と評価される人であり、最高の評価でも「結構可愛いorイケメン」と評価される人となり、こうした評価をされがちな人の特徴や共通点を分岐することで、より明確な特徴を導き出すことができるはずです。

次の項目では、その細かな特徴について述べていくことにしましょう。

それぞれの特徴を細かく分析

中の下顔と評価される人の特徴

中の下顔と評価される人をズバリ一言で表すと、普通の顔よりも少し劣ってる部分が見られる人のことになります。

普通の顔よりも少し劣っていると評価される人は、以下のような人が当てはまりやすいと言えるでしょう。

普通の顔なのに真顔や笑わないことが原因で口角が落ちてしまい、中の下顔と評価された。

普通の顔なのに、肌がそこそこ汚いことが原因で、高い評価はもらえない。

全体的なバランスは悪くないのに、鼻が大いor目が離れているなど。

上記の例を見ても分かるように、中の下顔と中の中顔との最も分かりやすい違いは、「決してブサイクではないのだけれども、一部どこかが劣っている」容姿の人こそが、中の下であると評価されやすい人です。

その他にも、「少し目が細い、少し鼻が大きい、少し寄り目である」など、少しがいくつか組み合わさった結果、中の下顔であると評価されることも当然ありえます。

「なんか違うんだよな〜」と評価されるを参考にすると分かりやすく、中の下顔であると評価される人は「どこか高い評価はしづらい部分がある」と、遠回しに評価されているようなものですから、まさに中の中より一つ劣る中の下顔の評価に値するレベルと言えるでしょう。

このレベルの顔の人は、決してブサイクではありませんし、人から評価される際には相手も失礼のないように、何かと言葉を選んぶ必要も出てくるため、はっきりとは評価しづらい顔となりがちです。

 

下の上顔との差はどこにある?

中の中顔との差は、上記で述べているためカットしておきますが、下の上顔とのはっきりとした違いは、顔のバランスやそもそものパーツの違いが大きな差となりやすく、10段階評価を参考にするとより違いが分かりやすいです。

下の上顔の評価は「微妙〜なんか違う」に当たるわけですが、そもそも微妙と評価されることは、「顔のバランスが微妙である」とか「顔のパーツが微妙である」と評価されている意味合いが大きいです。

更に言えば、そもそも下であると評価されることは、「ブサイクの分類である」と評価されているようなものですから、普通よりも少し劣っていると評価されている、中の下顔とは少し壁があると考えるのが妥当です。

つまり決定的な違いは、「ブサイクの分類」に当てはまる人か、「普通の分類」に当てはまる人かどうかと表現すると、より伝わりやすく、「ブサイクではない」と評価される人こそが、中の下顔に多いとの結論になります。

中の中顔と評価される人の特徴

中の中顔とは、日本人の平均的な顔こそが中の中顔に当てはまり、「可もなく不可もなく」と評価されやすいのがこのレベルの特徴となります。

こちらも以下にいくつかの具体例をまとめておきましょう。

特に目立った魅力がなく、欠点も少ない顔である。

鼻が高いわけでもなく、目が大きいわけでもない。

ブサイクと評価されることもなく、イケメンと評価されることもなく、普通と評価するにもっとも値するレベル。

中の中顔は、そもそものパーツは悪くはない人が多く、自分の長所きちんと生かすことができれば、中の上顔であると評価されることも可能であり、どれだけ自分の長所を生かすことができるのか?によって、評価が大きく分かれる顔です。

理由としては、普通の意味が、「どこにでもあるような、ありふれたものであること。」なことからも、どこか一つ自分の長所を見つけ、それを磨き上げることで、普通という評価から、そこそこや結構にランクアップすることが可能というわけです。

中の中顔レベルまでくると、恋愛テクニック1つで多くの人の心を掴むことが可能となりやすく、多くの人が見てもブサイクに見えないために、付き合っても恥ずかしい思いはしない等の理由から、付き合える許容範囲に入りやすいのです。

まさに可もなく不可もなくに当てはまり、イケメンやブサイクと評価されるには違和感のあるレベルとなります。

 

中の上顔との差はどこにある?

中の上顔との差は、平均的かそれより上かの違いにあり、中の上と評価される人は結構イケメンとか、そこそこイケメンと評価されることも多くなることから、決して可もなく不可もなくには当てはまりません。

中の中顔が「ありふれた魅力の顔」であるとすれば、中の上顔は「一部が抜けた魅力な顔」となり、多くの人が「◯◯な部分が魅力的だ」と評価できるのが、中の上顔と中の中顔の大きな差となります。

例えば、二重で少し目が大きいとか、鼻が高くて高身長であるなど、中の中顔からこうしたプラス要素が加わることによって、そこそこレベルの高い魅力的な人だと評価されることになります。

きちんと顔を見れば、それほど大きな差がないとも思われがちですが、中の上顔レベルは長所がはっきりと分かりやすいことからも、その長所を生かした自分磨きをしやすいのも、中の中顔との違いとなりやすいです。

中の上顔と評価される人の特徴

中の上顔ともなれば、昔から異性にちやほやされたり、告白される回数も多くなり、近づきやすい美人/イケメンとして多くの人からのアプローチが期待できます。

なぜなら、私(僕でもいけるかも…)と思われやすいレベルとなり、美しすぎたりかっこよすぎないことは、浮気などの心配をすることも減るからです。

そんな中の上顔の具体例を以下にまとめておきます。

二重、鼻が高い、肌が綺麗、目が大きい、小顔など、美人やイケメンの条件がいくつか当てはまる。

まだ垢抜けしておらず、恋愛経験や都会に出ることで一気に魅力的になる可能性を秘めるレベル。

癖のある顔と評価されることもあり、一部からは絶大な人気を誇る人。

中の上顔は、あと一つの工夫で「普通に可愛い/イケメン」と評価されるくらいに、元の素材が良くて、バランスが整っていることも特徴に挙げることができます。

また、癖のある顔が中の上顔にランクインする理由は、ブサイクな人はただブサイクと評価されますし、普通の人は中の下顔と評価されてしまうことから、癖があって魅力的だと評価されるためには、そこそこ以上の魅力が備わっていなければなりません。

中の中顔や中の下顔の人達が、少しの高嶺の花を望んで「自分でも付き合えるかもしれない…」と思われることから、上顔レベル、中顔レベル共に見た目で狙われやすい、何とも羨ましい傾向が見られます。

 

上の下顔との差はどこにある?

上の下顔との差は、やはり上に入れるか中止まりと評価されるかの違いにあり、上に入れる人はモデルとしてスカウトされたり、芸能事務所にスカウトされるなど、スカウトされたことを暴露しても、周りが納得してしまうような魅力がある人こそが、上ランクに入れる人の特徴となります。

一方で中の上レベルの人は、「モデルはちょっと厳しいんじゃ…」とか、「見た目は良いけど、そこまで高い評価じゃ…」と思われたり、可愛い子ぶったりイケメンぶるそぶりを見えせることは、痛い人であると評価されることも。

美人やイケメンは立つだけで絵になると言いますが、まさに上の下ともなればそう評価されることも多くなり、ニコニコ愛想を振りまくだけで、多くの異性から好意を抱かれやすい魅力が備わっています。

こちらも同じく非常にモテやすく、高嶺の花を望む人にとっては狙い目で、美人すぎずイケメンすぎないことを理由に、「この人なら拒否されないかもしれない」と判断されることから、自分に自信を持ってる人が寄ってきやすいのが、上の下顔レベルとなります。

 

【要注意】あなたが注意すべき評価点の罠!

他人目線で評価すべきです!

あなたの周りにも、「自分は上の下くらいかな?」とか、「自分は中の上くらいかな?」などと自分を過大評価し、周りが思う評価よりも高い評価をつける人がいるかと思います。

そもそも人は誰しも、「自分のことを過大評価する傾向にある」ことから、口では中の中レベルと言っておきながらも、心の中では「中の上レベルくらいだろう」と少し高い評価をすることがほとんどです。

良い例が、同じくらいのレベル同士であるにもかかわらず、「自分はあいつよりかは上だ」と思い込んだり、「あいつには流石に勝ってる」と大きく差をつけてしまうことにあり、「周りが思う評価こそが、あなたが本当に当てはまる評価」であることを忘れないでください。

本当の自分の評価を知りたいのであれば、あなた自身がつける自分の評価を信じるのではなく、周りが思うあなたの評価を信じてみることから初めてみましょう。

当然厳しい評価となることも多くなりますが、それを受け入れることができれば、あなたは自分の欠点をしっかりと把握し、そこを改善することができるメリットが生まれます。

デブが周りに言われてやっと「自分は太っていたんだ…」という事実に気づき、そこから驚くほど痩せる人がいるように、自分磨きをするにあたっては、まずは自分自身の評価を知らなくてはなりません。

 

【結論】中の上顔から〇〇イケメンに入りやすい

いかがだったでしょうか。

中の下や中の中レベルの人は、普通と評価されることも多くなりますが、中の上レベルからは「雰囲気イケメン」とか「色気のある美人」などと、◯◯イケメンや◯◯美人と評価される人が多くなってきます。

そもそも本当に容姿が整っている人の場合、◯◯とつける必要が全くなく、ただのイケメンやただの美人であるため、そのまま評価されることは当然と言えば当然です。

つまり中の上レベルの人は、〇〇という特典をつけることで、イケメンや美人と評価されるレベルにある人が多くなると言えるでしょう。

この1ページでは顔のレベルについて触れてきましたが、世の中上には上がたくさんいて、魅力的な人は世界中にたくさんいますが、他人と比べることなく自分の長所をしっかりと伸ばすことができれば、顔のレベル関係なしに、どんどんと自分の魅力を伸ばしていくことにも繋がるため、他人と比べることなく自分の魅力を伸ばしていくことができると、あなた自身の魅力が高まっていくので、あまり他人と比べすぎてはいけないことを覚えておいてください。

また、次のページで紹介する「そこそこイケメンは褒め言葉?特徴と本当の意味」や、「そこそこ美人/そこそこ可愛い人の特徴と本当の意味」もセットで読んでみましょう。

この記事にたどり着いた人は、こうした表現で評価された経験がある人も多いのではないでしょうか。

関連記事

  1. 一重でも可愛い人の共通点
  2. ヤマンバギャルの現在と写真9選
  3. 面長美人とブスの違い
  4. 愛嬌のある顔立ちとは?4つの重点を抑えよう!
  5. さげまんの10大特徴と見分け方
  6. 雰囲気美人になる方法|芸能人を参考に!
  7. ユーモアのある人の特徴~話術を磨く超簡単な方法15選!
  8. 普通の顔の特徴とは?男女で細かな違いを検証!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP