モテる

ゆるい人の特徴や魅力7選

あなたに質問ですが、「ゆるく生きているつもりの人と、ゆるい人の違いは?」と質問されると、あなたはどのように違いを答えるでしょうか?

実はこの2つのタイプには明確な違いがあり、これはゆるい人の特徴や魅力を知ることで、きっちりと見分けることが可能となります。

この1ページでは、ゆるい人の良い部分も悪い部分も含めて、覚えておきたい7つの項目をまとめています。

スポンサードリンク

雰囲気が柔らかい

雰囲気が柔らかい人とは、ほんのりとしていて癒されると捉えることもできる反面、ぼーっとしている、何を考えているのか分からない、という見方をされることも多々あります。

おっとりしている感じと伝えると分かりやでしょうか。

雰囲気が柔らかいとか、おっとりした人の特徴としては、「優しそうである」とか、「温厚そう」というイメージを持たれることが多く、道を尋ねる際に声をかけやすいのは、まさにゆるい人であると言えます。

 

動作や会話もゆっくり

ゆるい人は動作や会話もゆっくりであるのは、せっかちな人をイメージすると分かりやすく、せっかちな人は動作や会話も早く、とにかく無駄が嫌いです。

一方でゆるい人は、動作や会話もゆっくりであるに加えて、自分の間やタイミングを大事にしているため、マイペースであるほどゆるい人には当てはまるやすいと言えます。

また、動作や会話がゆっくりな人ほど、相手の話をきちんと最後まで聞くことが多いという特徴が見られ、しっかりと自分の意見をまとめて伝えることが多いのも、共通点となります。

 

内面的な性格である

動作や会話がゆっくりな人に関しては、世界中の学者が様々な持論を述べており、ゆっくりな人ほど内面的で、せっかちな人ほど外面的であると結論付ける学者が非常に多いです。

これはエネルギーやキャパなどの使い方や処理の仕方の違いが原因であり、ゆるい人の場合は内面的に当てはまります。

ちなみに内面的な性格の人は、自分のことをよく知っているため、自分を責めてしまうことが多くなり、自分に自信を失うきっかけともなりがちです。

スポンサードリンク

めんどくさがりである

ゆるい人は実はめんどくさがりであり、めんどくさいからこそ深く考えずに、生きていればどうにかなるという考え方で、日々をゆったりと過ごしているのかもしれません。

このタイプは、深く考えない人と捉えることもでき、テキパキとした人のことがあまり得意でなかったり、バカ真面目な人も同じく得意でなかったりすることが多いです。

めんどくさいから動かない=ゆるい人と思われてしまうと言い換えれば、少しはイメージしやすくなるでしょう。

 

仕事もプライベートもゆるい

仕事をテキパキとこなし、プライベートではゆるい感じで生きている人もいるかと思いますが、仕事をテキパキとこなす完璧主義者がいたとして、その人がプライベートではゆるく生きているとあなたは感じるでしょうか?

テレビなどの紹介でも、やはり仕事をテキパキとこなす人は計画性があったりするため、プライベートでもきちんと計画を立てて時間通りに動いたりする人が多く、せっかちな人の特徴でもあります。

芸能人で例えると、嵐の櫻井翔さんなどが有名であり、こうした習慣が身につくとプライベートのみをオフモードにすることは、なかなか難しいことなのです。

 

ゆったりと構えてる人

ゆったりと構えているということは、雰囲気がゆったりとしているとも言い換えることができそうですが、こうした人は何事にも焦りを見せないため、ポーカーフェイスであると思われることも多いです。

ゆったりと構える余裕ができるためには、事前の心の準備や過去の努力がものを言うことは間違いありませんが、こうした能力を見せないゆるい人は、周りから魅力的であると評価されやすく、憧れを抱かれたりすることも珍しくありません。

また、顔の表情次第でクールな人なのか、ゆるい人であるのかに分かれると考えられ、いつも表情を崩さない人はクールであると評価され、ニコニコと笑顔を見せる人の場合、ゆるい人であると評価されることに繋がりやすいです。

 

必死感を隠してる可能性も

無理にゆったりと構えている自分を見せている人も、ゆるい人の特徴に当てはまりますが、こちらは長続きしないゆるい人であると最初に伝えておきます。

例を挙げるとすれば、「ゆるく趣味を楽しんだり、ゆったりと今を生きています」と自分で発言する人の中には、「人生に必死感を見せない自分がかっこいい」という思い込みから自分に酔い、キャラを演じる人もいます。

こうしたキャラを演じることを、印象操作と心理学の世界では言いますが、付き合いが長くなるにつれて本性が出てしまうことは、付き合い始めの恋人と1年後の恋人の違いを思い浮かべると分かりやすいです。

 

誰しも自分のリズムがある

いかがだったでしょうか。

人は誰しも自分のリズムを持っていて、このリズムを崩されることが何よりも嫌で、やる気をなくしてしまう原因ともなりがちです。

相性があるといいますが、まさにゆるい人とせっかちな人は相性が悪く、どちらも自分のリズムを崩されてしまいかねないため、一緒にいることに疲れてしまうのです。

自分にとって、ゆるいリズムで日々を過ごすことが快適なのであれば、それを無理に変える必要もないですし、その生き方こそあなたが望む生き方なのかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP