モテる

ヤンキー顔の特徴とは?近づく方法と魅力8選

「うわぁ。いかつい顔だなぁ。」なんて思われやすいヤンキー顔と呼ばれる人は、基本的に男性が憧れを抱きやすい顔であり、世の中にはヤンキーに憧れを抱く人や、悪そうな顔に憧れを抱く人はたくさんいます。

この1ページでは、ヤンキー顔と呼ばれる人の特徴が全て分かり、どういう工夫をこなせばよりヤンキー顔に近づけるのか?の答えが、明確にはっきりと分かることを最初に伝えておきます。

どれだけ可愛い顔であっても、ポイントさえ押さえれば誰でも簡単に近づける事実を、あなたはこれから知ることになります。

【まず知ってほしい!】ヤンキー顔は憧れの的!

なぜヤンキー顔は需要が高いのか?

ヤンキー顔に憧れを抱く人が多かったり、魅力的だと思われやすい理由はいたって簡単で、思春期ともなれば多くの人が悪に憧れを抱くようになり、これは特に男性ほど力や権力に憧れを抱きやすいからです。

学校では実質ヤンキーと呼ばれる人々が、目立つことでクラス中の注目の的となり、これは力や権力があることを示しているわけで、こうした憧れの的となる存在に憧れる心理こそが、ヤンキー顔が需要が高い理由です。

また、目立ちたい気持ちが強い人ほどヤンキー顔に憧れやすく、周りから常に注目の的であったヤンキーに近づきたい気持ちから、憧れを抱かれやすくなることも覚えておきましょう。

こうした人は、「自分が将来どういう大人になればいいのか?」に悩んでいて、自分がこれから社会で活躍できるのだろうか?というプレッシャーや、親が抱く大きな期待という名のプレッシャーに押しつぶされ、道を外れた方が楽なことを知った結果、悪の道を選ぶことを選択しがちです。

もう1つの理由は、ヤンキー顔がモテやすい事実であり、世の中にはいかつい顔やヤンキー顔がたまらなく好きだという人がいて、性格関係なしにモテてしまうのが、素晴らしい魅力の1つです。

思春期時代にヤンキーが美人やイケメンと付き合うことが多かったことからも、ヤンキー顔に近づけば自分もモテると思える心理も、注目の的となる理由として挙げることができます。

故に、次にあげる特徴と近づく方法を読むことで、あなたはこれら全ての魅力を手に入れるチャンスを掴むことができるでしょう。

 

ヤンキー顔の特徴とは?

眉毛がキリッと細い

ヤンキー顔と呼ばれる人は必ず眉毛がキリッとしていて、ヤンキー眉と呼ばれる形が基本形です。

ヤンキー眉とは、芸能人で言えば市原隼人さんや今市隆二などが代表的で、彼らはキリッとした眉に整えることで、よりキリッとした印象を与え、だらしないイメージとはかけ離れた雰囲気作りをしています。


出典:EXILE TRIBE mobile

女性の場合であれば、三原じゅん子さんが典型的ヤンキー眉の特徴となります。


出典:Seesaa Wiki(ウィキ)

ここで勘違いして欲しくないことは、当サイトで紹介しているヤンキー眉の特徴とは、世間一般的にかっこいいとか、魅力的だと憧れる眉であるため、ほんの一部が憧れるようなDQN顔の特徴を述べていないことです。

少し話がそれましたが、基本的にヤンキー眉とは右上に曲線を描き、そこから急な角度で右下に落ちるのが特徴的で、こうした眉はきついイメージやインパクトのある顔を作り出します。

人によっては気難しいイメージを与えかねないので、あまりにも角度をつけすぎることは、ダサいヤンキーのように思われてしまうことを頭に入れておきましょう。

一番簡単な方法は、あなたの憧れる芸能人の眉を真似してしまえば、大きなミスを回避することにも繋がります。

 

☑注意点:ただ眉が細く薄いだけの人は…

注意点としては、ただ眉が細くて薄いだけの人はDQNだと思われてしまうことにあり、はっきりと言っておきますが、これは世間一般的にダサいと評価されやすい眉です。

世の中にはこうした顔を目指す人もいますが、これはあくまでその人が思う小さな世界での評価が高いだけであり、視野を広げるとただダサい人であるとの評価になりやすいことを知っておいてください。

眉毛が細すぎて薄い人は、周りよりも違う自分をアピールできて、存在感を示せるという気持ちに浸りがちですが、これは勘違いであり、ダサい意味で一人浮いてしまっているのが、DQN眉であると断言しておきます。

多くの人からモテたり一目置かれる存在になりたいのであれば、多くの人が憧れるようなヤンキー顔を目指してください。

眼光がが鋭い

ヤンキ顔は眼光が鋭く、視線が合うだけでも圧力を感じたり、圧倒されるほどの眼光の強さがあり、こうした眼光が強い人はヤンキー顔の中でも、特に憧れを抱かれたりモテやすい人に見られる特徴です。


出典:Naverまとめ

街中でも眼光が鋭い人を目撃すると、「あっ、この人は絶対気が強い人だ」と思ってしまうように、眼光が鋭い人は普通にしている時にでも、相手にとっては威圧感を感じさせ、どこか怖い人であると思われやすいです。

特徴としては、上記で述べたヤンキー眉が似合う人や、強面だと思われてしまう人であり、比較的目が大きい人ほど眼光が鋭くなりやすく、目が笑っていないように見えてしまうことが、眼光が鋭く見える原因と考えられます。

芸能人であれば、的場浩司さん(上記の画像)や、宇梶剛士さんが典型的な眼光が鋭いと言われる人であり、「昔はヤンチャしていたんだろうなぁ。」と一目で分かってしまうほど、眼光で相手をビビらせてしまうことがポイントです。

 

☑注意点:目つきが悪いとは意味が違う

眼光が鋭い人と目つきが悪い人は、相手に与えるイメージが全く違い、目つきが悪い人は「根暗そう」とか「威張っている」と思われるだけで、相手に威圧感を与えたり、怖がらせることができません。

簡単に言い換えると、「弱そうな奴が頑張ってるだけだ」と思われやすいことにあり、人は誰でも自分の見せ方を失敗してしまえば、見下されて笑われてしまうものです。

目が悪い人ほど無意識中に目つきが悪くなってしまいますが、これは相手にとって良いイメージを与えにくく、むしろ睨まれたと嫌悪感を抱いてしまう原因となるので、コンタクトやメガネで目つきを変えることを心がけるべきです。

また、自分を恐く見せようと目つきを悪く見せようとする人がいますが、これはヤンキー顔というよりかは、不自然に目を細めているだけの人だと思われることに繋がりかねないので、無意味なことだと覚えておきましょう。

 

おでこを出す髪型が似合う

ヤンキー顔と呼ばれる有名人に共通することは、おでこを出す髪型にしている割合が非常に高く、またそうした髪型がとても似合うことです。

上記で紹介した方々も同じくおでこを出していますし、男らしさや女らしさを強調できる髪型できっちりとセットしています。

上記の画像は元KAT-TUNの田中聖さんであり、彼もイケてるヤンキー顔として多くの人から支持を得ていた一人ですが、過去にも丸坊主などのおでこを出す髪型を徹底しており、ヤンキー顔はそうした髪型が似合う特徴があるとも言えそうです。


出典:Naverまとめ

女性であっても、眼光が鋭くヤンキー眉になるメイクをすることで、前髪をあげると凄くキリッとした感じのヤンキー顔が出来上がり、普段では華奢で凄く可愛らしい桐谷美玲さんでさえ、これほどの威圧感を放つほどです。

きちんと髪型をセットすることで、よりカッコいいイメージを相手に与えることができるため、きちんと髪型をセットしておくことも、憧れのヤンキー顔と呼ばれる人に近づける、簡単な方法の1つとなります。

 

☑注意点:おでこを見えることが重要

なぜおでこを見せることが重要なのか?を心理学の視点で考えると、おでこを見せることによって、以下のような効果が得れるからであると言えます。

1.明るい印象を相手に与える。
2.清潔感が増す。
3.独創力、想像力が増える。

これは普段恐くて近寄りがたいヤンキー顔の人だからこそ、是非取り入れるべき効果であり、恐くて威圧感のある人だと思われやすいヤンキー顔の人は、こうした明るい印象を相手に与えることができなければ、ただの怖い人で終わってしまうことがあるからです。

近寄りがたい人なんてモテない人ですし、怖いイメージだけが残る人が、人気者になれるとは到底思えません。

恐くて近寄りがたいイメージを作るからこそ、おでこでバランスを整えることが重要であり、芸能人で活躍する強面なヤンキー顔な人たちが、ただ怖いだけのイメージを与えないのも、おでこを出すことで明るいイメージや清潔感を出していることが、イメージアップの秘訣であることは間違いありません。

程よいチャラさが似合う

ヤンキー顔と呼ばれる人は、程よいチャラさが似合い、またはそうしたチャラさを取り入れた雰囲気作りを徹底することで、どこかワイルドであったり、派手なイメージを与えやすいです。

チャラさとは、だらしない格好とは全くの別物で、カッコいい大人が見せるチャラさとは、少しヤンチャさを感じさせることができる雰囲気であったり、またはセクシーだと思わせる色気が必要ということです。

こちらも凄くモテるヤンキー顔に共通する魅力で、相手にカッコいいとかセクシーだと思わせるためには、程よいチャラさも必要です。


出典:EXILE TRIBE mobile

上記の画像は三代目J Soul Brothersの登坂広臣さんですが、彼はただチャラいだけではなく、色気があってセクシーさを醸し出しているからこそ、女性が嫌いなただチャラい男とは別人物だと思われます。

色気を身につける方法は非常に難しく、日々の自分磨きが必要ともなりますが、とにかく注意点を守り自分磨きをしていくことで、非常にかっこいいヤンキー顔へと近づけることでしょう。

 

☑注意点:下品とチャラさは違う

下品とチャラさは全く違い、チャラチャラした髪型や服装、または言葉遣いをするだけでは、ただのDQNであると思われてしまうだけです。

下品なことは全くカッコよくありませんし、むしろダサいイメージを与え、色気を身につけることなど到底不可能であると伝えておきます。

自分をガラの悪い人だと思わせるためにも、道端に唾を吐いたりタバコを口にする人がいますが、これらはただ下品でかっこいい行動では決してないので、ここの区別をはっきりとしておきましょう。

下品なことをして目立つことは、チャラさとは別物で、痛い人だと評価されがちです。

 

ヒゲが似合う(男性限定)

ヤンキー顔とは強さを感じさせる雰囲気が必要なので、ヒゲが似合うことも特徴であり、これは男性でなければ身に付けることができない方法となっています。

日本人はヒゲが似合わない人が非常に多く、女性からのウケも悪いことは有名な話ですが、こうしたヒゲを魅力に変えることができることは、強そうで強面な人でないと難しいことは言うまでもない事実です。

もちろんプロの手にかかれば、どんな人でもある程度似合うヒゲを作ることができるのでしょうが、素人一人の力では難しいのです。


出典:映画.com

上記の画像はDA PUMPのISSAさんでありますが、彼は昔からヒゲが似合うヤンキー顔として評価が高く、ヒゲをきちんと魅力に変えれる有名人の一人です。

また、ヒゲと髪型を一直線に合体させる髪型をすることも、ワイルドさが出てヤンキー顔にぐっと近づくことができるでしょう。

 

☑注意点:清潔感を意識して!

ヒゲを生やす際には必ず清潔感を意識して、似合わなければヒゲを生やす選択肢は捨ててください。

ヒゲが似合うためには容姿も重要ですし、髪型もそれに合わせて作らなければならないために、ただヒゲを生やせばいいという容易な考えはNGです。

さらに日々綺麗にヒゲを手入れしているからこそ、清潔感が保てるわけですから、こうしたことが面倒に感じる場合は、比較的似合わない日本人が無理にヒゲを生やす必要もありません。

 

ヤンキー顔に近づくために意識すること

見せたい自分のイメージを強く持つ

魅了的なヤンキー顔へと近づきたいのであれば、まずは見せたい自分のイメージを強く持ち、見た目から入ることが重要です。

そのためにも目標となる人物を明確にし、その人物の真似から始めてみるといいでしょう。

人は誰でも「相手が期待する自分を演出するようになる」心理が働き、例えばギャルがギャル語を使ってしまうのは、自分が相手にギャルであることを期待されていると感じ、その期待を証明しようとしているからです。

他にも、遊び人と呼ばれる人ほどチャラい言葉をたくさん使うようになったり、上品な見た目をする人ほど綺麗な言葉遣いを心がけるのも、こうした心理傾向が働くことが原因です。

だからこそ、まずはあなたが目標とする人物をはっきりとさせることが、魅力的なヤンキー顔に近づける最も有効な方法となります。

焦る必要はないので、広い視野を持って個性的な自分を作っていきましょう。

 

DQNとの違いを知り、区別すること

何度も述べていますが、DQNとヤンキー顔は別物であると考えてください。

よく大手掲示板のまとめサイトなどで晒し者とされるのは、多くの大人が「だらしない」とか「ダサい」と感じるDQNであり、小さな世界のみで高く評価される人です。

そうではなく、目指すのであれば魅力的でかっこいいヤンキー顔を目指すべきで、周りから高い評価を得ることは様々な部分でメリットをもたらします。

就職活動にしても、仕事内容にしても、第一印象にしても、見た目が高く評価される人ほど得しやすいことが分かっており、これはあなた自身に全て返ってくる魅力の特権です。

つまりあなたが憧れるべき人物は、地元のヤンキーではなく芸能界で活躍するヤンキー顔の人であると表現すると、より分かりやすいでしょうか。

視野が狭いままでは、小さな世界でしか評価されない人にしかなれません。

 

【結論】ダメなヤンキー顔との違いとは?

いかがだったでしょうか。

最後に、「ヤンキーみたい」と評価されたことに対して、「これは喜んでいいことなの?」「悪いことなの?」という疑問を抱く人や、ダメなヤンキー顔として評価されてるのに、それを違う方向で捉えてしまう人がいます。

こうした人は「ダメなヤンキー」として評価されていることが多いわけですが、ヤンキー顔といっても、魅力的であると評価されないヤンキー顔の特徴を以下にまとめておきましょう。

  1. 愛想がない
  2. 笑顔がなくて真顔が多い
  3. 目が悪いor目つきが悪い
  4. 眉毛が薄すぎる
  5. いつも眉が寄っている

上記のような特徴が見られる人は、「怖い顔が多い」とか「真顔で近づきがたい雰囲気だ」と思われていて、決して良い意味ではありません。

女は愛嬌と昔から言われるように、愛嬌がないことが近づくなオーラを作り出し、勘違いされやすい雰囲気を作ってしまうために、デメリットも多い個性と言えそうです。

また、こうした人は「話しかけにくいオーラや雰囲気がある人の特徴15選」を読むことで、悪い意味でのヤンキー顔と言われる原因をきちんと理解することができます。

良い意味でのヤンキー顔と、悪い意味でのヤンキー顔と評価される人の違いともなるため、是非知っておきたい1ページとなります。

関連記事

  1. 雰囲気がかわいい女性の特徴|あなたは勘違いしてない?
  2. なぜオタクはきもいと言われるのか?
  3. イケメンオタクVS全てが普通男子!モテるのはどっち?
  4. そこそこ美人/そこそこ可愛い人の特徴と本当の意味
  5. しゃくれ美女の特徴
  6. せっかちな人の特徴と心理
  7. 痛い美魔女の特徴
  8. 一重まぶたでもイケメンと言われる人の条件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP